ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて36年。世界戦国内現地観戦260試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:
4・27トリプル世界戦 河野&田口、V3戦の対戦相手決定

スポニチアネックス 3月23日(水)17時36分配信




 ボクシングのワタナベジムは23日、4月27日に東京・大田区総合体育館でWBA世界スーパーフライ級王者・河野公平(35)が同級7位のインタノン・シッチャモアン(29=タイ)と、WBA世界ライトフライ級王者・田口良一(29)が同級7位のファン・ランダエタ(37=ベネズエラ)と、それぞれ3度目の防衛戦を行うと発表した。WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志(36)が暫定王者ジェスレル・コラレス(24=パナマ)相手に行う12度目の防衛戦と合わせてトリプル世界戦となる。

 河野は昨年10月に米シカゴで亀田興毅を破って以来の試合で、国内で戦うのは1年4カ月ぶり。当初は3月に試合が予定されていたため正月からスパーリングを重ねており、「早く試合がしたかったし、いつでもリングに上がれる。世界王者がいっぱいいる中で“河野は強いぞ”というところを見せたい」と意気込んだ。WBAアジア・スーパーフライ級王者のインタノンは通算28勝17KO7敗1分けのサウスポーだが、「亀田戦からずっと左対策をやっていた。タイの選手はほとんどKOしているので、今回も倒したい」と話した。

 一方、田口の相手に選ばれた元WBA世界ミニマム級王者のランダエタは、新井田豊や亀田興毅らと激闘を繰り広げたことで日本でも有名。特に06年8月のWBA世界ライトフライ級王座決定戦では亀田興からダウンを奪いながら判定負けし、日本国内でも「ランダエタが勝っていたのでは」と議論を呼んだ。その後は世界タイトルと縁がなく、約5年のブランクを経て14年12月にリング復帰。昨年6月からはトヤマジムの選手として日本で2試合戦っている。通算成績は27勝21KO8敗1分け。

 プロデビュー直後に亀田興―ランダエタ戦を見たという田口は、昨夏にスパーで2ラウンド対戦したそうで、「昔とはスタイルが変わってきている。パンチが硬くて老かい。疲れさせられた印象がある」と話した。それでも「左は苦にしていない。勝つのは当然として、世界王者は内容も求められるので、両方しっかりやっていきたい」と抱負を語った。

やっぱりね、ランダエタ・・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【BOX】八重樫&田口、世界王者同士のスパーで火花

2016年3月23日6時0分 スポーツ報知






 プロボクシングの世界王者同士が22日、スパーリングで火花を散らした。IBF世界ライトフライ級王者・八重樫東(33)=大橋=が横浜市内の所属ジムで、出稽古に訪れたWBA同級王者・田口良一(29)=ワタナベ=と5回のスパーリングをした。

 八重樫が上下に的確にパンチを打ち込み、田口が応戦する熱のこもった内容。以前から手合わせし、最近は先週もスパーをしたという。八重樫は「強いので一発一発が練習になる」と満足げ。田口は「翻弄された。やっぱりうまい」とやや納得していない様子だった。


さて相手も発表されませんが、ランダエタって声もきこえますね。ランダエタなら約10年ぶりの世界戦ですか。あと1か月発表はいつでしょうか?そして個人的に気になる河野選手の相手も
早く発表してくれないですかね?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
モレノ対スリヤンWBCバンタム級挑戦者決定戦が4月30日パナマ、ロベルトデュラン アリーナで行われるようですね。夏ごろ予定している山中選手の防衛戦の相手は、この勝者との再戦となるんでしょうか?本人の希望している統一戦は厳しいでしょうか?個人的にはモレノとの再戦をみたいですが。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
井上尚弥、八重樫が5・8ダブル世界戦!大橋会長「ビッグマッチの第一歩」
3月16日 14時42分配信


【BOX】井上尚弥、八重樫が5・8ダブル世界戦!大橋会長「ビッグマッチの第一歩」
5月8日に世界王座の防衛戦戦を行う井上尚(左)と八重樫が会見で笑顔を見せた拡大写真
 プロボクシングの大橋ジムは16日に都内で会見を開き、ダブル世界戦を5月8日に東京・有明コロシアムで開催すると発表した。WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(22)は指名挑戦者の同級1位ダビド・カルモナ(24)=メキシコ=と、IBF世界ライトフライ級王者・八重樫東(33)は同級10位マルティン・テクアペトラ(25)=メキシコ=と戦う。



 2度目の防衛戦となる井上尚は「テクニックもあって倒しづらい選手と思う。内容をしっかり見せつつ、KOにつなげたい」と気合。陣営の大橋秀行会長(51)は「今年中か来年か、皆さんが期待するビッグマッチにつながる第一歩と思っている」と期待した。

 一方の八重樫は初防衛戦。激闘となる試合が多いまな弟子に、大橋会長は「たまには前半で楽勝する試合も見てみたい」と注文。会長のツッコミに、八重樫は「会長が安心してみられる試合にしたい」と苦笑いを浮かべた。また井上尚弥の弟で東洋太平洋スーパーフライ級王者の井上拓真(20)は2度目の防衛戦、WBO世界バンタム級3位・松本亮(22)は世界前哨戦を行う。

ゴールデンウィーク最後の日曜日ですね。テレビの放送時間も気になりますが、頼むから21時迄には終わってくれ。松本選手は中々決まらないですね。細野選手と2人夏頃ダブル世界戦とかの予定なんでしょうか?それにしてもタレント豊富ですね大橋ジムは
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
内山 年内V14狙う!具志堅超えへまずはコラレスと統一
スポニチアネックス 3月12日 7時1分配信




 ボクシングのワタナベジムは4月27日に東京・大田区総合体育館でトリプル世界戦を開催すると発表した。12度目の防衛戦となるWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志(36)は同級暫定王者ジェスレル・コラレス(24=パナマ)との王座統一戦が決定。ともに3度目の防衛戦となる同スーパーフライ級王者・河野公平(35)と同ライトフライ級王者・田口良一(29)の対戦相手は未定で、後日発表される。

 内山の相手がやっと決まった。無敗の元フェザー級世界王者ウォータース(ジャマイカ)、WBAが対戦を指示したスーパーフェザー級正規王者フォルトゥナ(ドミニカ共和国)との交渉はともに条件面で難航。内山陣営は暫定王者コラレスとの統一戦を先に行うことでWBAの了承を得た。

 内山も複雑な表情だった。「フォルトゥナとやるつもりでイメトレをしていた。その前にはウォータースとほぼ決まりという話も聞いた」。希望した米国進出もお預けとなり、「モチベーションが下がった部分はある」と正直に話す。それでも「いずれはやる相手。順序が変わったと思って、圧倒的な勝ち方をして次のビッグマッチに備えたい」と自らを鼓舞。上体が柔らかく防御にたけたサウスポー、コラレスはKO負けがないが「正規王者も暫定王者もいらない。この2人はしっかり倒す」と言い切った。

 渡辺均会長はコラレス戦後、フォルトゥナと交渉を再開する予定。8~9月のフォルトゥナ戦で具志堅用高に並ぶ国内最多13度目の防衛、年末に新記録を狙わせる意向で、内山も「何十年破られなかった記録を今年か来年には破りたい」と意欲を口にした。

 ◆ジェスレル・コラレス 1991年7月12日、パナマ・サンミゲリート生まれの24歳。09年2月プロデビュー。フェザー級で12年4月にパナマ王座、13年5月にWBCラテン王座、スーパーフェザー級で14年11月に南米王座を獲得。15年12月、WBA世界スーパーフェザー級暫定王座決定戦でフアン・アントニオ・ロドリゲス(メキシコ)に11回終了TKO勝ち(棄権)して王座獲得。身長1メートル72、リーチ1メートル75。左ボクサーファイター。

内山選手はこのまま海外進出なく終わりそうですね。
平日のトリプルだと19時から世界戦始めて22時終了予定ですかね
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。