井上尚弥スッキリKO締め宣言  | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

井上尚弥スッキリKO締め宣言 10月に長男誕生、パパ初星贈る!

1枚拡大

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(30日、横浜文化体育館)

 ダブル世界戦の前日計量が29日、都内で行われ、出場4選手とも1回でクリアした。WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24)は52・1キロ、挑戦者ヨワン・ボワイヨ(29)は51・5キロ。井上尚は7度目で同級最後となる防衛戦をKO勝利で飾ると誓った。

 水分補給した井上尚は「毎回毎回、この瞬間はホッとします」と息をついた。「今回が(同級)最後と決めているので、ここでつまずくわけにはいかない。ラストだから踏ん張れたというのもある」と、厳しい減量の日々を振り返った。

 同級での7試合は常に減量苦があった。それでもビッグマッチ実現を目標に同級で踏みとどまってきたが、来年2月に予定していたIBF同級王者ヘルウィン・アンカハス(フィリピン)との統一戦が消滅。同級に残る理由はなくなった。

 「正直、やり残した感はあるし、ガッカリした気持ちもある。(試合を)やりたいと思う選手とやれなかったのが一番。でも、来年はバンタム級でできる楽しみもあるし、いろんな気持ちがあります」と複雑な思いを吐露した。

 10月に第1子の長男が誕生したばかりだが、試合に備え1日から家族を夫人の実家に帰していた。「今夜帰ってくるので、会って心もリラックスしたいですね」と父親の顔を見せた。父の真吾トレーナーも「おやじとして思うところはあるはず」と、新たな力を期待している。

 「区切りの試合。いい試合をしてKOで終わらせたい」。パパとして迎える初の試合、そして同級最後となるV7戦を有終の美で飾ることを約束した。

統一戦やりたくても相手が逃げちゃうんじゃしょうがないですよね。

豪快なKOで締めくくってもらいましょう。

田口良一、ツーショット撮影で肩抱かれ「挑発されるよりはいい」

1枚拡大

 「ボクシング・WBA・IBF世界ライトフライ級王座統一戦」(31日、大田区総合体育館)

 トリプル世界戦の予備検診が29日、都内で行われ、出場6選手ともに異常なしと診断された。

 ツーショット撮影で、王者・田口がメリンドからいきなり肩を抱かれてのけぞった。「ちょっとびっくりしました。」と話しつつ、親しげな振る舞いに「挑発されるよりはいい」と受け止めた。身長で9・9センチ、リーチで5センチも上回ったが「踏み込みが速いのでリーチ差はそれ以上になくなってくる」と、統一戦に向け気を引き締めた。

 

メリンドてかってるな~

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。