三宅島鳥見紀行(1)固有種の宝庫 概要編(2017年5月12日~14日) | joblog2のブログ

joblog2のブログ

健康のために散歩しています 野鳥を追いかけたり山歩き温泉も楽しんでいます 時折ラジコン飛行機も飛ばします 考古学が好きです
写真機はD500 レンズはNIKKOR 80-400mm 基本です

 

 竹芝桟橋を5月12日夜に出航し翌朝5時に三宅島到着 酔い止め薬を飲んで11時半就寝

 天然記念物 絶滅危惧IB類 三宅島を代表する鳥です 『アカコッコ』

 天然記念物 絶滅危惧Ⅱ類 『イイジマムシクイ』水浴中 昨日の雨で森の道には水溜りが

 『センダイムシクイ』に似ています

 天然記念物 準絶滅危惧種 『カラスバト』飛島では昨年秋と今年の春に声だけは聞いていた

 絶滅危惧IB類 『ウチヤマセンニュウ』海岸近くの草むらにいます 沢山いました

 『ショウドウツバメ』

 固有種 『ヤマガラ』の亜種 『オーストンヤマガラ』

 『コマドリ』の亜種 『タネコマドリ』

 三宅島には『メジロ』の亜種 『シチトウメジロ』がいますが、識別は困難とのこと

 参考 『メジロ』識別マニュアル

 嘴が太く長く 識別5の『シチトウメジロ』と判断します

 

 三宅島航路での鳥見です約5時間程度デッキで観察した 此れは『ヒメウ』

 大洗・苫小牧航路では見逃した『コアホウドリ』

 『ハシボソミズナギドリ』

『クロアシアホウドリ』

 『オオミズナギドリ』