子宮委員長はるオフィシャルブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」Powered by Ameba

元風 俗嬢から不良妊婦を経て現在毒ママ♡
子宮筋腫や子宮けい癌を経て子宮の大切さに気付いて
意識を向けてみたら“子宮は宇宙”でした。
子宮を大切にすることで愛され豊かになったプロセスを書いています。
東京目黒でサロン「あとりえ林檎」も主宰しています。


テーマ:
昨日の深夜(本日)に、
本当の望みを
知ってしまいました。

心が地に堕ちて、
静かに心踊りました。

本当に捨てるべきものというか、
私がその望みを決行することで、

去っていって
しまうかもしれない
すべてのこと。

それは今までの読者様であったり、
ファンクラブはるちゃん宮殿だったり、
出版やレーベルの企業様だったり、
生まれた家の家族や親戚、
数少ない友達だったり、

今まで私を応援してくれてた
自分の命ですらの
積み重ねた全部が、

去ってゆくのかも
しれないって思ったのよ。

だけどさ、
例えばその全部が去ったとしても、
わたしはわたしであるのは当然だけど、

そんなつまんない事を
私は言いたいわけじゃない。

わたしでしかないわたしに、
その全部があったということに
気付けたことが尊くて。




私の役割はさ、
とことん女であるがゆえに、
その常識の中で生きてる社会を
失望させてしまうこと。

さらにはそのジャッジの裏側に
本当の愛があるんだよってことを
体現しながら伝えてゆくの。

私が風 俗でのお客さんや愛人恋人、
たくさんの男性に愛されらながら妊娠し、
その後に奇跡のように現れた岡田と、
その奇跡の中で生まれたじゅんせー、

堕落的な女の私の元に
たくさんの恵みがもたらされた。

だからなによりもの奇跡は、
わたしだったんだ。

そんな物語を
密度の濃くなった今の環境で、
もういちど再現したいのです。

細かいことは言わないけれど、

勘のいい方には、
知られてしまうのかもね。

本当の望みってのは、
いつか知るタイミングが来る。

その望みを知ったとき、
恐怖のどん底に落とされ、
地響きのようなワクワクに
見舞われる。

もう実行するしかなくなる。

いつかは抱いた恐怖も、
輝かしい可能性で、
愛の億万長者の種だと気付く。

私が今こんなに豊かなのは、

人間であることの
全部を捨てたからだ。

私がこれからも豊かになるのは、
常にわたしであることしか
選択しないからだ。

その選択はいちいち怖いけど、
でももうわかったら
やるしかないのよね。

やらない選択もあるけれど、
その未来もどこかで知ってる。

まぁまぁ幸せだけれど、
私はもっと幸せになりたいから、
とりにいく。

それは執着かもしれないし、
固執かの囚われと
言われるかもしれない。

だけど、それらは
わたしのこだわりだし、
集中力なんだよね。

わたしはわたしを幸せにするし、
わたしの見たことのない世界を
わたしに見せてあげたい。

なんにも
要らないから
全部欲しい。

by子宮




あー言ってしまおーかな。
私は不倫で妊娠したいです。















いいね!した人  |  コメント(87)  |  リブログ(0)

子宮で哲学する/子宮委員長 はるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>