四川省高山の野鳥観察(87) 補足 『バライロマシコ』『ワシミミズク』『ヒメサバクガラス』 | joblog2のブログ

joblog2のブログ

健康のために散歩しています 野鳥を追いかけたり山歩き温泉も楽しんでいます 時折ラジコン飛行機も飛ばします 考古学が好きです
写真機はD500 レンズはNIKKOR 80-400mm 基本です

 承前 四川省高山の野鳥観察(86) 黄龍 石灰棚の風景と『チャバネムシクイ』他

 5日目、5月25日紅原・若爾康にて夕方2時過ぎに悪路の影響かシグマの500㎜望遠レンズが故障した。残念ながら予備機がトランクにあり、数時間探鳥は双眼鏡での観察のみとなる。その時の観察野鳥をガイドの中野さんの写真で補足させてもらいます。

 『バライロマシコ』(Pink-tailed Bunting)     初見種

 『ヒメサバクガラス』(Hume's Groundpecker)     初見種

 『ワシミミズク』(Eurasian Eagle Owl)   幼鳥  初見種

 『ハマヒバリ』(Horned Lark)    既見種 南ゴビ砂漠にて観察済

 参考  南ゴビ砂漠鳥見紀行(7)南ゴビ砂漠 湿地 『ハマヒバリ』(2018年6月16日)

 『タイワンヒバリ』(Oriental Skylark)    既見種  北インドで観察済

 参考  インド北部鳥見紀行(54)アグラ(ヤマナー河)『タイワンヒバリ』