ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて35年。世界戦国内現地観戦230試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

井上尚弥、米デビュー戦の計量一発パス「初回からフルで行きます」

2017年9月9日7時49分  スポーツ報知

  • 計量後にポーズを取る井上尚弥
 

 ◆プロボクシング ▽WBO世界スーパーフライ級(52・1キロ以下)タイトルマッチ12回戦 井上尚弥―アントニオ・ニエベス(9日、米カリフォルニア州カーソン、スタブハブ・センター)

 米国デビュー戦を控えるWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24)=大橋=が8日(日本時間9日)、試合会場となる米カリフォルニア州カーソン市内の「スタブハブ・センター」での計量に臨みリミットの52・1キロ、挑戦者の同級7位アントニオ・ニエベス(30)=米国=は500グラム下回る51・6キロで一発パスした。屋外で一般公開され、井上が計量台に乗る際には「イノウエコール」が巻き起こった。

 6度目の防衛戦となる井上は「計量が終わって水分を入れたら沸々と闘志が湧いてきた」と徐々に本番モードになってきている様子。米国初進出となる一戦に向け「ボクシング人生の分岐点だと思っている。初回からフルで行きます」と立ち上がりからエンジン全開で行くと宣言した。

 メインのリングに上がる元世界4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(30)=ニカラグア、帝拳=は52・0キロ、対戦相手のWBC世界スーパーフライ級王者シーサケット・ソールンビサイ(30)=タイ=は52・1キロで一発パスした。またWBC世界同級挑戦者決定戦に出場する同級2位カルロス・クアドラス(29)=メキシコ、帝拳=は51・9キロ、相手の同級3位ファン・フランシスコ・エストラダ(27)=メキシコ=は52・0キロだった。

 

いよいよ明日ですね。ホントに初回から行ったらナルバレス戦のように

なりそうな。然し格下相手にもたついてたら、評価下げてしまいますからね。左フックで早々に終わらせてもらいましょう。

 

パランポン、田中戦へ練習公開「僕の方が経験は上」

2017年9月9日7時0分  スポーツ報知

  •  
  • 田中恒成との世界戦に挑むパランポン・CPフレッシュマート
 

 ◆プロボクシング ダブル世界戦 ▽IBF世界スーパーバンタム級(55・3キロ以下)タイトルマッチ12回戦 小国以載―岩佐亮佑 ▽WBO世界ライトフライ級(48・9キロ以下)タイトルマッチ12回戦 田中恒成―パランポン・CPフレッシュマート(9月13日、エディオンアリーナ大阪)

 13日に2度目の防衛戦(エディオンアリーナ大阪)に臨むWBO世界ライトフライ級王者・田中恒成(22)=畑中=の対戦相手、同級13位のパランポン・CPフレッシュマート(32)=タイ=が8日、大阪市内の井岡ジムで練習を公開した。名古屋市から偵察で足を運んだ畑中ジムの畑中清詞会長(50)は「試合が始まればスピード差は歴然とする。触らせないで倒しきる」と余裕を見せた。

 24勝(10KO)7敗で14連勝中のパランポンは「僕の方が経験は上。絶対にベルトを持って帰る」。公開練習ではシャドーなど軽めに動いて手の内を見せず、本格的な練習をするため在日タイ人運営のジムへ移動。畑中会長が「どこでやるの?」と聞いても、相手陣営は答えずに姿を消した。

 

CPフレッシュマートってスーパーの店名みたいなリングネームですが、

この一戦は田中選手の全国顔見せですからね。勝敗よりも、いつ倒すの?どうやって倒す。そっちの方が重要ですからね。経験が多かろうと関係ないでしょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。