2017-08-26 16:10:00

カラベル船見学

テーマ:オーストラリア諸事情

しばらく前にコチラの記事で紹介したカラベル船がまたボーエンに戻ってきました。

今日明日と見学できるということでジィと一緒に行ってまいりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな砲台も付いております。

ていうか15世紀のサイズなんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

中に入って見ましょう。

階段を降りるとこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

ここはメインベッドルームかな?

 

 

 

 

 

 

 

暖炉もあります。

後ろに二つ部屋があってベッドが2つずつ。

 

 

 

 

 

 

ここは一段上のデッキと同じ階にある部屋。

ここがメインなのかな?

 

 

 

 

 

 

 

名前はNotorious

 

 

 

 

 

 

 

15世紀のポルトガルのカラベル船のレプリカを個人で作っちゃうなんですごいです。

作ったご本人と奥様とちょっとおしゃべりしたのですが

リサーチなど準備に4年半、実際の製造に8年費やしたそうです。

一般庶民だとおっしゃってたので尚更すごいというか

思い入れが違うって感じ。

 

 

 

 

 

 

 

ポルトガル船が喜望峰を回って大後悔を始めた頃

実際この船に何人ぐらい乗っていたのか聞いたところ

コロンブスの船に24人だったから20−30人ぐらいとのこと。

ほとんどは甲板で寝ていたそう。

乗組員より食料が大事だし。

 

 

 

鳥くんも見学に来てました。( ´艸`)

 

 

 

 

 

 

マリーナにある他の船と比べても大きくないですよね。

こんな小さな船でポルトガルから世界へ漕ぎ出して

大航海時代の幕を開けたんですね。

なんてこった。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

tripleDさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:無題

>シャンティcocoさん
食糧の方が大事だったそうですからね。
少ないでしょう。
よくこんな少人数で未知の大航海をしたものだと思います。(ノ゚ο゚)ノ

1 ■無題

20名そこそことは、思いのほか少なかったのですね。もっと大人数で航行するものと思っていました。考えたら、食料の量だって半端ないですもんね。少数精鋭になりますよね。-0-;

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。