再契約せず 2

テーマ:

4月29日、SUPER JUNIOR-Mヘンリーが契約満了でSMを離れることになりました。 Kstyle

 

2008年にMっ子のメンバーとしてデビューしたヘンリー。 

Mっ子の楽曲では『SUPER GIRL』が1番好き

今年の4月でデビュー10周年を迎えましたが、デビュー10周年での事務所退所は

昨年秋にSMを離れた少女時代ティファニースヨンソヒョンを思い出します。 再契約せず

 

ソシの3人が事務所を出ると聞いた時はただ驚きしかなかったけど、

ヘンリーの場合は多少驚いたもののそういう時が来てもおかしくないと思ってました。

 

そう思えた理由。今はもう削除されてるようですが・・・

前に「疲れた」「これからどうしたらいい?」「事務所は僕の話を聞いてくれない」と

SNSで不安な気持ちを訴えてました。 Kstyle

 

10代半ばで夢を追って故郷・カナダカナダから韓国韓国国旗に1人でやって来たヘンリー

初ステージは2007年SJ『Don't Don』でのバイオリン演奏でした。

か、かわゆい(萌)

その後Mっ子のメンバーとして正式にデビューしましたが、

デビューした当初からチョウミと共にヘンリーは酷いバッシングに苦しめられます。

憧れだったステージの上で大好きな歌やダンスをしている間、

自分達に向けて浴びせられるヨルセーミョンコールやハンクンコール。

動画で見た困惑した表情の2人やそんな2人に寄り添うメンバー達の姿や

SS5海外公演でLIVEの後に演説したウニョクの姿は今も忘れられません。

 

異国の地では生活するだけでも一苦労。

オマケに家族とは旧正月でさえ故郷に帰れないのでなかなか会えず。

夢を叶えたハズなのに、とても辛くて苦しくて厳しい道のりでした。

 

 

昔からあの事務所には色々思うところがあります。

所属タレントは体調不良になってもお構いなしに過密スケでコキ使ったり、

逆に精力的に創作活動してるのに発表の場を与えず飼い殺し状態にしたり。

ファンなめてんなぁーって腹立つことも多いし・・・

 

長くあの事務所に所属して義理を果たすのも良いけど、

それはあくまでも自分のやりたい事を自由にさせて貰える人。

才能あるのに飼い殺されてしまうなら残っても良い事なんて無いので、思い切って

外に出るという選択は勇気と覚悟がいるだろうけど本人の為には良いと思います。

 

事務所やアンチELFから酷い扱いを受けても腐ることなく、

契約満了までキチンとSMに居続けたヘンリーは本当に偉い。 良く頑張った

 

 

Mっ子のマンネはヒョン達にとっても可愛がられてました。

そして日本日本のスパショでは罵声を浴びる事が無かったのでとても楽しそうでした。

SUPER SHOW5 in OSAKA(16日ラスト後編)

その姿が見れなくなるのは寂しくなるけど、

でも今後は企画会社を設立して活動するということらしいので、

思う存分曲を作って、それを世に出していって欲しい。

これからのヘンリーの活動にとても期待出来るし、楽しみであります♪


 

 

 

 

 

 

 

あとは・・・・・アンバー、、、どうすんだろね?