子宮委員長はるオフィシャルブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」Powered by Ameba

元風 俗嬢から不良妊婦を経て現在毒ママ♡
子宮筋腫や子宮けい癌を経て子宮の大切さに気付いて
意識を向けてみたら“子宮は宇宙”でした。
子宮を大切にすることで愛され豊かになったプロセスを書いています。
東京目黒でサロン「あとりえ林檎」も主宰しています。


テーマ:
ずーっと前から思ってて、
そういえば言葉にしてなかったこと。


「男尊女卑のままでいい」


“男女平等”がささやかれる世の中だけど、さらに、“男女平等”を飛び越えて“男尊女卑”とは逆の“女尊男卑”になってしまったら、もう、いよいよ国が崩れる時だと思っています。


国政は麻痺し、
繁殖しない国になっちゃう。


◆国政麻痺
男と片意地張り合うような女性議員(そうじゃない議員もいる)の話は、“働く女性のため”には頑張って主張してくれる。働け働け、産めよ産めよと、女がボロボロになります。女がボロボロになったら、喜ぶ女の顔が見れない男もボロボロになります。


◆繁殖しない
“男と片意地張り合うような女性議員(そうじゃない議員もいる)”と“働きすぎる女性”とはそもそも月経とか子宮の主張を無視する人たちだと思うのよね。無視って言うか、自分自身で受け止めきれず、自分自身をはみ出て社会に対して主張してる。いつしか子宮を枯らし、“繁殖しない”のでなく“繁殖できない”国にどんどんなっていくのかもしれないですね。



女は、
外で働くな、
勉強するな。



↑これを昭和な調子で聞いちゃうと、
まるで男尊女卑に
聞こえてしまうかもしれないけれど、


女は、
外で働かなくていい、
勉強しなくていい。



実は、これ女の才能なんです。


愛されてるだけでいい。


私はそれに気付いちゃったのです。
だから男尊女卑のままでいいのです。


私自身も、
たくさんの勉強をしてきたし、
体を病気になるまで潰して
働いたこともあります。


何回も繰り返して、
ようやく気付いたのです。


子宮ぽかぽか、それを中心に、
笑って泣いて怒って喜んでいるだけでいい。
嫌なことはやらずに、
好きなことだけやってればいい。


ぶっちゃけ
生きているだけでいい。
働きたいのなら、
その基礎の上でね。


私はそれをずっと発信してきました。


そして私自身も
必死で自分に還ってきました。


この記事を読んで、
怒りの湧いてしまう人は、
“無駄”に頑張ってる人、
かもしれないです。


無駄なんですーーー(;´Д`)ノ
どんなに頑張っても、
家族も社会も国も報われません。


自分を犠牲にして
怒りを溜め込んだところで、
だれも 幸せにならなかったから
怒りたくなります。


自分の努力と我慢を
他人に押し付けたくなります。



“自己犠牲”も“我慢”も根は深い。
毎日毎日“楽”することに必死にならないと、
それが“癖”になってくれるまで
相当な時間がかかります。


あなたが幸せじゃないと、
誰も幸せにはならない。


IMG_20150319_203922813.jpg

それとね、“子宮”は何度でも再生します。手術で取っても、エネルギーはそのままです。子供が産めないのなら他を産めるんです。


【合わせて読む記事】月経で見る女の秘密♥︎布ナプキンを使えない仕事は努力しないと稼げない!!




(2015年3月29日の人気記事、再更新)









ベル新刊4月9日発売ベル
~引き寄せ体質をつくる子宮メソッド~

願いはすべて子宮が叶える
(河出書房新社)  
10刷重版58,000部突破!!
▶︎Amazonでご購入の方はこちら
▶︎全国の書店にてお求めください。
▶︎本のホームページはこちら



ベル女性限定ベル
公式ファンクラブ「はるちゃん宮殿」
昇殿(入会)方法詳細
・昇殿後の閲覧方法
※随時募集中☆
 20代〜60代の女性の集いです☆
※シナプスが運営しています。
 お問い合わせはシナプスまで。
※イベント等は現在は
 ファンクラブ内での活動がメインです。



宝石緑子宮委員長はるプロフィール
宝石紫公式ホームページ
宝石ブルー子宮メソッド全集
いいね!した人  |  コメント(63)  |  リブログ(19)

子宮で哲学する/子宮委員長 はるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>