芯のある音とは? | 滋賀県守山市中川純子ピアノ教室

滋賀県守山市中川純子ピアノ教室

滋賀県守山市でピアノ教室をしています。
日々の出来事や、レッスン内容のこと、趣味のガーデニング等々を更新していきます♪
未就園児さんから、音高、音大受験生まで対応させていただいております。音楽の楽しさ素晴らしさを感じていただけるレッスンです。


テーマ:

レッスンのとき

 
「もっと芯のある音で弾いてね」
 
とよく言います。
 
 
 
以前高校生男子からちょっとムカついた感じで、
 
「芯のある音って、どういうことなんですか?」
 
と質問されました。
 
うーんショボーンたしかに抽象的な表現で分かりにくい
ですよねブルー音符
 
 
この芯のある音とはどういうことなのか、
またどうすれば弾けるのかキラキラキラキラ
 
 
芯のある人  は分かりますでしょうか?
 
1本筋が通った人キラキラ
 
しっかりした人キラキラ内面に秘めたる何かを
持っている人。キラキラ
 
かな?
 
表面的な強いということでははないような
気がします。
 
で、それを音で表わす芯とは、
 
上部だけのふわっとした音
を出さない音譜ドキドキ
 
p ピアノは透き通った音を遠くまで飛ばすむらさき音符
 
fフォルテは厚みのある豊かな音ブルー音符
 
指先を鍵盤に固定して、腕の力を抜き、
息をして、吐くのと同時に瞬間的に鍵盤を捉えるむらさき音符
 
 
言葉で表わすとこうなりますが、
 
実際に弾くのは難しいですね。
 
自分の耳で音をよおく聴いて何回も
トライして下さいネラブラブラブラブ
 
by  junko
 
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
 
 
 
 

jnpianolessonさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ