挑戦者2人が公開練習 | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

拳四朗、漫画対決だ 挑戦者ゲバラがらんま1/2TシャツでV宣言

 「ボクシング・WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ」(22日、両国国技館)

 王者・拳四朗(25)=BMB=に挑戦するペドロ・ゲバラ(28)=メキシコ=は16日、漫画でアニメ化された「らんま1/2」のTシャツ姿で練習を公開。かわいいキャラクターにそぐわない強烈な闘争心をアピールした。

 ゲバラの練習着は高橋留美子の漫画でアニメ化された「らんま1/2」のイラスト入りのものだった。「子供のころテレビで見てファンになった。ドラゴンボールも好き」と、意外な素顔も披露。相手の『拳四朗』が、アニメ「北斗の拳」から命名されたと聞くと「それは知らない」と素っ気なかった。

 14年に八重樫東(大橋)からWBC世界ライトフライ級王座を獲得し、15年に木村悠(帝拳)に判定で敗れて王座から陥落した。「再びきたチャンスを逃さず、必ず王者になる」と返り咲きを狙う。拳四朗については「スピードがある。(5月の)ロペス戦は見た。私の目には引き分けに見えた」と、らんま1/2の話題で見せた笑顔は完全に消していた。

 敵地での挑戦を十分意識し「ジャッジを納得させるような試合をする。攻撃的にならないといけない。判定でもKOでも明確な勝ち方をする」と力を込めた。ララメス・エルナンデス・トレーナーは「戦術は2つ。試合が始まってから、どちらにするかを考える」と不気味に予告した。

 

らんまですか?ゲバラ何回も日本に来ていますが初めて知りましたね

私はパンダのおやじが好きですね。どのキャラが好きかきいてみよっ。

具志堅笑劇場 比嘉の挑戦者・マソンへフランスパンの差し入れ

 「ボクシング・WBC世界フライ級タイトルマッチ」(22日、両国国技館)

 王者・比嘉大吾(22)が所属する白井・具志堅スポーツジムの具志堅用高会長(62)が16日、都内で、挑戦者のトマ・マソン(27)=フランス=の公開練習を視察し「敵に塩」ならぬ「フランスパン」を贈る仰天パフォーマンスをした。

 報道陣の最前列に陣取った具志堅会長は、会見終了間際に「私、比嘉大吾のマネジャーです」とあいさつした。マソンから「分かっています。お顔は知っていました」と返されると、日本の気温と体重調整などについて質問。簡単な受け答えが終わると、バッグから紙包みを取り出した。

 「これ、フランスのものよりおいしいフランスパンを持ってきました。ぜひ、食べてください」

 差し出したのはビニール袋に包まれたバケット。マソンはびっくりしながら「ありがとう」と会釈した。隣にいた陣営のジノ・ルノン・カットマンから「チーズは?ワインもないのですか?」と、強烈なカウンターを返されて一瞬ひるんだが「調印式の時には必ず用意しますよ」と約束した。

 用意したパンは、東京・麻布十番に本店がある「モンタボー」の東京杉並店で購入したもの。「おいしいんだ。本場のは硬いでしょ。これ、硬くないから」と、具志堅会長お気に入りのパンだった。

 肝心の視察では、前評判ほど長身ではないことに注目。「そんなに大きくないね。うちの(江藤)光喜と同じくらい」。帯同した野木丈司トレーナーも「ジャブで刺し勝ってアピールできるのでは」と期待した。

 過去、日本人ボクサーはフランス人を相手に、前回の村田諒太まで5戦5敗。「ディフェンスが得意」というマソンだが、具志堅会長は「大吾が初めてフランス人に勝つという記録もつくるんじゃないかな。楽しみだね」と、笑顔で視察を切り上げた。

 

そうなんです。何回かいいましたが、フランスに勝ってないんですよね。サッカーも日本そんなに勝てませんが、豪快なKOで対フランス初勝利を。

しかしここ最近寒いですね。各選手コンディション気を付けてくれぐれも

計量失敗とかやめて欲しいですね。試合の興味が半減しますから。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。