流香潤肉桂と倒水坑肉桂と横浜歴史巡り | 中国&台湾茶 遥かなる銘茶への旅
2018-07-11 19:22:30

流香潤肉桂と倒水坑肉桂と横浜歴史巡り

テーマ:岩茶ほか中国烏龍茶

先日、久しぶりに横浜へ行ってきました。

 

 

この数年、恒例となっている父の誕生日プレゼント旅行です。

 

 

今回は横浜の歴史を感じる街歩きをしてみました。


  

 

「英一番館」は開国後、イギリス商社であるジャーディン・マセソン商会が支店を開いた場所。
 


ここ横浜は近代の日本茶業史の中で重要な拠点でありながら、その面影を残しているものはほとんどなく、このジャーディン・マセソン商会ぐらいでしょうか。

 

 

現在、シルクセンターが建ち、跡地にあるのはこの記念碑だけとなっています。

 

 

出かけには持ち歩いているマイボトル。

 

 

初日は陳茶師作、2013年流香潤肉桂にしました。

 

 

翌日の朝、雨も止んで気持ち良い朝。

 

 

 

朝食後に飲んだのは陳茶師の2017年倒水坑肉桂。

 

 

旅先の中国茶時間もとっても気持ち良い。

 

 

10煎近く入るので、出かけようのマイボトルの茶も一緒に作っています。

 

  

生徒様達から話を聞いていた三渓園にやっと来られました。

 

 

広々とした整った庭園を眺めながら飲む、極上の肉桂はさらにおいしい。

 

 

ますます暑くなる日本の夏。

 

 

熱中症対策&ホッと一息に、是非、マイ中国茶&台湾茶でマイボトルを持参してみてください。

 

 

 

 

中国茶&台湾茶研究家

中国&台湾茶教室―Tea Salon Xingfu  ★★ 主宰 今野純子
 

ご訪問、ありがとうございます♪。

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

中国茶・台湾茶研究家 今野純子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス