研究科茶会 | 中国&台湾茶 遥かなる銘茶への旅
2018-11-24 19:25:43

研究科茶会

テーマ:中国茶教室&台湾茶教室

先日、台湾茶および中国茶の研究科の生徒さまのみで、「研究科茶会」を開催しました。


この2年程、台湾&中国茶の旅行の企画もできないままだったので、みんなと一緒に茶師たちの中国茶&台湾茶を通し、なにかできたらと思って企画しました。

 

 

今年初の試みでしたが、お忙しい中、37名の研究科の方が参加してくれました。

 

 

毎月一回のレッスンを、最低、3年半以上継続している研究科のみなさん。

 

 

頭で暗記するのではない中国茶&台湾茶の世界では、やはり、継続し学ぶことが大きな力になります。


まして、産地・時期・品種と混ざりのない、清潔な茶葉を飲み続け、淹れているため、研究科のみなさんの茶藝はブレがない。

 

 

研究科から、ただ中国茶&台湾茶を淹れるのではなく、評茶を通し、茶葉の良し悪しや茶葉の特徴を理解し淹れることを学びます。

 

 

茶藝本来の大切さや楽しさを共有できる研究科の生徒さまが増えてきて、やってみたかった企画でした。

 

 

もう一つ、「Xingfu」はわたしだけでなく、来てくれている生徒のみなさんが成長させてくれている教室です。

 

 

だから、みんなの成長を見るのと同時に、長くXingfuの茶師の茶葉を愛してくれるみんなが繋がっていくのを見るのもうれしい。

 

 

カリキュラムの中では、理解する茶葉はレベルの差はあるけれど、ある程度限られてきます。

 

 

今回は、茶師たちが作っている茶葉の中、珍しい茶葉やサンプルをはじめ、和気あいあいと飲んでもらいました。

 

 

ヤオ族の茶師からもらった「野生の霊芝」


 

 

トン族の茶師からもらった「藤茶

 

 

など、茶外茶もこの機会に飲んでもらいました。

 

 

研究科茶会で、みんなが知らなかった茶師たちの違う一面も知ってもらえたら、うれしい。


来年以降も、新たな研究科の生徒さまが増えながら、みんなが茶師たちの中国茶&台湾茶で繋がる、研究科ならではの楽しく学べる企画を行いたいと思います。

 

 

最後に、今回、お忙しい中、全てを仕切ってくれた高橋理恵さんと城田さんに感謝です。


謝謝!

 

 

 

 

 

 

中国茶&台湾茶研究家

中国&台湾茶教室―Tea Salon Xingfu  ★★ 主宰 今野純子
 

ご訪問、ありがとうございます♪。

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

 

 

 

中国茶・台湾茶研究家 今野純子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス