慈有塾のブログ

東京都多摩市、八王子市にて活動する、もう一度勉強をやり直したい子たちのための塾です。対象は15歳~27歳まで。(その他要相談)
主に高校卒業程度認定試験など。授業料は無料。
お問い合わせはinfo@jiyujuku.netまで


テーマ:

2017/6/17(土)14:00~17:00 台東区民会館

第6回子どもの貧困対策情報交換会

子どもの貧困対策 自体の取り組み最前線

 

に昨日参加させていただきました。

 

報告1

大田区子どもの生活実態に関するアンケート調査と子どもの貧困対策「おおた子どもの生活応援プラン」

 

報告2

①沖縄県子ども調査と子どもの貧困対策「沖縄モデル」

②全ての子どもたちに居場所を:南風原町の取り組み

 

大田区さんでは小学5年生のお子さんを持つ保護者さん・お子さん本人を対象にアンケートを実施し貧困の実態調査をしたそうです。


大田区のアンケート結果を見て、とくに印象に残ったのが、小5保護者アンケートの「お金が足りなくて家族が必要とする食料や衣類が買えなかった」と答えた、よくあった・ときどきあったと答えた保護者が居た事です。


あまり身近な問題だと考え切れていない部分がありただただ驚きとショックにも似たものを感じてしまいました。

 

子どもへのアンケート食べる事や勉強の上でも苦しい思いをしているというのがとてもよく伝わりました。

 

 

沖縄県の取り組みに関しては南風原町が行っている、子ども元気ROOMという施設にすごく興味を持ちました。

放課後15:00~22:00の時間に空いており、食事をしたり勉居をしたらい、お風呂にはいったり、ごく普通の生活をする空間だそうです。

 

支援を必要とする子どもの対応

不登校、引きこもりのこどもの対応

土日祝日、長期休暇に支援を必要とする子どもの対応

日中9:00~15:00支援を必要とする子どもの対応

中卒・高校中退の子どもの対応

 

必要に応じて、生活指導・学習支援・食事の提供・キャリア形成・養育支援を行っているそうです。

国や件からの補助が付き、そのお金で運営しているそうです。

 

通っている子どもの殆どがネグレクトだそうです。その子たちは、親と公園に行ったことがない、みそ汁は蛇口を捻れば出るもんだと思ってた、シャンプーの使い方が分からない。お風呂に入れると乾いた髪にシャンプーを乗せ頭を擦って、お湯で流す、なので頭はシラミがいっぱい、歯磨きができないので虫歯だらけそんな子どもたちがたくさんいるそうです。

驚きました。

元気ルームの方たちは、21:30頃になると子どもを車に乗せて、家まで送るそうです。そして必ずインターホンをならし保護者と顔を合わせるそうです。

最初は出てきません、何度も何度も行くと保護者が玄関に出てくるようになると、そしたら玄関先から家の中が見えるから、その家の状況が分かり、母親への支援もできると仰ってました。

 

こんなに素敵な場所、東京にもあればいいのになと思いました。

 


以上、スタッフFより外部会議の参加議事録でしたウインク

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

慈有塾さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。