ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて35年。世界戦国内現地観戦230試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

衝撃米デビューの井上尚弥、帰国 次戦は統一戦を希望

 

 WBO世界スーパーフライ級で初の米国での防衛戦に臨み、見事に6度目の防衛に成功した王者の井上尚弥(24)=大橋=が11日、成田空港に帰国した。

 同級7位の挑戦者ニエベスを問題にせず、6回終了で相手の戦意を喪失させ、TKO勝ちの完勝。“モンスター”と異名を、本場米国でもしっかりととどろかせた。「無事チャンピオンとして帰ってこれてホッとしてます。雰囲気とか歓声がすごく気持ちよかった。一方的な試合で自分が理想としていた結果にはならなかったけど、次にはつながったと思う。より米国でやりたい気持ちは強くなった」と、充実感を漂わせた。

 注目を集めるのは次戦。ターゲットとしていた元4階級王者のローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が同日のWBC王座戦で衝撃の4回TKO負けで王座奪取に失敗。

 「五分五分かなという思いもあったけど、ああいう負け方をするとは思ってなかった。ショッキング」。

 これを受けて、井上は階級を上げる可能性も取りざたされるが、井上自身は「スーパーフライにやり残したことがあるし、この階級でしっかりと形を残したい。統一戦ですね。会長にはお願いするつもりです」と、キッパリ。

 ゴンサレスを撃破したWBC王者のシーサケット(タイ)、IBF王者のアンカハス(フィリピン)の名を挙げ「早い段階でビッグマッチができるなら待ちたい。すべてはタイミング」と、見据えた。

 

一部新聞は次戦は国内年末とありましたが、統一戦でもしシーサケットならまたアメリカ行っちゃうかもしれないですね。

ロマゴン倒したシーサケットなら話題性は十分ですからね。でもファンとしては日本で見たい。テレビはHBOで海外配信で。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。