【レポ①】ちゃみの森☆女性性の大解放合宿 | 子宮委員長はるオフィシャルブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」Powered by Ameba

子宮委員長はるオフィシャルブログ「子宮委員長はるの子宮委員会」Powered by Ameba

子宮の声に従い続け、それを羅針盤に生きる実験をしてブログに書き綴っています。今まで“悪”とされてきたそのメス的な生き方には、家系や経済の繁栄の叡智がぎっしりと詰まっていました。ソー☆プ嬢出身の作家であり、婦人科専門の霊能者です。


テーマ:
先日滋賀県で開催されました
『ちゃみの森☆女性性の大解放合宿』の
ちゃみさんのレポを、先に転載させていただきますドキドキ

ご参加いただきました皆様、
本当にありがとうございました。

私事ではありますが、
初の妊娠報告をこのイベントでできたことが、
なによりもの思い出です。

なぜかと言えば、
ちゃみさんも含めて“お母さん”が
たくさんたーくさんいらっしゃいまして、
お話会が終わり、寝ているわたしに、
「妊婦、眠いからね」と言葉をいただき、
すごく安心したのを覚えています。

いろんな角度から、
ほんとにほんとに贅沢な時間でした。


----------------------------------------------

お話会、スタート☆


そして、室内に移って

はるさんのお話会がスタート☆


「ここにきてよかった」 ちゃみの森リトリート施設(滋賀県,朽木)

飾らない、はるさん。

これまでブログでしか、その香りを嗅いでいなかったのだけど

実物にお会いして

そのくったくのなさや

飾らなさや

体験から自分の真実を得ていく強さ、みたいなものを感じさせてもらいました。



「ここにきてよかった」 ちゃみの森リトリート施設(滋賀県,朽木)



最初、みなさんがこのイベントに参加されたきっかけとかを含めて

自己紹介タイムでした。

はるさんは、3回目、という埼玉からの参加者もあったり

素敵な友達が勧めていたから

ブログに救われたから

いろんなきっかけではるさんを知って

会いたい!と思った各地からの皆様が集っていることがわかりました。


「ここにきてよかった」 ちゃみの森リトリート施設(滋賀県,朽木)

みなさんからの質問に答えつつ

はるさんの子宮から湧いてくるお話を話していくという形をとりました。

体験から語られる数々の名言としかいえない言葉を

聞かせてもらいました。

途中からしかメモっていないのですが

少し印象に残った言葉を書きますね。

「人を不幸にできる能力があるってことは

その分、人を幸せにできる能力があるってこと」

それだけ影響力があるということなんですね、いい意味でも悪い意味でも。

「特に女性は人を巻きこむ」ということ。

わかる、わかるわ~。


はるさんの感覚の中に

目の前の現実世界を見ているときに、そこと自分の子宮の状態を常に合わせて考えていらっしゃること。

自分の子宮が冷たかったから、こんなことが起こったのではないか?という感じで。


これ、こじつけのように思う方があると思いますが

私もいつも同じようなことやっているので、すごくストンと来た話でした。

「ここにきてよかった」 ちゃみの森リトリート施設(滋賀県,朽木)

「ヒーリングやセラピー、いろいろ方法はあるけれど
子宮を突かれているほうが、どんどん中からいろいろ出てくる」という言葉。

「子宮はどんな神社や仏閣よりも、自分にとって一番のパワースポット」


「ここにきてよかった」 ちゃみの森リトリート施設(滋賀県,朽木)



「自分の性器を鏡で見たことがない人が

見たこともないものを、他人に差し出しているのっておかしいかも」

これはね、依存を産むってことなんです。

自分の知らないことを、人任せにする、というか

自分のわかっていないものを、他人に明け渡す行為って

今の世の中を見ていても、よくあることで

「知らなかった」「聞いてなかった」という理由で起こる

さまざまな闘争の種と同じ、

それをはるさんらしく、伝えてくれたのだなぁと感動しました。


別に性器を、美しい、可愛いと思えなくってもいいのです。

見て、知っているということ。

自分の体の一部として、放ったらかしにしない感覚。


そして、これは何度も何度もおっしゃってましたが

「子宮のお手当てをしているだけで、何でもうまくいくようになる」

「子宮があったかいと、すべてうまく廻るようになる」というお話。


ここを実体験とともに聞かせてもらえたので

さらにさらに腑に落ちた部分だったのです。


「ここにきてよかった」 ちゃみの森リトリート施設(滋賀県,朽木)


会の最後のほうで、「避妊」に関することから

すっごくすっごく感動した話を聞かせてもらったのですが

そこは公開していいのか、はるさんにもう一度確認してみます。


たぶん、この会で一番いちばん

はるさんの生き様、感性、感覚、行き着いている場所が

わかった瞬間であって

みなさん、声も出なかった瞬間でした。


「ここにきてよかった」 ちゃみの森リトリート施設(滋賀県,朽木)



リンク:「ここに来てよかった!」ちゃみの森
お話会、スタート☆

子宮委員長 はるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります