こんにちは。

性格統計学をもとにした

人間関係研究家の稲場真由美です。

 

昨日、NHK BS1で夕方5時から、

とても興味深い番組が放送されていました。

 

タイトルは

アスリートの魂

「勝利へのコミュニケーション カーリング SC軽井沢クラブ」

 

今日は、この番組をもとに、さらに深堀り分析したいと思います。

 

image

 

内容は、番組紹介の記事から引用いたしますね。

 

国内敵なしの強さを誇るSC軽井沢クラブの悩みは「練習相手がいない」こと。

そこでピョンチャン五輪を控えた去年秋、これまでにない3か月の武者修行に挑んだ。

修業先はカーリング大国・カナダ。

ところが、自慢の精密ショットがなぜか決まらず、格下の相手にも歯が立たない。

あせりが募る中で見つけた課題は、チームの原点「コミュニケーション」だった。

試練の日々を経て、さらなる成長を遂げたSC軽井沢クラブを見つめた。

 

======================

 

んっっ?

カーリング?

勝利へのコミュニケーション?

 

夕飯の支度をしていた私は思わず手を止めて見入った。

うーん、観たい。

でもなぜ、こんな時間に。。。

 

皆さんは「録画すればいいのに…」と思われますよね。

でも我が家には「録画しても、どうせ見ないでしょ」ということで、録画装置がない。

 

うすうす不便さを感じていた私。

とりあえず、メモを取り、写メしながら、視聴する私。

 

======================

 

●カーリングのルール

 

カーリングは、氷上で行われるウィンタースポーツ。

4人ずつ2チームで行われ、

目標とする円をめがけて各チームが交互に8回ずつ石を氷上に滑らせる。

 

 

{1954D544-D14E-4513-B5C4-C2A9D8E1E94D}

 

各エンドでは、リード・セカンド・サード・スキップの順に1人2投ずつ、

各チームが1投ずつ交互に投げる。

スキップは自分が投げるとき以外は、ハウスから投げる位置の指示を出す。

スキップが投げる時はサードがその役割を代わって行う。
試合中ハウスに入れるのは、スキップとスキップが投げる時のサードのみである。

 

つまり指示する人と、指示を受けて投げる人がいて、

このコミュニケーションがとても重要なスポーツなのだ。

 

=====================

 

 

番組は、チームの要である両角友佑選手を中心に構成。

両角選手は、数々の実績を持つ大変優秀な選手。

 

 

チームメンバーは、

指示を出す両角選手の言うとおりに

確実にハウスに投げ込まなくてはならない。という状況。

メンバーのインタビューでもそれが伝わってくる。

チームメンバーは、必死についていっていて

以前は、かなりトップダウンで成り立っていたチームの印象。

 

そんな中で、チームリーダーの両角選手が

「今のままではいけない」

と、コミュニケーションができていないことに気づいたそう。

 

 

{836102D7-A5CB-4C66-A693-1DEE200714F5}

 

「自分がわかってるから大丈夫じゃなくて」

 

{20126423-2C3F-478D-981C-C77DD673A7A2}

 

「そのぐらいのコミュニケーションが必要なのかな」

 

{35542EB9-07E9-44E6-9935-FA18C5367EEB}

 

「やっていないことをやらない限り、プラスになるものはない」

 

{11F17866-EBE4-4A9F-8381-6328B71030D1}

 

「今の自分たちが作れる最高のチームになっていればいいんじゃないか」

 

両角選手は、このような経緯でメンバーとのコミュニケーションの増やしていったそう。

 

 

 

 

●性格統計学の相関図で分析すると

 

パワーバランス

 

性格統計学には、ビジョン、ピース、ロジカルの3タイプがあって、
それぞれのタイプはまったく違った価値観を持っているとし、

その3タイプには、パワーバランスがあるとしている。

 

軽井沢SCのチーム構成は、両角友佑選手がビジョンで、後の全員がピース。

両角選手から、チームの3人には意見が通りやすい関係。

だからトップダウンが強くても不満にはいたらなかった、と考えられる。

 

ただピースタイプの人たちは、

共有や共感をとても大事にする人たち。

トップダウンが続くと、疲れてきて、

あるときプツッと糸が切れてしまうこともある。

「ありがとう」「君のおかげ」など、日ごろから感謝やねぎらいの言葉が大事。

 

 

{3E0DB934-61E8-4C43-A233-9F9EEBA64A40}

 

 

 

 

 

 

指示のだし方・受けとめ方の違い

 

次に、目標計画の立て方や、行動パターンという角度で見ると、

図で表すように、メンバー内で伝え方・受け止め方が違う。

この違いが、コミュニケーションにおいて大きなズレを生じさせる。

 

 

{9609BF4C-9347-4E38-A18D-EE5C442FCD50}

 

 

 

 

 

試合で指示を出すスキップの両角選手と、サードの清水選手が、

2人ともフレキシブル。

感覚的な話し方になりやすい傾向。

 

セカンドの山口選手とリードの両角(公)選手、

そしてリザーブの平田選手もプランニング。

できるだけ具体的に知りたいタイプ。

 

 

{7D195190-C295-4542-95DA-C9EADBFE3EE5}

 

 

氷の滑り方ひとつを例にとっても

フレキシブルタイプの人は、どちらかというと感覚的で、

「結構滑ってるよ」「いい感じだよ」とか、になりやすい傾向。

 

対するプランニングの人は、シミュレーションをきっちりしたいから

「何秒のアイスで、いつもより〇〇だから、こうしよう!」

と言われた方が、わかりやすく、イメージしやすい。

 

お互いを分かってコミュニケ―ションできるなら

認識のずれを最小限に抑えることができる。

 

「いい感じ」「結構滑ってる」などの感覚的な指示は

「自分はこのくらい」と思っていることが、相手の感覚と違う場合、

大きなミスにつながる危険性があるため、

できるだけ「相手に伝わる言葉」を使って確認することが大事。

 

 

まさしく勝利へのコミュニケーション

 

 

●解説はこちらから

性格統計学とは

こちらから、あなたのタイプが診断できます。

 

 

=======================

 

 

両角選手なりにコミュニケーションを心がけた結果、

今シーズン大きな成果が出ているそうで、

 

軽井沢国際カーリング選手権 2017では

 

 

{355B6D6B-ABB7-450D-921B-3C21250875EA}
 
 
 

スイスチームや韓国チームを破り、

 

 

{47AC3740-9BA3-4370-A0B0-B2A59F2A9AB4}

 

 

{CD2E1EA8-F964-4287-9D2D-45A3FC8BCAA4}

 

 

見事優勝!

 

{DCA9B348-9A03-430F-B0FF-D5D4FDA949D1}

 

素晴らしいですね。

おめでとうございます!

 

=======================

 

コミュニケーションがうまくいくためには、

言葉の使い方が大事。

 

「やっていないことをやらない限り、プラスになるものはない」

「今の自分たちが作れる最高のチームになっていればいいんじゃないか」

 

これは両角友佑選手の言葉ですが、

 

 

その気づきを実践につなげられた勇気が素晴らしく、

平昌オリンピック、カーリングから目が離せなくなっちゃいました。

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

===================

 

●お知らせ

 

近日、電話カウンセリングを始めます。

期間限定で、私もカウンセラーとして参加します。

是非一度、性格統計学をもとにしたカウンセリングをご体験ください。

人間関係がうまくいく方法が、具体的にわかります。

 

「人間関係UP.com」カウンセラーポータルサイトはこちら

電話相談あります。スケジュール・お申込みはこちらから

 

 

 

 

 

AD