WBA世界ライト級タイトルマッチ リナレスvsキャンベル 今夜WOWOWでみよっと | ボクシング・メタボリック

ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて37年。世界戦国内現地観戦280試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

リナレスV2 ロンドン五輪金メダリストからダウン奪い判定勝ち

1枚拡大

 「ボクシング・WBA世界ライト級タイトルマッチ」(23日、イングルウッド)

 WBA世界ライト級タイトルマッチが23日(日本時間24日)、米国カリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで開催され、王者のホルヘ・リナレス(32)=帝拳、ベネズエラ=が2-1の判定で、同級1位のルーク・キャンベル(29)=英国=を下し、2度目の防衛に成功した。

 リナレスが迎えた指名挑戦者のキャンベルは2012年ロンドン五輪バンタム級の金メダリスト。WBCダイヤモンド王座、リングマガジン認定王座も懸けられた試合となった。

 長身サウスポーのキャンベルが距離を確保するのに対し、オーソドックススタイルのリナレスは鋭い踏み込みからワンツーを狙う。2回には前に出ながら右、左とボディー連打であおってからの右ストレートで先制ダウンを奪う。キャンベルは右目下から流血した。

 一方的な展開で決着がつくかと思われたが、キャンベルがここから盛り返す。5回以降は距離をつかんだようにヒット数も増えてくる。後半戦はプレッシャーをかけるリナレス、距離をキープするキャンベルの図式でペース争いが続いた。

 終了ゴング後、笑顔で健闘をたたえ合った両者はともに勝利をアピール。スコアは115-113で1人が挑戦者、2人が114-113、115-112でリナレスを支持した。

 リナレスはリング上で「厳しい相手でした。KOを狙ったが、うまくいかなかったので10回以降戦い方を変えた。マイキー・ガルシアが140ポンドで戦うというのなら僕もやる」とコメント。WBC世界ライト級王者のマイキー・ガルシア(米国)がスーパーライト級に上げるのならば、自身もクラスを上げて対戦することを熱望した。一方、敗れたキャンベルは「序盤につまづいた。でも自分は負けていないと思う」と判定に異議を唱えた。

 リナレスの通算戦績は46戦43勝(27KO)3敗。キャンベルは19戦17勝(14KO)2敗。

 

まだWOWOWみてませんが、採点はきわどいですね。まあ何にしろ勝ったんでガルシアとの対戦も可能性は残りましたね。

しくじり先生に亀田親子が出てまして最後の方だけまみしたが、

ポンサクとの試合僅差判定負けっていってませんでした?

私は大差判定負けの印象でしたが。ここの部分しか見てないので

番組全体の印象はわかりませんが・・・

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。