ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて36年。世界戦国内現地観戦260試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

井上尚、IBF王者と年末統一戦へ「大橋会長が猛烈に交渉している最中」

2017年9月22日6時0分  スポーツ報知

  • 神奈川県庁を表敬訪問した井上尚弥(左)は、弟の拓真と黒岩県知事(中)に、帽子とTシャツを贈った
 

 プロボクシングWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(24)=大橋=が21日、神奈川県庁を表敬訪問し、2団体統一戦を目指す次戦が年末になることを明かした。他団体王者ではIBFのジェルウィン・アンカハス(25)=フィリピン=だけが年内の試合が未確定。11月にV3戦(指名試合)の動きがあるアンカハスに対し、尚弥は「大橋会長が猛烈に交渉している最中」と、現状を説明した。

 アンカハスとの交渉が決裂した場合は、世界ランカーとの通常のV7戦になるが、減量苦を理由に年末がスーパーフライ級でのラストマッチになる可能性も示唆。10月からスパーリングを再開するモンスターは「来春頃には3団体の王者(のスケジュール)も空くと思うので、そこで(対戦交渉をして2団体統一戦を)やるか(1つ上の)バンタム級(での3階級制覇を目指す)か。バンタム級に行くなら、あとは(年末の次戦での)自分の体重次第」と語った。

 既定路線のバンタム級転向後は狙うタイトルに「WBCがいい」と明言。辰吉丈一郎氏、長谷川穂積氏、前王者・山中慎介(34)=帝拳=ら歴代王者の名を挙げ「名王者の仲間入りしたい。強いチャンピオンになってまた米国に行きたい」。山中戦でドーピング疑惑の渦中にいる新王者ルイス・ネリ(22)=メキシコ=の名も挙げ「やってみたい」と語った。(小河原 俊哉)

 
大橋会長頼みます。ただできるならシーサケットがいいですが。
県知事帽子にあわね~。そのうち首相が井上を表敬訪問する日が来るだろう。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。