謝謝!Xingfu台湾茶マスターⅠ&中国烏龍茶マスターⅠ | 中国&台湾茶 遥かなる銘茶への旅

謝謝!Xingfu台湾茶マスターⅠ&中国烏龍茶マスターⅠ

先月9月、台湾茶マスター講座Ⅰの2クラスおよび中国烏龍茶マスターⅠが終了しました。


毎月、お忙しい中、元気に楽しみにお越しくださりありがとうございました。

 

 

Xingfuの中国茶&台湾茶講座は中級講座終了後のマスター講座から、台湾茶か中国烏龍茶の選択をし、特化していきます。



 

中級講座で中国茶と台湾茶の基礎を学び、マスター講座から、いよいよ学びの面白さが始まります。


中級講座での基礎の学びはとても大事なこと。


その上で、
中国茶か台湾茶か、自分の好きに特化し、その特徴を五感で理解すること、特徴を持って淹れるとはなにかの学びが始まるのがマスター講座からとなります。



中国茶と台湾茶は全く異なる茶葉である以上、その茶葉を生かし淹れるためには淹れ方が異なります。




中国茶&台湾茶の世界は深いもの。


一つの世界を身体で理解することがマスター講座です。


一つの世界がわかるようになると、もう一つの世界もまた違ってみえてくるようになります。


それが自分が成長した証です。


マスター講座では、同じ商品名にある品種や産地、季節、茶師による違いを学びます。



その違いはパッケージでは見えない世界です。


有名な茶だから、値段が高いからすごいのではありません。


自分の好きな茶葉を、パッケージに頼らずに自分の五感で見つける楽しさを知ってほしいと思います。


マスターⅡでの学びも楽しみにお越しください。



謝謝!


*お忙しい中、9月終了の生徒さまたちから一部感想を頂きました。謝謝!

 

 


★青茶全般が好きなので、鉄観音・黄金桂・鳳凰タンソウ・岩茶など沢山のお茶が飲めて、レッスンが楽しみでした。毎回飲むお茶がとても美味しく、心惹かれてしまうため発表会で淹れるお茶もなかなか一つに絞りきれません。また、水仙の紅茶・緑茶を飲んだり、岩茶の種類によって飲んだ印象が全く違う事が分かり、改めて「中国茶って奥が深い」と感じました。先生のお茶を淹れる時の優雅な所作が素敵だなと思っていたので、蓋碗の扱い方・お茶とお水を扱う時の違い・茶杯の持ち方を細かく教えて頂き良かったです。そして「美味しく美しくお茶を淹れるには、集中力が大切だ」と思いました。最近は休日の朝に中国茶を淹れる事が楽しみと癒しになっています。これからも、どうぞよろしくお願い致します。

 

★もともと、コーヒーよりもお茶派であった為、折角飲むのであれば、お茶の歴史や時代背景、製茶工程などを知り、お茶に関する知識があれば、更にお茶を美味しく楽しく飲めるのではないかと思い通い始め、はや2年と半年。烏龍茶マスターIでもその想いは今も変わらずあるものの、月に一度のレッスンの中だけでは断片的になってしまい、自分の努力がまだまだ足りない事を痛感し、茶師の方々の大切な茶葉を無駄にしてしまっているのではないかという思いもあり、このまま続けていていいのだろうかという迷いの気持ちと、毎月のレッスンで先生が淹れて下さるお茶はどれも美味しく、飲むたびにやはり続けてみたいという気持ちを持ちながらのマスターIでした。前回のレッスンの時に、今野先生が、まずは一つの好きを極める事、すると楽しいではなくおもしろくなってくる、と話されていたのがとても自分には響いてきました。そんな自分になれるよう、マスターⅡに進んで行きたいです。

★マスター講座に進み、より中国茶の世界の奥深さを感じています。美味しいお茶が飲める楽しみと奥深さの難しさでただ楽しいだけではなくなってきて、毎回学びだなぁと思いながら通っています。まだ入り口にたったところな気がしますが、日々の生活の中で中国茶に癒され生活の一部になりつつあります。お茶を通して教えてもらう世界が楽しいです。また次のクラスでもよろしくお願いします。

★お茶に興味を持ったきっかけが、台湾で飲んだお茶でした。その台湾茶の事をもっと知りたいと思い、マスター講座へ進みました。あっという間の一年でした。中級とは違いテイスティングがあり、自分の好みがなんとなく少し分かるようになった気がしました。また一緒に学んでいる人達とも好みが分かれたり、面白かったです。中国茶とは入れ方も変わり、慣れるまで難しかったです。でも蓋碗の使い方は本当に上手くなったなぁと自分で思います。もう2年くらい、この子でしかお茶は飲んでいないのでとても大事な道具になりました。マスターⅡは茶壺も始まるのでとても楽しみです。先生が話してくださる台湾茶の話もさらに楽しみにしています。よろしくお願いいたします。

★1年間は長いなぁと思っていましたが、あっという間に時は過ぎ、マスターⅠのクラスももう終了となります。新たに学んだ茶芸のやり方も、最初の頃に比べると少しは体に馴染んできたのではないかと思います。茶畑や製茶の様子、そして茶師の方々についてのお話など、毎回とても興味深く楽しかったです。テイスティングではかなり悩み、飲んだお茶を言葉にするはとても難しかったです。しかし奥深く広がっている台湾茶の世界に私も少しだけ触れさせてもらっているのを感じ、その世界をもっと知りたくなりました。また次のマスターⅡのクラスも受講したいと思いますので、今後もどうぞよろしくお願いします。

★台湾茶に特化したクラスで教えていただき、改めて感じたことは中国茶と言っても台湾と中国ではいろんな違いがあり一括りにできないということでした。特にお茶を淹れる作法や道具にも違いがあって興味深く感じました。お茶を美しくで淹れて、美しく飲むということは簡単なようでとても難しいことでした。けれども丁寧にお茶を淹れるといつもにも増してお茶をおいしく感じます。自宅にあるものを使ってテーブルコーディネイトを考えたり、お茶菓子を選び、家族や友人を招いてお茶を一緒に飲むことは楽しみのひとつになっています。まだ淹れるのは上手くいったりいかなかったりとムラがありますが‥日々、練習ですね!

★初級、中級とお世話になり、中国茶を安心の茶葉で、もっと美味しく飲みたいとマスタークラスにすすむことにしました。初めてレッスンを受けた時に先生に入れていただいた文山包種茶の爽やかさが刷り込みになり、台湾茶のマスタークラスを選んだのですが、マスターと名乗れるほど、中国茶について理解できているのだろうかと不安でした。しかし、新しい茶藝、美味しいお茶だけでなく、珍しいお菓子や、クラスの皆さんや先生の楽しいお話のおかげで、自然に自分が好きな茶葉がわかり、ぼんやりながら台湾茶の全体像が見えてきて、あっという間に1年が過ぎようとしています。まだまだ茶藝は奥が深く、興味は尽きません、ぜひこれからもマスターⅡにすすみ、すこしでも美味しいお茶を入れることができるようになりたいと思います。また台湾茶マスターIでの最大の目標が自分の好きなお茶をみつけるということでしたのでレッスンや自宅でも考えながらお茶を味わいました。好きなお茶を極めて飲んでいくことでいろいろな発見がありそうでまた台湾茶の楽しみが増えそうです。1年間ありがとうございました。


★迷うことなく「台湾茶マスターコースI」を学びたく、茶友達と一緒に頑張った、一年間です。新たにティスティングが始まりましたが、難しく感じています。山地や季節、茶師による違いが、まだ!まだ!理解することが出来ません。「身体で感じて、身体で理解することが出来ていません」五感で感じれるように、精進したいと感じています。また、茶藝の所作は、四肢の障がいもあり、関節も腫れ、美しくは中々出来ませんが、練習を重ねていきたく存じます。最後に、このコースにおいても、今野先生、茶師の皆さまのおかげで、「極上で混じりの無い茶葉で」レッスンいただき、感謝申し上げます。次期もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

台湾茶マスターⅠに進みあっという間の一年間でした。 まだまだ茶芸も舌も未熟ですが、毎回安心して頂ける本物の茶葉でレッスンさせて頂ける事は幸せで今野先生に感謝しております。マスターⅡに進み、美しい所作で美味しいお茶を入れること
ができるよう引き続き精進してまいりますのでよろしくお願い致します。


毎回美味しい台湾茶を味わえて2時間の講座が充実しており、日常生活に心地よい潤いを感じています。緩急のある先生のご指導にしっかりと影響を受けていることに気が付きました。茶芸とおもてなしと常に人とのコミュニケーション術を学んでいます。ところで、お茶を所望することを考えた先人の賢さに感嘆します。現代社会では、様々な情報を瞬時に入手でき、柿茶・ごぼう茶・そば茶・等さまざまです。生活に密着した飲み物の代表格ともいえる中国茶・台湾茶の醍醐味をこれからも学び続けて良質な茶葉に向き合える自身に気力と研鑽を積んでゆければ大変幸甚に存じます。
 

 

 

 

中国茶&台湾茶研究家

中国&台湾茶教室―Tea Salon Xingfu  ★★ 主宰 今野純子
 

ご訪問、ありがとうございます♪。

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村