Free Writing | 使える英語をモノにする!
2005年11月25日(金)

Free Writing

テーマ:学習メモ
ライティングの力をつける一つの練習方法として、アメリカのピーター・エルボーという人が提唱している"Free Writing"というのがあることを知りました。『TOEFL TEST対策速修ライティング 』という本を読んでいて見つけました。どういうものかと言うと、以下のようなルールに従うそうです。

10分間ペンを止めることなく書き続ける。
急がなくても良いけど休まない。
スペリングや文法上のミスは気にしない。
言葉が出なくなったら、単語を繰り返しても良いから書く。


もともとはネイティブでライティングが苦手な人向けのメソッドらしいですが、日本人の英語のライティングにも効果があるようです。ライティングの課題の前にこれをやると、ライティングで普段よりたくさん書けるようになるようです。参考書では、定期的に練習することを進めていました。ただ、全ての人に効果があるわけではくて、間違いを気にせず書き続ける方には向かないようです。

私は書くほうも話すほうも"流暢さ"に欠けているので、こういった練習方法は良いような気がしています。そういえば、私自身も英会話の前に、適当に英作文をしておくと、会話にスムーズに入れた経験があります。あれはFree Writingの効果だったのかもしれません。

あと、これってスピーキングにも役立つかなとも思いました。自由に喋る、言わばFree Speaking。英会話やスピーチをする前に、とにかく英語で喋り続けておくと、本番でもスムーズに喋れそうな気がします。ただ、一人でこんなことをしているのを見られると、かなり怪しいので、スピーキングの前でもFree Writingをやっておくのが無難かな。


ジョナさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス