ピティナコンペに参加された生徒さん二人 | 滋賀県守山市中川純子ピアノ教室

滋賀県守山市中川純子ピアノ教室

滋賀県守山市でピアノ教室をしています。
日々の出来事や、レッスン内容のことを書いています。
未就園児さんから、音高、音大受験生まで対応させていただいております。音楽の楽しさ素晴らしさを感じていただけるレッスンです。

 

ピティナコンクール真っ最中ですね。

 

 
今年、当教室からは、お二人が挑戦されました。
お二人共、去年からレッスンに来られています。
ひとりは、☆音楽教室から移ってこられた
hちゃん。
 
もうひとりは、ピアノが初めてのsちゃん。
 
そう、お二人共が初ステージです。
 
とても、ハイレベルなコンクールの参加と
いうことで、ご本人はもちろん、お母様方も
緊張の連続ではなかったかと思います。
 
 
数日前に行われたコンペでとても上手に
弾いたhちゃん。
 
まさかの通過ならずでしたあせるあせる
 
受けた地区では、予想するに、
 
本選を狙われている方が多く、早く予選を
済ませて本選の曲に取り掛かりたいとの意向で
早い時期のコンペに申し込まれた方ばかり
だったのではないかと思います。
 
皆さんが素晴らしい演奏でした。
 
hちゃん、残念。
僅差でした。
 
ご自分の中で、かなり落ち込まれたことかと
思いますが、 
コンペが終わってからのレッスンでは
そういった素振りは見せず
笑顔で接してくれました。
 
練習もよくしてきて、コンペでの経験が
生かされているなぁと感じました。
 
お母様もいい経験になったし、
ピアノの練習の仕方も変わってきました!
と前向きに、おっしゃっておられました。
 
hちゃん、悔しい思いをバネにして、
また頑張ってね音譜
 
 
 
 
そして昨日催されたコンペでは
 去年4月から習いにこられている
小学一年生sちゃんが、挑戦され
 
通過しましたドキドキドキドキ
 
おめでとう。
 
お写真お顔出し、了承済みです
 
去年の6月にはドレミの音だけで弾いていたのに
かなりの進歩だね合格合格
 
でもsちゃん、レッスンの時
コンペの曲を弾くまでかなり時間を要したんです。
 
なかなか弾こうとしない。
 
完全に弾かないとだめだという気持ちが
強かったのでしょう
 
 
また、テンポが定まらなかったり、
メロディとなるフレーズが歌えなかったり、
音が浮いてしまったりと、
 
マイナスの要素が多かったのですが、
 
ひとつひとつ丁寧にお母様と一緒に、
クリアされていく過程を見ることが出来ました。
 
本当にお母様のフォローが素晴らしい!
 
ブルー音符出来ない所を何回も弾く。
 
ブルー音符リズムを変えて練習する。
 
ブルー音符スローモーションで弾く。
 
ブルー音符ピアニッシモで弾く。(音質を均一にするため)
 
ただ指だけを動かすのではなく、
弾けるようになるためにはどうしたらいいのか、
 
また、どのような音を出せばいいのか。
考えて弾くということをされました。
 
 
この1週間でかなり伸びられたと思いますが
 
なかなかレッスンに来ての1回目が、
上手くいきません。
 
 
出来ているのに、気持ちが萎えてしまう。
といった状態だったのですが、
 
本番では強かった。
 
良く弾けたね。
 
多分、お母様の
言葉掛けが効いたということもあります。
 
 
チューリップオレンジいっぱい練習してきたのだから大丈夫。
 
チューリップオレンジどうぞ皆さんお聴きくださいとアピールして。
 
チューリップオレンジ自信を持って。
 
チューリップオレンジ楽しんで弾いてね。
 
チューリップオレンジ強い気持ちでね。
 
と。
 
 
 
審査の先生お二人に8.3という点を頂き、
嬉しいです!
 
本選に向けて、今日から頑張られている様ですラブラブラブラブ
 
by  junko
 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村