子宮委員長はるオフィシャルブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」Powered by Ameba

元風 俗嬢から不良妊婦を経て現在毒ママ♡
子宮筋腫や子宮けい癌を経て子宮の大切さに気付いて
意識を向けてみたら“子宮は宇宙”でした。
子宮を大切にすることで愛され豊かになったプロセスを書いています。
東京目黒でサロン「あとりえ林檎」も主宰しています。


テーマ:
またまたfacebookからの
嬉しいお知らせ♪♪


5年前の今日の記事↓↓


最強のふたりだって( *´艸`)
可愛いなわたし。26歳頃かな?
熊ピーは40歳こえてた。


当然この頃はまだ、
自分達が映画になるだなんて
思ってもいなかった。


だけど、
目立ってはいたと思うんだあ。
だって身体障害者と風☆俗嬢だよ。


本の題材になったこともあります。


あ、でねでね、
熊ピーが10年以上前に出版した本が、
この度、復活するそうですチュー
10月13日発売!


「身体に障害があってもセックスや恋愛を楽しみたい!! 」脳性麻痺を抱えながら身体障害者の「性」と「生」への支援活動を続け、リリ ー・フランキー主演映画『パーフェクト・レボリューション』の企画原案もつとめた熊篠慶彦の常識を覆すライフストーリー「たった5センチのハードル 1969-2017」が新章を加えて堂々の復刊。
 
映画『パーフェクト・レボリューション』TOHO シネマズ新宿ほか全国劇場にて絶賛公開中。
 




それからそれから、
モデル・俳優の栗原類さんより、
映画へのコメントが寄せられています。

↓ ↓ ↓


言葉は僕らが思っているよりも強い凶器だ。

社会の障壁はわからないことは多いけど、映画の中で描かれているドリーミーで前向きな世界観は余計な理屈無しに楽しんで良いんじゃないか?

だってそれが映画だから。

栗原類(モデル・俳優)




それからそれから、
タレントのフィフィさんからもラブ

↓ ↓ ↓


障害者は私達の感動のためとか、目標のために存在するわけじゃない。

いつか本当の愛に巡り合うための彼らの挑戦は決して特別じゃない。

同じことに悩み苦しみ、そして同じことに幸せを感じる。私達はきっとみんな不完全だから。

フィフィ(タレント)




もう少しお付き合いくださいませ。
番組のお知らせ爆笑


9/13(水)20時~Eテレ「ハートネットTV」にて9/29(金)全国劇場公開 映画『パーフェクト・レボリューション』の作品紹介がOA!お見逃しなく!





見てねウインクハート


映画「パーフェクトレボリューション」
公式ホームページ
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(3)

子宮で哲学する/子宮委員長 はるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「└ 性の福祉」 の記事