中国茶研究の旅から帰国しました | 中国&台湾茶 遥かなる銘茶への旅

中国茶研究の旅から帰国しました

昨晩、中国茶研究の旅から帰国しました。


今回は、中国鉄観音茶の茶師を訪ね、製茶に携わることが大きな目的でした。



わたしが愛飲している茶師はここ感徳に茶畑を持ち、鉄観音を作っています。




雨の日には絶対に製茶をしない茶師。


以前訪れたときはすべて雨で、製茶が出来ませんでした。


今回、晴天が続き、やっと製茶が出来ました。


 

わたしの中での製茶は茶摘みも含まれます。


茶葉が違う、出来た茶の特徴が違う、その理由はすべて茶摘みが異なるためです。


仮眠をしながらの夜中の製茶。




朝6時。

 

 

製茶がひと段落したところで飲んだ、鉄観音茶。

 



とても美味しかった。


はじめて茶師が作る鉄観音茶を飲んだ時、今まで飲んだ鉄観音茶との違いがなにかわかりました。

 

 

自分が飲む茶葉を作る茶師とその茶葉を共に飲み語り合い、そして、製茶を共にし、茶葉に対する想いを語り合うことができるのは貴重で、幸せなこと。


実直な茶師が作る鉄観音茶を味わえる幸せを噛みしめています。


小さな村、信号もコンビニもなにもない村。

 

 

生活するには決して便利とは言えないけれど、生きることの幸せを感じることができます。


来年開催します「楽知茶祭」の中で、中国茶研究で訪ねた各地の茶師たちの生活を紹介するセミナーを行う予定です。


ここ鉄観音茶の茶師の住む、伝統的な福建省南部(閩南)の建築や食文化をもご紹介します。


どうぞ楽しみにしてください。



 

中国茶&台湾茶研究家

中国&台湾茶教室―Tea Salon Xingfu  ★★ 主宰 今野純子
 

ご訪問、ありがとうございます♪。

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村