石田、世界初挑戦で判定負け | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

石田、世界初挑戦で判定負け「また一から頑張るしかない」

1枚拡大

 「ボクシング・WBAスーパーフライ級タイトルマッチ」(28日、カーディフ)

 同級1位で挑戦者の石田匠(25)=井岡=は王者カリド・ヤファイ(28)=英国=に0-3で判定負け。王座奪取はならなかった。

 所属ジムの井岡一法会長によると、相手にダメージを与える場面もあったが、頭を低く入ってくる相手の攻撃や、クリンチ、ホールドの多用でリズムをつかめなかった。

 世界ランク1位で挑んだ敵地での試合。初挑戦で悲願の世界ベルトを手にできなかった石田は「また一から頑張るしかない」と気持ちを切り替えた。井岡会長も「雰囲気に飲まれることはなかった。この経験を生かして次につなげてほしい」と語っていた。

118-110, 116-112 and 116-112.

8ポイント差と4ポイント差2人ですか?敗れはしましたが、敵地でこのポイント差是非日本でやって今度は世界取って欲しいですが、松本選手と対戦して欲しいな個人的には。お疲れ様でした。石田選手

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス