ロンネフェルト社紅茶が飲めるホテル 東京「コンラッド東京」 | 横浜・元町 紅茶専門店ラ・テイエール ブログ

横浜・元町 紅茶専門店ラ・テイエール ブログ

横浜・元町にある紅茶専門店「ラ・テイエール」のブログです。オリジナル紅茶やロンネフェルト社の紅茶情報、美味しい紅茶のお店のご紹介、時々音楽のこと書いてます。


テーマ:

ロンネフェルト社の紅茶を楽しめるホテルラウンジ

本日もご来店・紅茶通販ご注文誠に有難うございます。

 
こちら以前ご紹介した記事ですが、ミルクティーが美味し
い季節ですし、最近コンラッドでロンネフェルト社の紅茶やハーブティーをお召し上がりのお客様がテイエール店舗にてお買い求め頂くことがとても多いので改めてコンラッド東京のご紹介しますね。
 
コンラッド東京のラウンジ「トゥエンティーエイト」ではロンネフェルト社の紅茶を楽しむことが出来ます。(写真などは前のものになりますので、メニューなどは最新のものをごチェックしてみてくださいね。)
 
{20556B11-7BEF-4823-BCB7-7F81604D458A:01}

コンラッドはヒルトングループの最上位ランクのホテルで、都内においては汐留から下に旧芝離宮恩賜庭園を望み、正面にレインボーブリッジを望む、港区でも屈指のロケーションを誇ります。

28階のロビーラウンジは天井高く開放感があり、ラグジュアリーな空間が広がっています。

 
{E9539D5C-03EE-4B36-8244-893CF74ED915:01}

このロビーラウンジ「トゥエンティエイト」ではロンネフェルト社の紅茶がラインナップされています。また、コンラッドオリジナルティーやハニー&サンズの紅茶もあり、紅茶の種類は一流ホテルの中でもかなり本格的です。

 
{1E72989B-B781-4E0A-838C-458A9EB97C5A:01}

そして現在はなかなか見ないロンネフェルト社の看板ポット「スリーピングポット」で紅茶を頂くことができます。
 
{2DC9552E-7DA9-4F67-BDC6-D62AE77FB431:01}
 

ロンネフェルト社伝統のティーポット「スリーピングポット」

「スリーピングポット」はポット寝かせて茶液を抽出し、起き上がらせることで内部の棚で茶葉と茶液が分離する仕組みになっています。つまり自身の好きな濃さで紅茶を楽しめるのです。
 
{C99C4B5C-D3CA-4D03-9EBF-260536EA03D4:01}

陶磁器であり、保温性も抜群なのでティーコージーはいりません。

他の紅茶ポットに比べて容積は占めますが、「紅茶をいかに美味しく飲むか」を目的に生み出された画期的なポットなのです。

テイエールのティールーム営業の時も長年スリーピングポットを使用していました。自慢じゃないですが我々は多分世界で一番スリーピングポットで紅茶をお客様にサーブしていると思います。ドイツ本国や他のホテルにもその点は負けません。

まあ、それだけこの大事なポットを割ったり、欠けさせたり、ダメにもしているのですがね...

そうなんです。スリーピングポットの弱点は先端の注ぎ口が衝撃に弱いということ。
狭いシンクなどでほかの食器と当たってしまって欠けてしまうこともしばしばありました。。。

また、内部には茶こしがついていますが、BOP以下の細かい等級区分の茶葉は出てしまうおそれがあるのでティーストレーナーは併用したほうがいいかもです。

 
{A2E49FC4-E104-4255-B76F-7E42095F984F:01}

それらのウィークポイントを軽く超越する魅力をこのスリーピングポットは持っています。

来客用、お歳暮やお中元など、ギフトにもご支持頂いています。テイエールでは販売ももちろんしています。実際店頭でお手に取って確かめてみてください。


さて、ラウンジの紅茶はロンネフェルト社で定評のあるラインナップがしっかり揃っています。私は「アイリッシュウイスキークリーム」を頂きました。

 
{F7E08997-7432-404C-BA04-55ABF36AC049:01}

これはご存知「アイリッシュモルト」です。ホテルのメニューでは「アイリッシュウイスキークリーム」と表記されていることが多いですが、日本市場においては鉄板商品です。
 
店舗・通販でも長年人気のブレンドです。

その他にも「モルゲンタオ」シュルマートルンク」「フィールリラックス」「レッドベリーズ(ホルシュタイナーグルッツエ)」「アッサムゴールデンチップス」などテイエール店舗で人気の高い茶葉がラインナップされています。

しかも飲み放題!スリーピングポットで飲み放題ということは2ポットで5杯は楽しめてしまいます。これぞ俺得!!


 
{C705AC05-E0F5-4CB3-8D02-47EC9847A27B:01}

芝浦を見渡す眺めと紅茶。都会には都会の良さがあることを感じます。東京!

余談ですが、コンラッド東京はBGMも秀逸。

チルアウト~アンビエントなナンバーは気持ちも穏やかになります。コンラッドがヒルトンの最高位クラスであることを鑑みると、改装を入れた現在の新宿ヒルトンとBGMから空間の雰囲気、関わった人は同じ方なのかなと勝手に想像しています。

そんなところも気にしながら是非立ち寄ってみてくださいね。


店長


 

【ドイツ・ロンネフェルト社をはじめ常時80種類以上を扱う紅茶専門店】横浜元町 紅茶専門店ラ・テイエール

通販サイト http://latheiere.com/


横浜市中区新山下1-2-1丸善ビル1F TEL/FAX045-621-5730

【紅茶専門店テイエールへの行き方】
http://ameblo.jp/jk1986/entry-11477249409.h
tml

 

横浜元町紅茶専門店ラ・テイエールさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス