曲の感情移入 | 滋賀県守山市中川純子ピアノ教室

滋賀県守山市中川純子ピアノ教室

滋賀県守山市でピアノ教室をしています。
日々の出来事や、レッスン内容のこと、趣味のガーデニング等々を更新していきます♪
未就園児さんから、音高、音大受験生まで対応させていただいております。音楽の楽しさ素晴らしさを感じていただけるレッスンです。


テーマ:
発表会でショパンを弾きたいと
言っている小学生さんがいます。
 

ロマン派のショパンやシューマンなどは、

楽譜を見て、型通りに
弾くだけでは、無味乾燥な演奏に
なってしまいます。
 
曲の中に入り込んで、感情移入して弾く
ことで、聞く人に感動を与えていくん
ですね
 
この感情移入は、左手のテンポは正確にして
メロディを歌いながらも、
揺らすことで出来てくるのですが、
 
やはり、子供たちには難しく、
師事している先生に言われた通りの
揺らし方で、そのまんま
演奏してしまいがちです
 
年がいって、人生の酸いも甘いも
知った上での演奏は、ここでこう揺らそうと
自分の意思でテンポルバートが出来ます。
 
また、それが嫌味にならず、自然な
揺らしかたになり、
心地よい演奏に聞こえます。
 
色々と人生経験を積むことで、
曲の表現方法も自分なりに
解釈して、自分の演奏を
伝えていくことができるようになるんですね
 
 
そういった意味で、子供達がロマン派の
曲を弾くのは、大変ですよね汗
 
でも、これから年を重ねていくうちに、
作曲家の意図していることが、
分かってきますし、それがわかれば、
どういう風にテンポルバートすれば良いのか
も分かり、素敵な演奏が出来るように
なってきますよ
 
by  junko
 

jnpianolessonさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス