ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて36年。世界戦国内現地観戦260試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

京口紘人「ベルトの価値を高めることが使命」初防衛一夜明け

2018年1月1日17時11分  スポーツ報知

  • 一夜明け会見で笑顔を見せる田口良一(左)と京口紘人
 

 プロボクシングのIBF世界ミニマム級王者・京口紘人(24)=ワタナベ=が初防衛から一夜明けた1日、所属ジムで会見を行った。同級3位カルロス・ブイトラゴ(26)=ニカラグア=に8回TKO勝ち。元世界4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)のような最強ボクサーを目指すことを誓った。

 会見に同席した渡辺均会長(67)からは「ロマゴンのような選手になってほしい。何連勝無敗とか。そういう選手になってほしい」と背中を押された。ロマゴンは17年3月まで46戦全勝(38KO)を誇った絶対王者。京口は「スタイル、サイズも含めて、そうやって比喩されるようになれたら。まずはミニマムで敵なしになりたい。(2018年は)このベルトの価値を高めることが使命」と意欲を見せた。

 

ライトフライ級統一王者・田口良一に400件の祝福LINE、次の目標は「10度防衛」

2018年1月1日16時59分  スポーツ報知

  • 一夜明け会見で、WBAとIBFのチャンピオンベルトを肩にかけ笑顔を見せる田口良一
 

 プロボクシングでWBA・IBF世界ライトフライ級統一王者となった田口良一(31)=ワタナベ=が1日、都内の所属ジムで一夜明け会見を行った。

 田口はIBF王者ミラン・メリンド(29)=フィリピン=に3―0で判定勝利し、WBA王座7度目の防衛を果たすとともにIBF王座も統一。日本人3人目の複数団体統一王者となった。快挙に反響も大きい様子で「LINEだけでも400件以上来ていると思う。ゆっくり返していきたい。統一王者ということでいつもと違うのかな」と話した。

 陣営の渡辺均会長(67)によると、次戦はIBFから対戦を指令されているヘッキー・ブドラー(南アフリカ)と、WBAのベルトも懸けて防衛戦を行うことが有力。2団体統一王者として防衛戦に臨めば日本人選手初の偉業となる。同会長は「できれば両方持ち続けたいが、場合によっては返上したい。13度防衛にも挑戦させたい」。田口と同じ階級の具志堅用高が持つ連続防衛日本記録にも挑戦させたい意向を示した。

 田口自身は「防衛回数への思いは大きくなってきた。次は10度防衛を目指していきたい」と抱負。2団体統一王者となっただけに、さらにタイトルをまとめることが期待されるが「それができたらいいが、まず次をクリアしてから。2本のベルトをずっと防衛し続けるのは難しい。ブドラーとやって防衛したらIBFは返上してもいいのかな、とも思う」と冷静に足元も見つめていた。ただ「評価が上がるような試合をしたい。格下のような選手とはやりたくない。どっちが勝つか分からない試合をしていきたい」と、これからも強敵と戦うことを歓迎していた。

庶民派ボクサー”木村翔、初防衛から一夜明け「とりあえず引っ越しをしたい」

2018年1月1日17時11分  スポーツ報知

  • 一夜明け会見で、チャンピオンベルトとトロフィーを手に笑顔を見せる木村翔
 

 プロボクシングのWBO世界フライ級王者・木村翔(29)=青木=が初防衛から一夜明けた1日、所属ジムで会見を行った。同級1位・五十嵐俊幸(33)=帝拳=に9回TKO勝ち。家賃5万円で5畳1Kの部屋に住む自称「庶民派ボクサー」は、オフにやりたいことを聞かれ「とりあえず引っ越しをしたいので、物件探しをしたい」と明かした。希望物件は「夜景がきれいなところに住みたい。世界チャンピオンですからね。そこからの眺めはいいのかな」と夢の高層マンションに目を輝かせた。

 昨年7月に2008、12年五輪2連覇した中国の英雄・鄒市明(ゾウ・シミン)から王座を奪取。中国では「世界拳王」などと知名度が急上昇したが、国内では有名とは言えなかった。しかし、大みそかの激闘を終えると「今日、(ジムに)来る途中にタクシー、電車でも『木村選手ですよね?』と声をかけられた」と知名度アップを実感。試合で右目の上をカットし、5針を縫っていたため「さすがに傷があったら気づくんだな」と苦笑いした。

 興奮で午前7時まで眠れなかったが、LINEやSNSで「感動しました!」などとメッセージをもらい、感慨に浸った。次戦は鄒市明との再戦が有力視される。「まだまだハングリーにいきたい。これからテレビとかにも出て、『木村翔』をアピールしたい。熱い試合をしていけたら」と貪欲に語った。

 

3王者の一夜明け会見ですが、31日の試合は面白かった順に木村・田口・京口でしたね。木村選手の試合は素人受けしそうですし、逆に田口選手は渋かった。京口選手は決めてくれって感じで決着までに少々ストレスが溜った。

TBSになった事でW世界戦放送時間の関係で平日でも宿泊の心配が出てきた。本当に終わるの遅すぎ。初めての大晦日でテレ東が終了が遅すぎた事でかなり客からのご意見が多く翌年から早めに始め終わらせるようにしたとか(本当かウソかは知らないが聞いた話)今回も21時半までには終わって欲しかった。都内のファンでも遅いって言ってましたからね。ただTBSならテレビ放送あるし翌月再放送もあるからその点は良いですが。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

亀田興毅氏が現役復帰を宣言、インターネットテレビで明言

2018年1月1日23時3分  スポーツ報知

  •  
 

 プロボクシング元世界3階級王者の亀田興毅氏(31)が1日、インターネットテレビ局「AbemaTV新春ボクシング祭り!亀田一家人生を賭けた3大勝負」で、現役復帰することを明かした。

 興毅氏は、この日一般人を相手に1000万円を争った弟・大毅氏(28)の試合や、「亀田一家の1日」を振り返り、「みんなすごい戦いをしてくれて、自分も色々思うところがあって、最後やり残したこと、やらなければならない試合があるんじゃないか」と語り、続けて「どういう形になるか分からないが、できるのであればもう1回リングに上がろうと。現役復帰しようと思う」と宣言した。

 「これ以上先は、こうご期待で。最高の1日になりました。これからもさらなる盛り上がりをみせると思うので、ボクシングをよろしくお願いします」とあいさつを締めた。

 興毅氏は03年にプロボクサーとなり、元WBA世界ライトフライ級、元WBC世界フライ級、元WBA世界バンタム級の3階級を制した。15年10月に河野公平に敗れ現役引退した。

 
 

現役の時からレナードみたいに引退しても復帰するんじゃないかと予想してたので驚きませんが、バンタムで減量キツイといってSフライで世界戦。どの階級でやるんでしょうかね?

 

井岡一翔が引退発表、今後については明かさず

2018年1月1日6時0分  スポーツ報知

  •  
  • 会見する井岡一翔
 

 世界3階級制覇の前WBA世界フライ級王者・井岡一翔(28)=井岡=が12月31日、横浜市内で会見し、30日付で日本ボクシングコミッション(JBC)に引退届を提出したことを発表した。TBS系で一部生中継された会見。上下黒のスーツ姿で、17年4月の同王座5度目防衛時以来、8か月ぶりに公の場に現れると「目標の3階級制覇をかなえ、引退を決意しました」と語った。アマ時代から師事した父でトレーナーの一法・井岡ジム会長(50)に向けては「感謝している」と述べた。

 元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高(62)と並ぶ日本人最多タイ世界戦14勝を誇る井岡が、28歳で引退表明。今後のリング復帰の可能性は「ゼロではない」と含みをもたせたが、本場・米国進出などについては「今は海外に環境を移そうとか考えていない」とした。今後の人生に関しては「さらなる目標があるが、今は言えない。しかるべき時が来たら言いたい」と明かさなかった。

 井岡は17年5月、交際していた歌手・谷村奈南(30)と結婚し、拠点を大阪から東京に移した。その後、大阪の所属ジムに戻って本格的なトレーニングを行うことはなかったが「今までずっと一緒に戦ってきたので、今になって守る者ができたというのではない」と結婚が引退に影響していることを否定。「存在自体が支えだった。今までずっと妻には相談していた。ボクシングに関しては『自分のために悔いはないように』と言ってくれた」と明かした。

 井岡陣営は17年9月にV6戦を予定していたが、井岡の調整が間に合わずキャンセルした。恒例だった大みそか興行にも間に合わず、興行を中止せざるを得なくなった同11月、同王座返上を発表。井岡自身による進退表明が注目されていた。

 

もったいないな。でもいずれ戻ってきそうな気がする。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。