毎日DVD最低1本、休日5本ぐらい見ているジェノですが・・・(完全なるヒッキーですw)
今年1番のB旧作品をご紹介。

マザーハウス 恐怖の使者

アザーズ・インシディアスに続くなんていうのでいつもの過大広告かと思ってみていみたら・・・
ラストの感動的な話と伏線の回収に鳥肌物でした。

ベネズエラ映画ということであんまり見たことのない国の映画だったのですが・・・
独特な雰囲気みたいなのはなくよくある引きこもりな怨霊の雰囲気でした。

【ストーリー】

11月11日、11時11分 惨劇の時が刻まれる。

1981年のベネズエラ。
ドゥルセは失業中の夫と2人の息子の4人で、ささやかな生活を送っていた。

11月11日、兄弟が遊んでいた最中の不幸な事故で、弟ロドリゴは亡くなってしまう。
その日の深夜11時過ぎ、家の中で夫ホセは殺され、長男のレオポルドがこつ然と姿を消す。

彼女は警察に逮捕され、夫と息子を殺害したとして終身刑を言い渡される。
2011年11月―30年ぶりにドゥルセが保釈され、自宅である家に戻ってきた。

保釈された老女のカウンセリングを担当することになった神父は、30年前の事件の謎に迫っていくことになる・・。

【感想】
これは初見時はネタバレ見てはいけません。
見た後わからなければネタバレサイトを見ましょう。
アザーズを見たことある人ならわかると思います。

ただ・・・ネタバレを見たあとに見返すと作品の奥深さがさらに深まります。

ホラーとしてみると・・・
怖さはないので物足りないかもしれません。

どちらかというとミステリー要素が強いです。

ただ・・・ここでやめたらジェノバリズムではありませんww
ネタバレします











【ネタバレ】
この映画の凄いところは3つの時間軸が交差しているところ。
その節々に時間交差による影響が少なからず現れています。
初見で見つけることは不可能に近いです。

簡単に話を整理すると以下にのようになります。

1981年
4人家族。父・母・兄レオ・弟ロドリゴ
兄弟は遅くまで遊んでいたため母親から兄だけ怒られます。
弟は母親と寝てるだのなんだの文句をいうのですが、最後に母親からパワーストーンをもらいます。怖くなったら握り締めなさいと。。。

このパワーストーンが最重要になります。

その夜
母と父が夫婦喧嘩をします。
その後母はしまっていた手紙を読むのです。(これ重要)

父が出て行ったあとに何者かがドアを激しくノックする音が聞こえます。
母は見に行きますが結局誰もいませんでした。

翌日
警察が家を調べに来ますが特に怪しいところはありません。
しかしレオは女性にあったといいます。
その女性は弟と遊んではいけないといっていたと(これ重要)

その女性からもらった手紙を母にわたします。
その手紙には「夫が子供を殺す」と・・・

数日後
女性から忠告されたことを忘れレオは弟と遊んでいました。
夫婦仲は先日の手紙の件もあり悪くなっていきます。

母はこの家を疑い占い師を呼びます。
いろいろ言い当てるのですが、胡散臭さ満載の盲目のおばあさん
特に彼女が何かをすることはなかったのですがw

レオは弟がデートしているのを発見。
弟は彼女にパワーストーンを上げます。(これ重要)


あれ?兄にわたしたやつ弟にも渡してたんだーって思うのですが・・・実は・・・

弟がイチャイチャしているのを見て気に入らない兄は
野球でフルスイングした打球が弟に直撃・・・
弟は死んでしまうのです(ここ重要)

1981年11月11日 弟の葬式
葬儀が終わるとみんないなくなりマリオという少年だけが残ります。
レオは僕の兄弟は君だけになった。ずっと一緒にいてくれという。
マリオは当たり前だと(ここ重要)

この日の晩事件は起こります。

現在2011年
神父が家の歴史を調べます。
100年前。この土地に特別な力があるらしく、それを目的に家が建てられたと。
そこに住み人はことごとく行方不明になっている。

そして2011年11月11日11時11分11秒
すべてが解き明かされる・・・
老婆の前におじいさんが現れる・・・

ここからクライマックスまでが凄いです。
3つの時間軸が無理なく交差します。
①2011年11月11日
②1981年11月11日
③1981年11月11日の数日前(不審者が侵入した日)

老婆の前で葬儀が行われる。
父が母の手紙を見つける。

そこにはレオの実の父親からの手紙で息子の名前は自分の名前をつけてほしいというものだった。
またレオの実の父親は病気で亡くなっていました(ここ重要)

これを見た父は激怒して子供を殺しにいくわけです。
いきなりですかww
そんな様子なかったのに・・・
元光ゲンジの大沢の気分ですかね?

レオは弟と再会します。不審者が侵入した日だと思われるので幽霊ではなく実の弟。
レオは弟に母からもらったパワーストーンを上げるわけです。

ここで弟が彼女にパワーストーンを上げたのとつながるわけですね。
ちなみに弟の葬儀の時に弟の彼女はパワーストーンを持っていて

レオも持っていたので同一のパワーストーンが存在しているということに・・・

レオは弟にあったあとに下の次元(葬儀の夜)に戻ります。
父は手紙を見て逆上中のため襲い掛かってきます。

過激な夫婦喧嘩の最中にさらにもうひとつの次元がつっこんできます。
老婆は弟と遊ぶなというのですが今回は3日だけ我慢しろと追加されています。(これ重要)

老婆はレオも弟もしなないようにいろいろ考えるわけです。
ちなみにナイフを持ったおじさんは2071年のレオなのです。
そのナイフで父を殺してくれと・・・
さらに12歳の時に心臓病で死ぬので未来につれて帰ってほしいと・・・
は?な老婆ですがパワーストーンを見てレオだと核心するのです。

つまり・・・
夫を殺したのは老婆でレオを連れ去ったのも老婆というわけですね。


いよいよエンディング・・・
現在2011年に戻ってきた老婆は神父にすべてを打ち明けます。
レオを神父に託すことに・・・

神父はレオと再開すると握手を交わす・・・
そう・・・葬儀の時にいたマリオだったのです


レオが神父に弟に会いたいというときっと会えるといいます。
家から出るときに神父は子供をつれているので警官に捕まります。
神父は正直に囚人の息子で過去からきました。孤児院で育てますがいいですか?というと
一人は笑っているけど一人はまじめに聞いていました。

たぶんこの人昔遊んでいた友達なんでしょうね

いつも男4人と女2人で遊んでいて
マリオ以外の男というと・・・

黄色いバンダナの子
母親が捕まるときにもいたこの子だと思われます。

女の子一人はどこいったんだよって話ですがww

そして最後に弟の彼女と再会するのです。

胸にはパワーストーンが・・・

・・・つまり弟はいないのではないかと・・・
1回目の忠告の時レオは忘れて弟と遊んで死んでしまいました。
2回目は3日だけでいいといわれました。その結果はわかりませんが・・・
神父がきっと会えるという回答だったので、これはレオと同じく奇跡は起こる。
いつか会えるよという意味だと感じました。


ここまで混ざりあったタイムスリープなので何も考えないでみたら???で終わり
そうなんだ・・・で終わりますが・・・
タイムスリープ物が好きな人にとってはかなり楽しめる作品になってると思います。