防衛省は17日、自公政権下でまとめた組織改革案の見直しに向け、北沢俊美防衛相ら政務三役と有識者による懇談会の初会合を開いた。北沢氏は(1)自衛官の内局幹部への登用(2)内局と自衛隊の防衛力整備部門の一元化-を柱とした同改革案について「前政権のものを否定するのではなく、大きな教訓として、新たなものを作りたい」と述べた。
 有識者は、五百旗頭真・防衛大学校長や森本敏・拓殖大大学院教授らが出席した。会合では「内局と自衛隊は異質であり、一つに融合するのは無理」との意見や、シビリアンコントロール(文民統制)について「(自衛官の)政治関与についてルールを作る必要がある」との指摘が出された。 

【関連ニュース】
陸自連隊長発言、処分含め検討=北沢防衛相

目の特徴逃さず 上野の雑踏で手配の男逮捕(産経新聞)
「幹部メモでの結論誤り」=沖縄回復費の肩代わり-元記者西山氏(時事通信)
河合誓徳氏死去(陶芸家、日本芸術院会員)(時事通信)
スカイマークに特別安全監査=整備、運航、経営の全般-前原国交相(時事通信)
天皇陛下 東ティモール大統領と会見(毎日新聞)