• 27 Jan
    • びーる(

      #todaysbeer #ipa #sleepinggiant #メンテ明け 紅茶みたいな香り。IPAとは言いつつ比較的柔らかい飲み口だったような気がする #眠すぎて覚えてない joeさん(@enumorish)が投稿した写真 - 2016  1月 26 6:51午前 PST

      2
      テーマ:
  • 17 Nov
    • 🇯🇵🇯🇵🇯🇪🇰🇼🇱🇹🇮🇱🇲🇬🇮🇲🇲🇬🇮🇲🇲🇭🇱🇮🇯🇪🇮🇲🇰🇮🇲🇬🇱🇧🇮🇱🇱🇧🇲🇬🇮🇱🇲🇬🇮🇩🇮🇩🇲🇰🇰🇮🇲🇰🇮🇱🇸🇿🇸🇪🇺🇸🇸🇪🇹🇬🇸🇪🇻🇳🇹🇿🇻🇳🇹🇷🇹🇿🇻🇳🇹🇷🇹🇿🇹🇷🇻🇳🇹🇿🇻🇪🇹🇿

      テーマ:
  • 10 Sep
  • 09 Dec
    • 小さなチーム、大きな仕事

      小さなチーム、大きな仕事完全版 [ ジェイソン・フリード ]¥1,620楽天今更読んだ。細かく章というかトピックが区切られているんだけど・真似てはいけない・全員が働くの項は非常にシニカルに読んでしまった。会社で働いてるとこういうのよく見るよね、と思える人多いんじゃないかな。あとは・五時に帰宅させるの項は最近切に感じている時間への意識の変化が書かれていた。1年ちょっと前と今とでは時間の制約がかなり変わったなかで、やりたいこと、やらなきゃいけないことはむしろ増えていて。この項は会社の文化について触れている章のなかの一つなんだけど、そもそも自分はどうかなと思いながら読んだ時、とても響くものがあったように思う。原著も結構読みやすいらしいので、気になってるけど、次は積んであるやつ読まないとな。。。あと最近電子書籍にてこれも読んだ。部下を持ったら必ず読む「任せ方」の教科書 [ 出口治明 ]¥1,512楽天いわゆるマネジメントについて書かれた本。6割で満足せよって話はふむふむと思いながら読んだ。短めなのでサクッと読めました。読書は朝がいい。電車座れさえすれば。

      4
      10
      テーマ:
  • 01 Dec
    • 読んだものと見たもの

      最近読んだ。 私の個人主義 (講談社学術文庫)/講談社¥713Amazon.co.jp夏目漱石の本なんだけど小説じゃなくて、地方で漱石が講演をした時の文字起こし的なもの。全部で5講演分が収められている。この本を読むきっかけになった本もそうだったんだけど、漱石の客観的な物の見方・語り方は、すごいなぁと思うし、読む人に考える余地がたくさん与えられる感じがする。今読んでなお、どの講演も、古臭くなくてすごい。各講演、最初のアイスブレイク的なところも個人的にはオススメ。この人、話おもしろかったんだろうなーと思う。あと見たもの。インターステラー (竹書房文庫)/竹書房¥756Amazon.co.jpまぁまさにいま映画やってるからこれはよくわからんけどそれっぽいやつ。監督がクリストファー・ノーランってことと、何かちょっと話題だったのと、映画館家の近所にあるじゃん、ってことで見た。感想としては、結構長い。親父やはりかっこいい。ただ見終わったあとの余韻と今あらためてどこが良かったのかなと思い返す感覚とを比較すると、インセプションには劣るかなと思う。あくまで個人的な感想としてだけど。まさにSFという感じ。結構面白かったと思う。オチも好き。アン・ハサウェイくっそかわいい。本とか映画とかは定期的に摂取したいなぁと思うけど、見なくなるとしばらく疎遠になってしまうという悩み。

      2
      1
      テーマ:
  • 10 Nov
    • LIFE!(映画の話)

      LIFE!/ライフ 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]/ベン・スティラー,クリステン・ウィグ,シャーリー・マクレーン¥4,309Amazon.co.jp多分新婚旅行の時に、飛行機の中で見て、字幕も無くて雰囲気で分かった気になっていたものを、昨日改めて字幕で見ました。内容的には3行だと(語弊があるかもしれない。語彙が足りず申し訳ない)・妄想癖のある主人公はLIFEという歴史ある雑誌に関わるネガ管理の人(非リア)・大切なネガが1枚見つからず、その写真を撮った写真家を探しに弾丸ツアーさながら世界を飛ぶ・弾丸写真家さがしは結局なんやかんやで上手くいって、旅の経験やらなんやらで一回りいい男になる。こんなな感じ・・・かな。こう書くと全然おもしろそうじゃないですが、正直この映画はすごく好きになったし、二回見てよかったなと思う。自分としてはとにかく主人公が好き。超仕事人とかではないんですが、オチに続くこの人の生き方が最後にぐっと来ます。甘い話に包まれてる感も若干あるんですが、本筋はそこじゃないので。あと、一瞬だけどスケボーするシーンがすごいかっこいい。ほんとは「うおぉこれ超いいよ!みんな見た方がいいよ!」って気持ちで書き始めたんだけど、本当に自分の語彙と文章力の無さが辛い。自分のやってることこれでいいのかなとか思ってる人がいたらおすすめしたいです。僕もそのクチでした。あとひとつ突っ込むところがあるとしたら『携帯通じすぎ。電池持ちすぎ。』これくらいです。おすすめ。

      3
      1
      テーマ:
  • 19 Oct
    • 戦艦大和ノ最期を読んだ

      戦艦大和ノ最期 [ 吉田満 ]¥1,015楽天これ。歴史に触れる本を読みたいなぁと思った時期があって、勢いで買った。文語体で書かれているので正直言って読みやすくはないし、不勉強が祟って漢字とかわからないやつも多かった。あまり戦争に関する映画とか、書物を読んできたこともないので、詳しくなかったのだけど、戦争に向かう人々が何を考え、どう行動、議論してきたのかを少し垣間見る事ができた。この本に書かれている内容は、普段そうそう触れない情報な気がするし、どうしても戦争に関しては批判的な立場から語られる事が多い中で(批判的に語られること自体は多分間違ってないと思うけど)、大和の搭乗員として実際に見たこと、聞いたこと、その時本人が感じていたことをそのまま書かれているので、とても貴重な資料だと思う。自分がすごく好き?というか印象深いのは戦艦に同乗した白州大尉という人の以下の言葉。思う所が非常に多い。「進歩ノナイ者ハ決シテ勝タナイ 負ケテ目覚メルコトガ最上ノ道ダ日本ハ進歩トイウ事ヲ軽ンジ過ギタ 私的ナ潔癖ヤ徳義ニコダワッテ、本当ノ進歩ヲ忘レテイタ 敗レテ目覚メル、ソレ以外ニドウシテ日本ガ救ワレルカ 今目覚メズシテイツ救ワレルカ 俺タチハソノ先導ニナルノダ 日本ノ新生ニサキガケテ散ル マサニ本望ジャナイカ」あとは、戦争の記録としての側面以外には、やっぱり死ぬことと生きることに関しての記述も多く、親や兄弟、奥さんに対しての兵士の思いなどの記載もすごく心に残った。この点に関しては、レ・ミゼラブルの映画を見た時にも似たように感じたけれど、生きることに必死だった時代背景を知ると、愛だなんだと今では歯の浮くような言葉に感じられるものも、かなりの重さを伴って伝わるように思う。たとえばこれとか。出撃前の森少尉って人の台詞。(結構長いのでカタカナに変換するのやめた)「俺は死ぬからいい 死ぬ者は仕合わせだ 俺はいい だがあ奴はどうするのか あ奴はどうしたら仕合わせになってくれるのかきっと俺よりもいい奴があらわれて、あ奴と結婚して、そしてもっと素晴しい仕合わせを与えてくれるだろう きっとそうに違いない俺と結ばれたあ奴の仕合わせはもう終わった 俺はこれから死にに行く だからそれ以上の仕合わせを掴んで貰うのだ もっといい奴と結婚するんだ その仕合わせを心から受ける気持ちになって欲しいんだ俺は真底悲しんでくれる者を残して死ぬ 俺は果報者だ だが残されたあ奴はどうなるのだ いい結婚をして仕合わせになる 俺はそれが、それだけが望みだ あ奴が本当に仕合わせになってくれた時、俺はあ奴の中に生きる、生きるんだ・・・だが、この俺の願いをどうして伝えたらいいのだ 自分の口から繰返し言った 手紙でも何度となく書いてきた 俺を超えて、仕合わせを得てくれ、それだけが最後の望みだと・・・しかしそれをどうして確かめるのだ あ奴が必ずそうしてくれると、何が保証してくれるんだ祈るのか どうしても祈らずにはいられない、この俺の気持は本当だ だがそれだけでいいのか 自分を投げ出して祈ればそれでいいのか どうかあ奴にまで聞こえてくれと、腹の底から叫ぶしかないのか」荒き語勢いに涙なし 咳き込むばかりの切願なり むしろ怒りなりこんなこと今考える事、ほとんどの人は無いと思うんだけど、やっぱすごい壮絶。今自分が考えないにしても、こういうレベルの考えで生きてた人がいると知ることは大切かなぁと思う。これを読んで感じることは人それぞれだと思うけれど、何かを考えるきっかけとしては十分過ぎるインパクトがある本だと思うので、幸か不幸かこのブログを読んでしまって、少しでも気になった人が居たら、ぜひ読んでほしいと思う。あと、ぜひ最後の解説まで読むことをおすすめしたいと思う。本文?だけだとチンプンカンプンになってしまう可能性が高いので。一言で言うと、読んでよかったです。

      2
      1
      テーマ:
  • 17 Sep
    • 判断基準

      当たり前の事だったんだけど、一瞬悩んでしまったのでメモっておく。システムリソース的に厳しい状況があったとき、それを運用(人的作業)で延命、あるいは回避できるとする。(というかそういう方法を提案できるとする)その際に、システムリソースの枯渇、障害のリスクを(A)とする。一方で、そのための作業コスト、事業的なデメリットというのが必ず発生する。このコストを(B)とする。対応の最終決定は、(A)と(B)を天秤にかけて、どちらの優先順位が高いかを鑑みて、事業責任者が決める。単純。私達は(A)のリスクについて、多段階で対応方針を示すことが求められるし、スピードとか品質があーだこーだという話があるが、まずは「どうしますか」と「全体的に見てこっちの方がいいと思うけどね」というのを素早く提示しないといけない。というのを改めて思った。

      テーマ:
  • 29 Jul
    • 働き方

      先日、元同僚の人とごはん食べた。そこで彼が言っていた言葉に『今までは自分が使うものを仕事でも作りたかった。でも今はそこまで仕事に求めてない。プライベートでちょこちょこ作ったりしているし、そこが戻る場所みたいになってる。そこでドッグフーディング出来てるから、そこそこ満足してる。だから仕事は、経営が求めることを実現しようかなと。』的なことがあった。多分こんな感じだったはず。それを聞いた時に、良いことだなと思ったのと、これが一つの自由の形かなと思った。生計を立てることと、開発者としての楽しさや満足を全て同梱するのではなく、それぞれ別の場所やコミュニティをもってやって行くというのは、すごく良いことだなと。(これバランス崩れるとアレなのでアレです。よく考えてやろうとしか言えないけど)私も見習いたいなと思った事案でした。ということで、忘れないうちにメモ。

      1
      2
      テーマ:
  • 18 Jul
    • 家事論

      http://www.j-cast.com/2014/07/17210827.htmlこんな記事が上がっているらしい。http://ecochiko2.hatenablog.com/entry/2014/07/17/115320こんなブログも読んで、俺も家事論語ったろかなと呟いたら、はよ書けとケツを叩かれたので、酒を片手に書いている。まずはフルスイング氏に従って色々と状況を書いてみる。【前置き】約一年前に入籍して、去年の10月から一緒に住んでいる。社会人7年目。共働き。私は土日休み。嫁は不定期(シフト系)。私は163cm、63kg、背丈より大きく見られる態度のデカさが売り。フツメン。ふたりとも帰ってくるのは22時過ぎ。通勤時間は、私が1時間強。嫁が45分程度。棲家はマンション。ゴミ捨ては24時間可能。家自体は新築なので防音的なスペックもソコソコ。なので夜洗濯機まわしたりとか時々やっちゃってる。。どちらかと言えば、私が潔癖症。基本的にはふたりともマイペース。家に誰か来る時だけ、見栄を張って片付けるタイプ。ごはんについて。これは結構我が家のポイントになりそうなとこ。基本的に嫁は一緒にご飯食べたい人。どっちかがめっちゃ早く帰ってくるケースは無いので、時差があるのはどちらかが休みの時だけ。なのでご飯一緒に食べやすい環境ではある(すげー遅いんだけど)ふたりとも酒をよく飲むので、外に飲みに行くと高いから家でご飯&酒ってのが一緒に住んでから増えた。なので外で二人で飲むのは正直殆どない。あと、クックドゥは超あり。お世話になってます。まぁ二人で飯食うので、話す時間ゼロじゃない。一応。洗濯機は私が大学の時から使ってるやつでもうアレな感じなやつ。Yシャツ着ないから無い。アイロンとか無い。嫁のおしゃれ着的なものは、多いほうだと思う。なので、洗濯するときは気になる奴は分けて洗ってる(俺は)あと私がサッカーとかしているから、なんだかんだ洗濯するものによって分けて洗ったりはしているかな。タオルはそこそこ使ってから洗う。一発でびしょびしょになったら即洗濯機行きだけど。ふぅ前置きでだいぶ露わになってしまったけど(*ノェノ)キャー こんな感じ。で、私の持論としては、「家事は分担すんな」です。責任を分割すると、協力しなくなっちゃうだろうなと一緒に住んですぐ思っていたのと、一緒に住んでみてわかったのは、自分のタスクが固定されていても100%やりきれないと思ったから。それ突っ込まれると辛い。やってないやんお前とか言われると辛い。あと、お互いに得意分野というか「真っ先に気になる所」があるのが、しばらくするとわかる。私はキッチンが汚れているのが許せないので、AM1時半くらいからコンロ掃除とかするレヴェルなんだけど、こういうのは分担すると火種になるから無理だなって最初の3ヶ月くらいで思った。実際のところ、うちはご飯作るのは早く帰ってきた方、洗濯掃除買い物は休みの方、そんな感じで家事やってる。ゴミ捨ては朝一緒にやるか、休みの人がやる。これは休みがバラバラだからできるいいところやね。あとは、やってもらったときちゃんとありがとうって言うとか、その辺は一応きをつけているつもりなんだけど、私結構気分屋なので、言えてない時もあるきがする。さーせんさーせん(ヽ´ω`)あと1つ目の記事にあった家事ハラ。これは私やってしまってた。マジさーせん。家事は得意不得意があると思うし、二人が家事力同レベルとかレアケースだと思う。そうすると、家事でパワーバランスが生まれてしまうから、多かれ少なかれ「なんなんこれ」って突っ込みたくなることはあるんじゃないかなぁと言い訳してみるけど、まぁ言い方は気をつけたいね。。私はまだ子供もいないし、ふたりとも一生懸命働ける状況だから、家事にかける時間もほぼ同じだし、条件も一緒なので、そんな感じなんだけどこれが例えば・旦那は出社義務が無く、家でリモートワークしている。嫁は店舗勤務で勤務時間糞長いとか、子供がいたりとか、状況が変わってくると、「できること」が変わってくる。でも一緒に住んでて家族なのであれば「できないこと」(というか「できなかったこと」かな)には少し目をつぶって、30年くらいの長い目でいろんな事を見たほうがお互いのためになるなと最近思った。今日明日、どちらかが沢山家事をして、相手がグダグダしていても、しばらくしたら平衡状態になって、次の週くらいにはもう片方が家事をやらなくなっているかもしれない。(ノ∀`)タハー今週忙しいィイィィィとかなったら家事できないし、そういう相手を責めてもいいこと無いし。とにかく家族の事柄については「長い目で見る」(見てもらえると助かる)まずはこれに尽きるかなと。家事をやるやらないの話なんて特にね。これが5年10年一緒に住んでいるひとからすると違うんだろうなと思うんだけど、その辺誰か書いてくれるのを待とう。オチは無し。まぁなんだかんだ今のところ元気に楽しく暮らしています。

      6
      3
      テーマ:
  • 07 Apr
    • JVM Operation Casual Talks 行って来た

      http://atnd.org/events/48999これに参加して来た。今年は勉強会に参加する頻度を少し増やそうと思っているところにちょうど流れて来たので飛びついた感じ。どうしても社内だけでは情報が偏るし、業界というか、隣はどーしてんのかな的なとこも気になるので。カジュアルと名前には入ってたけど、コンパクトに濃ゆい話聞けてよかったです。TLにも流れていたけど、確かにデプロイ周りの話とかも聞きたかったなぁって印象。けどおそらく参加してた方の内訳としては、ミドルウェアは使ってるけど、自分たちのアプリはJavaじゃ無いよとか、そういう方も多そうで、そうなるとデプロイ云々はまたの機会って感じなのかなーとか思ったけど、機会があったら聞きたいなーあとcass○ndraの人気ぶりには本当に驚きました。@oranieさんのcassandraアイドル感も間近で見ることができて大変良い機会でした^_^G1GCに触れてる方も割合として多くて、、、というかGCありきみたいなとこもあったかな。。とはいえ発表も本当にわかりやすくて楽しかったっす。主催、登壇された皆様、貴重な機会をありがとうございましたー!joeさんのSimplogを見る

      4
      5
      テーマ:
  • 06 Apr
    • 晩御飯

      この間食べた料理を見よう見まねでパクったけど素材に感謝するしかないjoeさんのお料理をもっと見る

      1
      1
      テーマ:
    • 7年目に入った模様

      アプリで書いてて『iPhoneからの投稿』ってこれマジで要らなくないか。誰得なの。はい。2008年に社会人になって今年が2014年だから、やっぱ7年か。ここ二年くらい、少しずつできることは増えてるけど、やってやったぜと思えることはちょっと少ないなーと思う今日この頃。少し前までは働いて、帰って、寝て、また会社行って、その繰り返しだったけど最近はそうも行かなくなって来て、100%出てない感じなので、もーちょい頑張りたい。7年目とか、私が入社した時は、そこまで年次の離れてる人とは本当に接点が無かったから、あの時のxxさんかなーとかの想像も出来ないわ。今はフットサルやったり飲みに行ったりと、新卒と絡む機会もあるけど、もう先頭切ってバカやるのも難しくなって来ましたね(白目特にまとまりはないけど、もうそんな時期なんだなと改めて思う今日この頃。お世話になってる美容師さんが、毎日ブログ書いてるよーって話してくれたので、私も回数を少しずつ増やせたらなと思って、あと、PCじゃ無くてスマートフォンで書いてみようかなと思って、書いております。

      1
      テーマ:
  • 26 Mar
    • iOSのCalでGoogleカレンダーが同期されなくなった場合の対処

      私は毎年(ほんとに毎年)iPhoneを壊しては買い替えているのですが、つい先日、iPhone5Sが他界しました。iCloudバックアップを有効にしていて、毎日家でwifi繋いでほったらかしにしてたのでバックアップはちゃんと取れていました。Apple良い仕組み用意してくれたわーとホントに毎回感動。docomo契約のiPhoneなので、ドコモメールの設定とかは死ぬほどうざくてマジで死ねと思ったのは内緒なんですが、まぁそれもなんとか終わらせた所で、いつも便利に使わせてもらっているCalってアプリのカレンダーがGoogleカレンダーと同期できてないのに気づきました。ちなみにGoogleアカウントは二段階認証の設定をしていたのですが、ここがハマりどころでした。設定の画面とかを見ても外部アカウントとリンクするような項目が見当たらず悶々としていたのですが、先ほど解決方法を発見したので記載しておきます。(どうせまたすぐ携帯壊れるからね)iPhone本体の「設定」→「メール・連絡先・カレンダー」と進んで、Googleアカウントを確認します。Cal自体はカレンダーの同期を上記の設定情報から取得していたようなんですが、この設定ってGoogleの方で二段階認証していると「アプリケーション固有のパスワード」が必要なんすよねー。どうもiCloudバックアップから復活した後、このへんの認証情報が無効になっていたようで、アカウントは登録してあるけど、同期ができていない状態だったようです。なので、上記リンクから設定済みのパスワードを無効にしたあと、再度新しいパスワードを発行して、アカウントの再設定をすることで、カレンダーの同期が行われるようになりました。勝手にGoogleカレンダーと同期してくれるのは嬉しいんだけど、いざ同期されなくなるとどうやって戻すのか分かりづらいなぁと思ったのでメモっておきました。まぁ普通はiPhone壊れないと思うんで気にならないと思うんですが、破天荒な方が同じような状況になったときの参考になれば幸いです。(別におれはそんなに破天荒じゃないと思うんだけどなぁ)

      テーマ:
  • 18 Feb
    • podcast良いなと初めて思った話

      @oinumeさんのブログに書かれてたpodcastを聴き始めた。http://oinume.hatenablog.com/entry/tech-podcast-the-news正直podcastって存在は知ってても、自分事として使おうと思うものでは無かった。んで、なんかRebuild.fm自体は聞いたことあったなと思って、昨日試しに聞いてみた。良い。楽しい。The newsも、英語を聴くっていう目的からするとすごくいいんだけど、個人的にはRebuild.fmが楽しすぎて、一人で電車の中でニヤニヤしていると思う。昨年の秋くらいに引っ越しをして、勤務地である渋谷までドアtoドアで1時間くらいかかるようになった、っていう環境の変化の中で、最近まではfeed読んで、ゲームして、寝て、みたいな感じだったんだけど(まぁそれはそれでfeed読むのはいいんだけど)、podcastの1時間弱の尺がすごく快適に思えて。既存の配信分を聞き終わるまでは多分聞き続けると思う。配信待ちになると、聞きそびれたりして疎遠になってしまう可能性を若干感じているんだけど、まぁそこはやってみてどうなるのかなというところ。あと尺がすごく自分に合っていることはもちろん大きい理由だと思うんだけど、内容がまたツボだったのも大きい。webの界隈で話題になっていることに関してほとんど雑談みたいな感じで@miyagawaさんと@naoya_itoさんが話しているのとか聞いてるとなんつかこの仕事でよかったなと(大袈裟)、楽しいわやっぱりと(大袈裟)、まぁそんな気持ちになる。英語のpodcastも同じくらいの感覚(心持ち)で聞けるようになると世界が広がるんだろうなと思いながら、うたた寝しつつ出社。そんな感じ。

      1
      テーマ:
  • 08 Dec
    • 120kmの散歩

      今年の春頃(4月かその辺)、父と酒を飲んでて「地震とかあってさ、電車とか止まってても、家に帰らないといけないよね」「どうやって?」「歩き?」ということで、父の勤務地のある浜松町あたりから、実家のある静岡県三島市まで、徒歩で帰るという謎のイベントを、今年の5月あたりからやっておりました。第一回 浜松町~横浜第二回 横浜~藤沢第三回 藤沢~大磯第四回 大磯~小田原第五回 小田原~箱根(芦ノ湖)第六回 箱根(芦ノ湖)~三島全六行程、毎回20Km前後を、徒歩で進むという。 大きな地図で見る それがやっと今日、ゴールを迎えました。正直初回やってみて「これチャリ(を選択すること)が正解だな」という結論が自分的には出ていたんですが(笑)、徒歩でやってきたことで、実家までの行程を体が覚えました。何十回と車では通った道も、わりと覚えられない自分なので、この歳になって逆に新鮮なことも多くてただ歩くだけと言ってしまえばそれまでですが、当初想像していた以上に楽しい120kmでした。ただ個人的な一番の収穫は、父とこの半年程度、都度5時間ほどの話をするまとまった時間がとれたことではないかと思います。歩き終わったあとに酒を飲み、仕事の話、家族の話、将来の話を色々とできたのは大きな財産です。次は山にでも登るかーとか言ってますが、また一緒に新しいことにチャレンジできればいいなと思います。

      7
      3
      テーマ:
  • 27 Nov
    • 無題

      Nさんにソースレビューしてもらって毎日こういう(類の)会話をし、システムを良いものにしていけたらと、思った一日。自分の不勉強がよくわかったと同時に、これから関わる人に自分の得たものを少しでも還元していけたらと、思う一日でした。理想的な現実はなかなか訪れませんし、まぁ来ないとも思っています。自分から近づいて行くべく、頑張ります。

      1
      3
      テーマ:
  • 13 Sep
    • これどうするんだろうなーって客観的に見ているつもりの問題について

      今ある、誰も触りたがらない課題について「どうするんだろうね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー」って思いがちだけど、結局なんか問題あるなら自分でなんとかするしかないんじゃないの、と思ってる。組織サイズは、動き出すかどうかには本質的には関係無いかな。ただ、課題解決の為に何をするのか見通した時に、ROI的なところで割にあわないなと思うならその課題はその程度なわけで、それについて口をだすのは周りにいい影響が無いと思う。(自分もここは気をつけないといけないと思う)解決に向かってあれこれやってみて心が折れたら、その時身の振り方を考える感じになると思う。正直、心折れるくらい考えてやったの?って自分に聞いた時「はい」ってなるケースそんなに無いし。まぁいいかって結局思ってるんだよね。多分。

      1
      テーマ:
  • 22 May
    • これからエンジニアを仕事にしようと思っている人へ

      webの業界とかに主に新卒で入ってくる/入ってきた人に向けて。私は、新卒の時、まるでスキルというスキルは無く、健康だったこと以外取り柄はなかったとおもいますが、そこから5年ほど、ひとつの会社で、エンジニアぽいことを仕事にして、ご飯を食べて来ました。私は今考えても「即戦力」ではなかったとおもいます。私みたいな「即戦力」じゃない人がいる一方で、大学時代から沢山コードを書いたり、プログラミングするような環境で、アルバイトをしていたり、独学でアプリをつくったりして、実戦の経験がある、「即戦力」系の人もいます。で、会社に入ると、いろんな仕事がありますが、ここにきて大切だなと思っていることがいくつか明確になってきました。2、3年である程度のレベルに引き上げておきたいと最近思っている2つの能力について書きたいと思います。ひとつは、「きちんとゴールを見定める(洞察/判断)力」。私が思うポイントは、以下のような事になるかなと。・何を実現するべきか、自分の言葉で言えるかどうか・問題が起きた時、解決するべき本質的な課題をきちんと見つけられるか・解決すべき課題に対して、正しいアプローチを取れる/提案できるか以下に書く実装寄りのスキルとはちょっと違う、物事を進めるための「技術」だと思います。これは学生時代に実戦経験を積んでいる人であっても、恐らく入社当時から高いレベルにある人は極めて少ないものだと思います。いわゆる「要求分析」的な所になるので、市場背景とか、会社/組織の状況とかを理解できていればできているほど、精度の高い判断ができるものだからです。もうひとつは当然ながら「問題を解決する技術力」。時間とのトレードオフになったとき、できるできないの判断は個々のスキルセットによるところが大きいです。またこのスキルは経験との掛け算だろうと思います。正しいアプローチあっての手段、なので。これはとにかくやったもん勝ちです。周りにいる、すごいなと思える人たちから盗んでいくのも、良い手段だと思います。ということで、ふと思った大切そうな2つの能力について書いてみました。何ができるようになりたいのか、きちんと自分が成長できているか?というのを振り返るとき、こういう観点から振り返ってみてはどうかと思います。そして散々「正しい」という言葉を使っていますが、私自身、未だにその「正しさ」はわからない事が多いです。日々の経験と自分の仕込みから、少しずつ正解を作っていくことで、近づけるものかなと思うので、自分自身、日々集中して目の前の課題に向き合って行きたいと思っています。

      テーマ:
  • 05 Jan
    • ゲーム感覚でやる

      新年の抱負とかじゃないけど、年末からやってて、わりと精神衛生上、良いなと思っているので、続けたいこと。いろんな制約を、ゲームに捉えるこれだけ。日々そんな忙しいわけないのに、あぁ時間がとか、うわもうめんどくせーとか色々あるなかで、そんな気持ちが一瞬湧いたら、ケツを決めて、あとはゲーム感覚でやっつける。もちろんそんなラフに捌いちゃだめな事も沢山あるだろうけど、そこは大人の判断で。えぇ。きっとやってるひとは自然とやってるし、今更なことだけど、ものは捉えようだし、前向きにできるならそれに越したことはないのでどんなことでも楽しくできたらいいな。楽しくやるほうが周りにも良い影響が出る、気がする。ヒーヒー言いながら頑張るのもいいけど、ヘラヘラしてても結果がでるならそれでもいいじゃない。同じ結果なら後者でいい。そんなことを少し思ったりしています。

      1
      テーマ:

プロフィール

joe

自己紹介:
「夜お米を食べないと痩せる」を実施して約1年で7kg程痩せました。

続きを見る >

読者になる

AD

テーマ

一覧を見る

カレンダー

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

月別

一覧を見る

旧ランキング

このブログは旧ランキングに参加していません。

ブックマーク

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。