ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて36年。世界戦国内現地観戦260試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

井上尚弥スッキリKO締め宣言 10月に長男誕生、パパ初星贈る!

1枚拡大

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(30日、横浜文化体育館)

 ダブル世界戦の前日計量が29日、都内で行われ、出場4選手とも1回でクリアした。WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24)は52・1キロ、挑戦者ヨワン・ボワイヨ(29)は51・5キロ。井上尚は7度目で同級最後となる防衛戦をKO勝利で飾ると誓った。

 水分補給した井上尚は「毎回毎回、この瞬間はホッとします」と息をついた。「今回が(同級)最後と決めているので、ここでつまずくわけにはいかない。ラストだから踏ん張れたというのもある」と、厳しい減量の日々を振り返った。

 同級での7試合は常に減量苦があった。それでもビッグマッチ実現を目標に同級で踏みとどまってきたが、来年2月に予定していたIBF同級王者ヘルウィン・アンカハス(フィリピン)との統一戦が消滅。同級に残る理由はなくなった。

 「正直、やり残した感はあるし、ガッカリした気持ちもある。(試合を)やりたいと思う選手とやれなかったのが一番。でも、来年はバンタム級でできる楽しみもあるし、いろんな気持ちがあります」と複雑な思いを吐露した。

 10月に第1子の長男が誕生したばかりだが、試合に備え1日から家族を夫人の実家に帰していた。「今夜帰ってくるので、会って心もリラックスしたいですね」と父親の顔を見せた。父の真吾トレーナーも「おやじとして思うところはあるはず」と、新たな力を期待している。

 「区切りの試合。いい試合をしてKOで終わらせたい」。パパとして迎える初の試合、そして同級最後となるV7戦を有終の美で飾ることを約束した。

統一戦やりたくても相手が逃げちゃうんじゃしょうがないですよね。

豪快なKOで締めくくってもらいましょう。

田口良一、ツーショット撮影で肩抱かれ「挑発されるよりはいい」

1枚拡大

 「ボクシング・WBA・IBF世界ライトフライ級王座統一戦」(31日、大田区総合体育館)

 トリプル世界戦の予備検診が29日、都内で行われ、出場6選手ともに異常なしと診断された。

 ツーショット撮影で、王者・田口がメリンドからいきなり肩を抱かれてのけぞった。「ちょっとびっくりしました。」と話しつつ、親しげな振る舞いに「挑発されるよりはいい」と受け止めた。身長で9・9センチ、リーチで5センチも上回ったが「踏み込みが速いのでリーチ差はそれ以上になくなってくる」と、統一戦に向け気を引き締めた。

 

メリンドてかってるな~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

井上尚、V7飾って来年バンタム級「もっと大きな試合をしたい」

2017年12月29日6時30分  スポーツ報知

  • 入念にグラブチェックをする井上尚弥
 

 ◆プロボクシング ダブル世界戦 ▽WBO世界スーパーフライ級(52・1キロ以下)タイトルマッチ 王者・井上尚弥―同級6位・ヨアン・ボワイヨ ▽WBC世界ライトフライ級(48・9キロ以下)タイトルマッチ 王者・拳四朗―同級11位・ヒルベルト・ペドロサ(30日、神奈川県・横浜文化体育館)

 WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗が“貴乃花スタイル”で存在感をアピールした。ダブル世界戦の調印式が28日に都内で行われ、WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥はバンタム級転向後のビッグマッチ実現を熱望した。

 7度目の防衛戦に臨む“怪物”井上の目は先に向いていた。来年は1階級上のバンタム級に転向する予定で、スーパーフライ級は今回で“卒業”が決定的。「ここまでのスーパーフライ級でのビッグマッチは(14年12月のオマール)ナルバエス戦ぐらい。来年バンタム級で王者になって統一戦など、もっと大きな試合をしていきたい」と語った。

 9月には米国進出を果たしたが「英国のボクシング熱が高いので、今後そういったところでも試合ができたら」と希望も。英国のバンタム級にはWBAスーパー&IBF王者バーネット、WBA正規王者マクドネルがおり、実現の可能性もある。陣営の大橋秀行会長(52)は「道が困難であればあるほどやりがいがある」と腕まくりした。ただ、まずはV7戦に集中することは理解しており「ここでつまずいたらバンタム級とか言っていられない。KOで勝って来年へつなげたい」と意気込んだ。

拳四朗“貴乃花親方スタイル”でKO防衛だ 王座から“降格”しません

1枚拡大

 「ボクシング・WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ」(30日、横浜文化体育館)

 調印式と会見が28日、都内で行われ、2度目の防衛戦に臨む拳四朗(25)=BMB=は首にストールを掛けた大相撲の貴乃花親方を意識したスタイルで出席し、「世界戦でも倒せるところを見せたい」とKO宣言した。7度目の防衛戦を迎える井上尚弥(24)=大橋=は改めてスーパーフライ級卒業を宣言し、来年以降のイギリス進出にも意欲を示した。

 前哨戦のインパクトは十分だった。フランスの高級ブランド「ルイ・ヴィトン」のストールを首から掛け、貴乃花親方を思わせるスタイルで登場した拳四朗は、報道陣から突っ込まれると「気付いてくれました?意識してました」と、ちゃめっ気たっぷりに笑った。

 「有名になりたい」と公言する王者は、3度目の世界戦で自身初となる全国生中継に「モチベーションはすごく上がっている」と意欲を燃やした。知名度アップへ「面白い試合を見せるには倒すのが一番」と、求められるものは自覚している。

 過去2度の世界戦ではKOから遠ざかっており「最近KOがないので世界戦でも倒せるところを見せればインパクトを残せる」と拳を握った。挑戦者はファイター型とあって「左ジャブが当たりやすい。それで圧倒できれば」と戦略を描く。

 リミットまで200グラム超と調整も順調。貴乃花親方は2階級降格となったが、自身は王座から“降格”するつもりは毛頭ない。

 

明日になりましたが、井上選手減量きつそうですね。以前ライトフライの防衛戦でもげっそりしてましたが、今回も格下に苦戦しなければよいですが。テテが挑戦受けるとか言ってますが、交渉し始めたら、逃げそうな気が。まあ計量後しばらくありますのでしっかり回復して豪快なKOに期待したいです。

そして拳四郎選手、この衣装ストール親方意識してるのはありありですが、この格好で入場するなら更に話題になりそうですが(笑)

希望のKOで全国デビュー出来るか?横浜文体古くて寒そうなので早く決めて欲しいものです。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

比嘉大吾、15連続KO勝利かけ地元・沖縄で防衛戦 具志堅会長黒星→引退の因縁の場所

2017年12月27日6時0分  スポーツ報知

  • 故郷・沖縄での防衛戦が決まり、具志堅会長(左)とゴーヤーを手にポーズを取る比嘉(カメラ・堺 恒志)
 

 ◆プロボクシング 世界戦 ▽WBC世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチ12回戦(2018年2月4日・沖縄県立武道館)

 WBC世界フライ級王者・比嘉大吾が凱旋試合で連続KO日本記録に並ぶ。来年2月4日に那覇市沖縄県立武道館で、同級10位で元世界2階級制覇王者モイセス・フエンテスと2度目の防衛戦を行うことが26日、都内で発表された。沖縄県での世界戦は、1981年3月に所属ジムの元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高氏(62)が行って以来、37年ぶり。また、15連続KO勝利の日本タイ記録も懸かる一戦となる。

 念願だった故郷・沖縄県での世界戦が決まり、比嘉の表情は気合に満ちていた。「いずれはやると思っていたが、このときが来たな、という感じ。倒すのは大前提で、見ている人が面白いと思える、圧倒的なボクシングを見せたい」と待ちきれない様子で話した。

 同県での世界戦は、81年3月に具志堅会長がペドロ・フローレス(メキシコ)に12回KO負けで14度目の防衛に失敗して以来、37年ぶり4度目となる。同会長は「タイトルを失った沖縄で37年ぶりにやれるのはうれしい。沖縄では50%以上の視聴率が出るのではないかと思う」と豪語した。

 V2戦は凱旋試合以外にも、重要な記録が懸かる。KO勝利なら15連続となり、同郷の大先輩でもある元WBC世界スーパーライト級王者・浜田剛史らの持つ連続KO日本記録に並ぶのだ。比嘉は「沖縄で15連続をできたら最高。まずは目の前の試合に集中して並び、もう一度KOして記録を更新したい」と決意表明した。

 沖縄での過去の世界戦3試合は、いずれも日本選手が敗れている鬼門。具志堅会長はその黒星を最後に引退した。まな弟子の比嘉にとっては雪辱戦の意味合いもある。相当な重圧がかかると予想されるが「(5月の)世界初挑戦前の方がプレッシャーは強かった。地元だからといって変な気負いはない」と頼もしかった。

 フエンテスは昨年大みそかに、空位のWBO世界ライトフライ級王座を田中恒成(畑中)と争った。田中が5回TKO勝ちしたことを聞くと、比嘉は「それより早い回で倒す」と気合を入れた。「ここで負けたら何の意味もない。勝つことだけを考える。地元からこういうチャンピオンが生まれるんだというところを見せられれば」。ド派手なKO劇で、故郷に錦を飾る。(三須 慶太)

宜野湾コンベンションホール」よりは空港から近そうですね。

田口良一と対戦のメリンド「八重樫を倒したから田口も倒せる」王座統一戦にむけ来日

2017年12月26日19時15分  スポーツ報知

  •  
  • 成田空港に到着したミラン・メリンド
 
 
  • 到着したカルロス・ブイトラゴ

  ◆報知新聞社後援 プロボクシング トリプル世界戦 ▽WBA・IBF世界ライトフライ級(48・9キロ以下)王座統一戦12回戦 田口良一―ミラン・メリンド ▽WBO世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチ12回戦 木村翔―五十嵐俊幸 ▽IBF世界ミニマム級(47・6キロ以下)タイトルマッチ12回戦 京口紘人―カルロス・ブイトラゴ(31日、東京・大田区総合体育館)

 WBA世界ライトフライ級王者・田口良一(31)=ワタナベ=と王座統一戦を行うIBF同級王者ミラン・メリンド(29)=フィリピン=、IBF世界ミニマム級王者・京口紘人(24)=ワタナベ=に挑戦する同級3位カルロス・ブイトラゴ(26)=ニカラグア=が26日、成田空港に来日した。

 5月に八重樫東(大橋)に1回TKO勝ちして以来、7か月ぶりの来日となった。「初回はないけど、いい試合でKOしたい。八重樫の方が田口よりいい選手。八重樫を倒したから田口も倒せる」と挑発した。さらに「この後も統一戦をやっていきたい。また日本に来てWBCのベルト(王者・拳四朗)も取りたい」と野望を語った。またブイトラゴは「素晴らしい試合にしたい」と意気込んだ。

 

なめんなよミランド・・・

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ペドロサ、勝って田口と統一戦!「拳四朗ではない。私はベストの選手と試合がしたい」

2017年12月26日5時0分  スポーツ報知

  • 軽快にパンチを繰り出すヒルベルト・ペドロサ
 

 ◆プロボクシング ダブル世界戦 ▽WB0世界スーパーフライ級(52・1キロ以下)タイトルマッチ 王者・井上尚弥―同級6位・ヨアン・ボワイヨ ▽WBC世界ライトフライ級(48・9キロ以下)タイトルマッチ 王者・拳四朗―同級11位・ヒルベルト・ペドロサ(30日、神奈川県・横浜文化体育館)

 30日のダブル世界戦に出場する2人の挑戦者がそれぞれ練習を公開した。WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥に挑戦する同級6位ヨアン・ボワイヨは横浜市内の大橋ジムで美人妻を伴って登場。WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗に挑む同級11位ヒルベルト・ペドロサは、都内の帝拳ジムで王者を挑発した。

 「銃弾も飛び交う」という危険な地域で育った挑戦者は、度胸たっぷりに「私の中では勝つことが決まっている。その後にWBA王者と統一戦をやりたい」と大みそかにIBF王者ミラン・メリンドと統一戦を行う田口良一の名を挙げて対戦をアピールした。その理由を「現時点ではこの階級で田口が一番強いと思う。拳四朗ではない。私はベストの選手と試合がしたい」と言い放った。

五十嵐、悪魔の力で4年8か月ぶり奪還だ!…デーモン閣下、入場曲5年ぶり特別アレンジ

2017年12月26日5時0分  スポーツ報知

  • 大量の汗を流しパンチングボールを叩く五十嵐俊幸。汗が目に入り思わず片目をつぶる(カメラ・佐々木 清勝)
 

 ◆報知新聞社後援 プロボクシング トリプル世界戦 ▽WBA・IBF世界ライトフライ級(48・9キロ以下)王座統一戦12回戦 WBA王者・田口良一―IBF王者・ミラン・メリンド  ▽WBO世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチ12回戦 王者・木村翔―同級1位、元WBC同級王者・五十嵐俊幸 ▽IBF世界ミニマム級(47・6キロ以下)タイトルマッチ12回戦 王者・京口紘人―同級3位・カルロス・ブイトラゴ(31日、東京・大田区総合体育館)

 元WBC世界フライ級王者でWBO同級1位・五十嵐俊幸が“悪魔パワー”を後押しに王座へ返り咲く。同級王者・木村翔とのタイトルマッチ(報知新聞社後援)に向け25日、都内の所属ジムで練習を公開した。ヘビメタバンド「聖飢魔2」のボーカルを務めていたデーモン閣下がアレンジを加えた特別仕様の楽曲で入場することが判明。粋な心遣いを胸に、4年8か月ぶりに世界のベルトを取り戻す。

 決戦まで1週間を切った五十嵐の表情は気合に満ちていた。王者・木村との日本人対決へ向け「(相手は)メンタル面が強いけど、自分も気持ちの強さに自信がある。技術よりも勝ちにこだわった試合、気持ちのぶつかるところを見てもらいたい」と力を込めた。

 13年4月に八重樫東(大橋)に敗れて以来、4年8か月ぶりの世界王者返り咲きを狙う。尊敬するデーモン閣下からの粋なプレゼントにモチベーションは高まる。高校時代から聖飢魔2のファンで、帝拳ジムの練習生に元メンバーがいた縁でデーモン閣下とも親交が深い。それだけに入場も同バンドの曲を使い、中でも世界戦では「EL DORADO(エルドラド)」を選んできた。

 今回の世界戦に向け、閣下からは同曲のアレンジ版が贈られた。特別仕様のエルドラドが作られるのは12年11月の初防衛戦以来で「閣下の笑い声やあおりの文言が入っている。あれが入場の時に流れたらみなさん『何だこれは!?』となると思いますよ」と笑った。

 閣下からは八重樫とのV2戦前に特製ベルトケースをプレゼントされたことがあるが、直後に陥落。今でもそのケースにはWBCのチャンピオンベルトを保管しているが、今度こそ現役王者のベルトを入れたい。長男・比呂くん(7)へのクリスマスプレゼントに「Nintendo Switch」を贈った優しいパパは「家族のために勝利をささげたい」と誓った。リング上では“悪魔”になり、木村に地獄を見せる。(三須 慶太)

ボワイヨ、井上戦に闘志!怪物倒し価値上げる「スペクタクルな試合を見せたい」

2017年12月26日5時0分  スポーツ報知

  • 練習を公開したヨアン・ボワイヨ(右)は、バネッサ夫人と仲良く記念撮影した
 

 ◆プロボクシング ダブル世界戦 ▽WB0世界スーパーフライ級(52・1キロ以下)タイトルマッチ 王者・井上尚弥―同級6位・ヨアン・ボワイヨ ▽WBC世界ライトフライ級(48・9キロ以下)タイトルマッチ 王者・拳四朗―同級11位・ヒルベルト・ペドロサ(30日、神奈川県・横浜文化体育館)

 30日のダブル世界戦に出場する2人の挑戦者がそれぞれ練習を公開した。WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥に挑戦する同級6位ヨアン・ボワイヨは横浜市内の大橋ジムで美人妻を伴って登場。WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗に挑む同級11位ヒルベルト・ペドロサは、都内の帝拳ジムで王者を挑発した。

 自身のビジネスマネジャーも務めるというバネッサ夫人(22)を傍らに「スペクタクルな試合を見せたい」と意気込んだ。“怪物”井上との対戦を避ける選手も多いが「僕は非常にうれしかったし、ぜひ戦ってみたかった。この試合は自分の価値を高めてくれるもの」と不敵に笑った。なおトレーナー陣が27日に来日予定で不在とあって、この日は軽めの調整だった。

 

いよいよ世界戦ウイークに入りましたが、ブイドラゴは今日来日らしいですが、子供も生まれたばかりなので、こちらも気合入ってるでしょうね。然し試合5日前って大丈夫かいな?

 

ペドロサは拳四郎なめてるんでしょうかね。顔はやさしいけど最近力つけてますので、甘く見ると痛い目にあうぞ~。

田口と戦いたいってご希望はお伺いしておきましょう。

次ボワイヨ顔に気合入ってないな。奥さん日本人みたいな感じ。奥さんが話題になるって事はボワイヨのアピールポイントそんなにないんでしょうね。(笑)

 

五十嵐選手はとにかく負傷で試合がおわるのだけは勘弁して欲しいです。

 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

寿以輝ケガから復帰 1年2か月ぶりリングでデビュー7連勝

2017年12月25日7時0分  スポーツ報知

  • デビュー7連勝とした辰吉寿以輝(左は父の丈一郎)
 

 ◆報知新聞社後援 ドラマチックボクシング ▽8回戦 ○辰吉寿以輝(KO 3回2分19秒)ノーンディア・ソーバンカル●(24日、大阪・東和薬品ラクタブドーム)

 元WBC世界バンタム級王者・辰吉丈一郎(47)の次男・寿以輝(21)=大阪帝拳=がメインのスーパーバンタム級(55・3キロ以下)8回戦で、タイ同級1位のノーンディア・ソーバンカル(22)を3回KOで下しデビュー7連勝。通算成績は寿以輝が7勝(5KO)、ノーンディアが18勝(4KO)16敗。

 寿以輝が父譲りの強烈な左ボディーブローで決めた。2回に続き3回にも右ストレートでダウンを奪い、立ち上がってきた相手の右脇腹に左を打ち込んだ。両親、兄、昨年のクリスマスイブに結婚した妻・優さん(20)、7月に誕生した長女・莉羽(りう)ちゃんら家族に見守られる中、3連続KOでA級(8回戦以上)デビューを飾り「久々で緊張した。もっとスカッと勝ちたいけど、試合ができて良かった」。

 今年は2、7月とけがで試合を2度延期。1年2か月ぶりのリングで連勝を伸ばした。父は「最初にダウンを奪った時、あのまま仕留めなアカン。この忙しい時期に」と笑顔でダメ出し。愛妻も「カッコ良かった」。自らも父親となった寿以輝は「来年も全勝でいく」とタイトル戦実現へ突き進む。

忙しくてわすれてた・・・
新人王戦に出てて欲しかったなと思ってます。素人の私にはどの程度の位置づけかわかりません。ただ外国のかませばかりとやってるとはおもいませんが。タイトルやるなら日本ランカーとやって勝ってランク入りして挑戦して欲しいですね。
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。