JNEXT司法書士事務所のブログ 池袋新宿 相続・遺言書・認知症対策・終活

JNEXT司法書士事務所のブログ 池袋新宿 相続・遺言書・認知症対策・終活

池袋のJNEXT司法書士事務所と申します。
相続といえば日本一と言われる様、日々精進してまいります。

みなさん、こんにちは!司法書士の落合です。

 

本日、第2回目の終活コラボセミナーを池袋で開催しました。

 

今回は有料媒体を使わず、SNSのみで参加者を募集しましたが、9名の方にご参加を頂きました。

 

 

ご参加頂いた方の多くは30代~40代と終活にはまだ早いと思われる世代の方でした。

 

それだけ若い世代にも終活への関心が広まっているということはすごく感じられます。

 

内容自体は第1部で終活全般の話しを植咲講師が、第2部で私が相続に関する話しをさせて頂きました。

 

 

 

セミナー終了後は、参加された方から相続に関するご相談をしたいと言って頂き、このセミナーを開催した意義があったのかなと感じています。

 

また、近いうちに植咲講師とコラボセミナーをやれればと考えておりますの、ご興味がありましたらご連絡ください!

 

私自身も終活協議会さん主催の終活ガイド検定を中心に月に何回かセミナーを開催することを予定していますので、こちらも是非♪

ちなみ次回は12月17日(水)13時30~新宿で開催致します。

お申込みは終活協議会さんのHPの終活ガイド検定のページからできます。

http://concierge.omoi.co.jp/

 


 

JNEXT司法書士事務所

司法書士 落合 康人(おちあい やすひと) 

 

住所:東京都豊島区東池袋3-23-13 池袋KSビル7F

※池袋・サンシャインシティの近くにございます。

TEL:03-5951-7141 (電話でのご相談は無料で承っております!)

FAX:03-3590-1865

HPはこちらです↓

https://www.legal-jnext.com/

Mail:ochiai@z-jnext.jp

 

みなさん、こんにちは!司法書士の落合です。

 

第2回目の終活コラボセミナーの開催日が一週間を切りました。

 

すでに何人かのお申込みも頂いておりますが、少しでもたくさんの方に参加して頂ければと思い、これで最後の告知とさせて頂きます。

 

タイトル:終活初心者でもすぐわかる相続・遺言セミナー

     ~家族が円満相続するために今できること~

日時:2019年12月4日(水)午後13時30分~16時30分

場所:豊島区西池袋2-37-4 IKE Biz6階第2会議室

参加費:2,000円

定 員:20名

 

「セミナー内容詳細」

〜第1部〜 終活セミナー講師 植咲えみ

終活をはじめるときにまず知っておきたい5つのポイント 

1.そもそも終活って何だろう

2.終活のはじめは自分の身体のことを考えよう

3.よく分からない介護や介護施設についてプロが教えます

4.認知症にならないための予防最前線

5.失敗しないお葬式とお墓選び

〜第2部〜 司法書士 落合康人

相続で困らないために聞いておきたい5つのポイント  

1 相続対策っていつ頃からはじめるの?

2 知っていますか?法定相続人

3 認知症になる前にやっておくべきこと

4 遺言書QA

5 相続案件の実例をご紹介

セミナーは2部制で行います。

1部では植咲講師が終活全般に関するお話しを、2部では私が相続についてお話しいたします。

 

植咲講師は、私から見ても終活の知識が豊富で講義を聞くたびに関心させられる内容を聞くことができます。

 

私自身も相続の専門家として、数多くの相続案件を扱っており、おかげさまで様々な場所で相続セミナーをさせて頂いています。

 

これから終活のことや相続対策を始めようとお考えの方でもわかりやすくお話しをさせて頂きますので、お気軽にご参加ください♪

 

また、私のセミナーの中では実際にあった相続案件の実例をお話しします。

相続の基本的なところから、実際に皆さんがどのような相続対策をしているのか、参考にして頂けるのではないかと考えています。

 

さらに、セミナーにご参加して頂いた方の特典として、終活や相続について無料相談をお受けいたします!

 

お申込みはこちらから↓

http://www.kokuchpro.com/event/a32d1080bcbf7c9da318df65c96cee03/

 

もしくは直接私の下記メールアドレスにご連絡を頂いても構いません。

ochiai@z-jnext.jp

 

皆様のご参加お待ちしております♪


 

JNEXT司法書士事務所

司法書士 落合 康人(おちあい やすひと) 

 

住所:東京都豊島区東池袋3-23-13 池袋KSビル7F

※池袋・サンシャインシティの近くにございます。

TEL:03-5951-7141 (電話でのご相談は無料で承っております!)

FAX:03-3590-1865

HPはこちらです↓

https://www.legal-jnext.com/

Mail:ochiai@z-jnext.jp

 

みなさん、こんにちは!司法書士の落合です。

 

以前のブログで遺言書の作成事例として書かせて頂きましたUさんのことを覚えていらっしゃいますでしょうか?

(詳細は8月に記載しました「終活で関わった遺言書作成の話(Uさん編)」を見てください)

 

公正証書遺言を作成するため、公証役場の手続きを行ったのが今年の1月の話しでした。

先日のブログでは遺言書完成までの話しをさせてもらいましたが、今回はその後の話しです。

 

Uさん自身、現在も一人で生活をされていて、身の回りのことはすべてやっております。

 

しかし、パーキンソン病が原因と思われる症状については、やはり少しずつ進行しているようです。

Uさんのことを以前から気にかけている方(Dさんと呼びます)から、Uさんの将来の財産管理のことなども考え、任意後見契約を作成できないかご相談があったのが、夏ごろの話しでした。

 

1月に遺言書を作成して以来、私もUさんのことは気にかけていましたが、中々お会いする機会がなく、今回は任意後見契約作成のため、半年ぶりにUさんにお会いすることにしました。

 

お会いする前に、ここ半年の間のUさんのことをDさんからお聞きしました。

家事や身の回りのことなどをしてもらうために、週2回のデイサービスを頼んだらしいのですが、Uさんからしてみたらかえって迷惑だと感じていたようで、結局デイサービスの話しは無くなってしまったとか、医者からもらった薬を飲んでくれないとか、もの忘れの症状も進行しているようだとか、周りからみると心配なことばかりです。

 

また、任意後見契約を作成するにあたり、誰が任意後見人になるのかといったことも考える必要があります。

Dさんは当初、私に任意後見人になってもらえるものだと思っていたようですが、Dさんの性格や今までの経緯を考えるとやはり後見人に一番ふさわしいのは現状ではDさんしかおらず、私からDさんに任意後見人になって頂くよう話しをしました。

 

その際に任意後見契約が実際に発動する時は、必ず任意後見監督人といって任意後見人を監視する役目の方を選任する必要があるのですが、任意後見契約書の中に任意後見監督人の希望を記載することができます。

(あくまで希望なので、実際に家庭裁判所が別の方を選任する可能性はあります)

私を任意後見監督人として希望する旨契約書に記載して頂き、その希望通り私が任意後見監督人に選任されれば、Dさんをサポートできますので、そういった話しもさせて頂きました。

 

Dさんも任意後見人という立場がどういうものなのか分かっていないこともあり、最初はだいぶ悩んでおられましたが、最終的にはご自身が任意後見人になることを決断してくれました。

 

ここまで話をつめて、実際にUさんのご自宅に伺い、任意後見契約作成の話しをすることになります。

 

今回はここまでにさせて頂きます。

次回は、Uさんに任意後見契約の説明から公証役場まで行った経緯についてお話しいたします。

 

みなさん、こんにちは!司法書士の落合です。

 

先日、JNEXT司法書士事務所のHPに自筆証書遺言の記事をアップしましたが、今回は公正証書遺言の記事をアップしました。

 

内容は、

「公正証書遺言6つのポイント!自筆証書遺言との違いや作成手順を解説」

ということで公正証書遺言作成のポイントを中心に記載しております。

 

 

また、公正証書遺言に関連した以下の目次の内容についても書いております。

 

民法改正で自筆証書遺言の要件が緩和されて、以前より自筆証書遺言が書きやすくなったとしても、実際実務では公正証書遺言の需要があることも事実です。

自筆証書遺言と公正証書遺言の記事を読んで頂き、それぞれのメリット・デメリットなどを理解して頂き、ご自身に合った作成方法を選択して頂ければいいのかなと考えています。

 

記事自体は事務所のHPに入って頂き、「メディア」の部分をクリックしてください。

そちらに記載しております♪

https://www.legal-jnext.com/

 

また遺言書に限らず、相続全般のご相談も随時受け付けております。

お気軽にお問合せください。

 

 

みなさん、こんにちは!司法書士の落合です。

 

いよいよ第2回目の終活コラボセミナーの日にちが迫ってまいりました!

 

タイトル:終活初心者でもすぐわかる相続・遺言セミナー

     ~家族が円満相続するために今できること~

日時:2019年12月4日(水)午後13時30分~16時30分

場所:豊島区西池袋2-37-4 IKE Biz6階第2会議室

参加費:2,000円

定 員:20名

 

「セミナー内容詳細」

〜第1部〜 終活セミナー講師 植咲えみ

終活をはじめるときにまず知っておきたい5つのポイント 

1.そもそも終活って何だろう

2.終活のはじめは自分の身体のことを考えよう

3.よく分からない介護や介護施設についてプロが教えます

4.認知症にならないための予防最前線

5.失敗しないお葬式とお墓選び

〜第2部〜 司法書士 落合康人

相続で困らないために聞いておきたい5つのポイント  

1 相続対策っていつ頃からはじめるの?

2 知っていますか?法定相続人

3 認知症になる前にやっておくべきこと

4 遺言書QA

5 相続案件の実例をご紹介

セミナーは2部制で行います。

1部では植咲講師が終活全般に関するお話しを、2部では私が相続についてお話しいたします。

 

終活につきまして、これから始めようとお考えの方でもわかりやすくお話しをさせて頂きますので、お気軽にご参加頂ければと思います。

 

また、私も実際にあった相続案件の実例をお話しします♪

皆様の相続対策の参考にして頂けるのではないかと考えています。

 

セミナーにご参加して頂いた方の特典として、終活や相続について無料相談をお受けいたします!

 

お申込みはこちらから↓

http://www.kokuchpro.com/event/a32d1080bcbf7c9da318df65c96cee03/

 

もしくは直接私宛にメールを頂いて構いません。

ochiai@z-jnext.jp

 

皆様のご参加お待ちしております♪


 

JNEXT司法書士事務所

司法書士 落合 康人(おちあい やすひと) 

 

住所:東京都豊島区東池袋3-23-13 池袋KSビル7F

※池袋・サンシャインシティの近くにございます。

TEL:03-5951-7141 (電話でのご相談は無料で承っております!)

FAX:03-3590-1865

HPはこちらです↓

https://www.legal-jnext.com/

Mail:ochiai@z-jnext.jp

 

みなさん、こんにちは!司法書士の落合です。

 

今日と明日の二日間、札幌に出張に来ています。

 

出張に来た理由は、次回のブログでお話しできればと考えています。

 

本日は、夕方に札幌に着くような感じで東京を出発しました。

 

新千歳空港は雨が降っていました。

 

16時くらいに札幌に着き、本日は明日の件で事前に打ち合わせがてら、札幌でも有名な回転寿司に連れてって頂きました。

とても美味しかったです(^^)

(写真は取り忘れました(^^;)

 

19時すぎくらいに宿泊場所に入り、時間もまだ早かったので、札幌の町を散歩がてら歩いてきました♪

以前、北海道でも別の場所に行ったことはありましたが、実は札幌は今回が初めてです。

 

札幌は数日前に雪が降っていたようで、ところどころ雪が積もった場所もありましたが、今日の夜は札幌のこの時期にしては比較的気温が高く、散歩していても気持ちが良かったです!

 

 

札幌の夜の街もキレイですね(^^)

 

明日の夜には東京に戻る予定ですが、明日も仕事ではあるものの昼の札幌の風景を見れるといいですね(^^)

 

みなさん、こんにちは!司法書士の落合です。

 

本日は、稲城市教育委員会主催の相続セミナーの講師を務めてまいりました。

 

 

この講座は60歳以上の方を対象とした、全7回からなる講座で本日は第3回目になります。

今回の題目が「相続と遺言書」の知識ということもあって、私が講師を務めさせて頂きましたが、それぞれ回ごとに講師は違うようです。

 

なお、前回は「医療と介護」、次回は「エンディングノート」が題目となりますが、私の回も含めたこの3回分は、私と同じ終活協議会さんの終活ガイド上級の方が講師を務めます。

 

この3回の題目は「終活」に絡んでくる話しにもなりますので、終活協議会さんの認定グループとして活動している「公的セミナープロジェクトチーム」のメンバーからご紹介を頂き、講師をさせて頂く流れになりました。

 

 

なお、市の担当の方からは一から相続を学びたい方向けに資料を作成してほしいと頼まれていたため、私も初心に帰って資料作りをしています(笑)

 

本日は18名の方にご参加を頂きましたが、専門用語も多く難しい話もあったにもかかわらず、皆さんメモを取られたりして、熱心に話しを聞いてくださいました。

 

参加された方の中には、すでに遺言書を書かれている方も何名かいらっしゃったようで、特に自筆証書遺言の改正について興味を持たれている方が多かったです。

 

本日参加された方が相続対策などに少しでも興味を持って頂き、実行に移していたければ嬉しいです♪

 

 

 

みなさん、こんにちは!司法書士の落合です。

 

昨日、終活協議会さん主催の遺言書セミナーを仙台で行いました。

 

今回は東北を中心に終活協議会さんのコンシェルジュとして活動されている方々が参加くださいました。

どちらからいらっしゃったのかお聞きしたところ、仙台だけではなく、秋田、山形、岩手、福島、中には青森や新潟から来てくだった方もいました。

 

終活協議会さんの本部や支店が東京と大阪にあるので、先月の分も含めて東京と大阪ではすでに3回遺言書セミナーを行っております。

この度、仙台を中心に活動されているコンシェルジュさんがセミナーに参加してくださる方を集めて頂き、仙台開催が実現しました。

本当に有難いことです。

 

仕事でも色々と日本全国に行かせて頂くことはあるのですが、実は仙台に行くのは今回初めてで、仙台に行くこと自体楽しみにしてました♪

 

でも、昨日は日帰りでセミナーを行ったため、ゆっくり仙台を見て回ることができないのが残念です。

 

なお、このセミナーは遺言書を作成することの重要さや知識を学んでもらうことを目的に行います。

遺言書の話しだけで4時間かけて行いますので、内容の濃いセミナーです。

資料はすべて私の手作りですが、80ページ近いものとなっています。

 

セミナー自体も15名の方にご参加頂き、東北でも遺言書のことを学ぼうと思ってくださる方がたくさんいらっしゃって、私自身も講義に力が入ります!

セミナー終了後は、参加して頂いた何名かの方と懇親会を行いました。

東北の方々は結束が強く、終活も含めた企画を色々と考えていらっしゃっていて、すごく勉強になりました(^^)

 

遺言書セミナーは今年度分は終了しましたが、来年以降も東京等でも定期的に行う予定です。

また、セミナー開催のご希望がありましたら承りますもので、ぜひご連絡ください♪

 

私自身の今後のセミナーは、11月14日(木)に稲城市の公民館で60歳以上の方を対象に相続と遺言書のセミナーを行います。

11月27日(水)は、新宿で終活ガイド検定、12月4日(水)は池袋で相続や遺言書のセミナーを開催します!

 

稲城市の方は参加される方はすでに決まっておりますが、新宿と池袋のセミナーは、まだまだ参加される方を募集していますので、ご興味がありましたらご連絡ください!

 

みなさん、こんにちは!司法書士の落合です。

 

本日は、民事信託セミナーに参加してきました。

 

先日のブログで、認知症対策の話しをさせて頂きましたが、認知症対策の一つの方法として民事信託が活用されることがあります。

 

私自身、2年前くらいにも民事信託セミナーに何回か参加したことはありますが、その当時は民事信託の勉強を始めたばかりで、今いちよく理解できないまま講義が終わってしまった印象があります。

 

したがって、民事信託を活用する機会がないまま時だけが過ぎてしまいましが、ここにきてたくさんの方のご相談を受けて、改めて認知症対策が必要だということと、そのためには民事信託もきちんと理解しておく必要があると考えて、久しぶりにセミナーに参加することにしました。

 

前回のセミナーから今回のセミナーを受けるまでの間も自分なりに勉強はしてきましたので、民事信託の知識はだいぶついてはいたとは思いますが、最近の情報を知りたかったですし、まだまだ不明な点等もありましたので、そのあたりの知識も含めて勉強できればいいなと思っています。

 

セミナーの内容自体は、基本的なところから実践的な話しがあり、民事信託の有用性や今後の課題なども講師の先生がきちんと話しをしてくれてとても勉強になりました。

私が特に理解をしたかった部分についても、セミナーによっては触れないまま終わってしまうことが多いのですが、今回のセミナーでは触れていただき、とても有意義な講義になりました。

 

また、今回の講師は行政書士の先生だったのですが、話し方もとても丁寧で分かりやすかったです。

私も遺言書や終活のセミナー講師をさせて頂いておりますが、講師という面からみても参考になりました♪

 

今後も他の民事信託セミナーにも参加してみたいと考えておりますが、本日学んだ知識をお客様にはもちろん、終活協議会さんをはじめとするセミナーにおいても皆さんにお話しできればいいなと考えております。

 

セミナーのご希望等あればお問合せください!

 

みなさん、こんにちは!司法書士の落合です。

 

先日、ご両親の認知症対策を行いたいというご相談を受け、お話しを伺いに行ってきました。

 

最近、認知症問題は世間でもだいぶ騒がれていますが、認知症になってしまうと法律的な観点からみても様々な問題が発生します。

例えば

・認知症になったことを銀行が知ると銀行口座が凍結されてしまいます。

・認知症になってしまった親を施設に入れるために親名義の自宅を売却しようと思っていたが、何も対策していないと売却することすらできません。

・賃貸アパートを所有している親が認知症になってしまうと、新しい賃借人との間の契約やアパートの修繕などの契約行為ができなくなります。

・親が経営している株式会社の株式の大半を所有している場合に、親が認知症になってしまうと株主総会を開催することができなくなり、会社の経営がストップしてしまいます。

etc様々な問題が発生します。

 

ご相談を受けるよくあるケースとしては、ご高齢の親を持つ子世代の方々が親が認知症になった場合に備えて対策をしておきたいというケースです。

 

認知症対策としては、遺言書、後見制度、民事信託(家族信託)の活用などが考えられますが、それぞれ事情が違うのは当然ですので、一番ベストな対策ができるように話しをしていきます。

 

子世代の方から見れば、インターネットやテレビなどである程度の情報は知っていらっしゃるので、何とか対策をしたいと考えているものの、親から見ると「自分には当てはまらない」、「そこまでしなくても大丈夫だろう」という考えの方が多く、そこでまずギャップがあります。

 

先日ご相談を受けたケースも、お父様も一生懸命、私の説明を聞いてくださいましたが、専門用語も多く、初めて聞く話しも多くありましたので、一度のご説明で前向きには考えてもらうことはやはり難しいです。

 

もちろん、それは承知の上ですが、ここで終わってしまうとこの話しも自然消滅してしまいますので、今後は家族の方々が辛抱強く話し合いを続けてくださることも必要となりますし、私を含めた専門家もサポートしていくことが重要となります。

 

また、こういった話しを家族同士ですることは中々難しいということも正直あります。

 

でも、将来認知症になった後のリスクを考えるのであれば、少しでも早くお元気なうちに対策をしておくことにより、そのリスクも少しでも減らすことできますし、一度こういった話し合いをすることにより、家族がお互いどういう風に考えているのかを知るいい機会でもあると思いますので、現在認知症対策をお考えの方がいらっしゃいましたら、ぜひご相談ください!

 

ご相談は無料で受けております♪