【悲報】操体法は効果がない治療法だった | セラピストスキルアップ実践会 宮森のブログ

セラピストスキルアップ実践会 宮森のブログ

セラピストスキルアップ実践会<TS実践会>認定講師の宮森大地です。実践会で得られたものや、日々の臨床で培ってきたものをお伝えできたらと思います。動画も毎日ではないですが配信しています。よろしくお願いいたします。


テーマ:

---【PR】---
【操体進化論×トリガーポイント】
眠っている筋肉を呼び覚ませ! 
トリガーポイントによる筋肉の感覚レベルの促通 
http://bit.ly/2soo7xn
 

※今まで習った操体法で結果を出せなかった理由がわかります

-----------

 

セラピストスキルアップ実践会認定講師の宮森大地です。
本日もブログにお越しいただき、本当にありがとうございます。


先日、Amazon prime videoで映画のBack to the Futureを観ました。
全3作品を通して物語がつながっていて、改めて素晴らしいと感じました。
ピンチからの逆転、まさに手に汗握る展開の連続です。
内容がわかっていても繰り返し観れる作品というのは、なかなかないと思います。
もし、まだご覧になっていない方はぜひご覧になってください。
1980年代後半の作品とは思えないほど、映像もきれいです。


さて、本日は悲しいお知らせです。
タイトルは「操体法は効果がない治療法だった」です。


「おいおい、講師がそんなこと言っていいのか、宮森よ」と、思う方もいらっしゃるかもしれません。
私はほかの講師と違って、すこし物事を斜めに見るとはいえ、さすがに言い過ぎだと感じる方もいらっしゃるでしょう。
ただ、本題はここからなので、あと3分だけ以下の文章を読んでいただきたいと思います。


当会でお伝えしている操体法(操体進化論/次世代操体法)は、代表の中村光太郎曰く「患者の自動運動に抵抗を加え、全身のインナーマッスルを効かせる」ものです。
経験的ではありますが、こういった運動学・運動力学的な理論背景があります。
“全身のインナーマッスル”に効果があるため、部位別や症状別でないことがメリットなのですが、時より受講生さんからこんな声をいただきます。


「全然、効果の感じられない患者さんがいるんですよ…」


講師としても、このような声を聞けば何とか応えなければ、と思うところ。
そこで、私の臨床と照らし合わせて考えてみた結果、効果の感じられない患者さんがいた場合、その理由は以下のようなことが考えられます。


1.治療家がへたっぴである。
2.Before Afterの見せ方がへたっぴである。
3.治療法の選択を間違っている。
4.患者さんの体が悪すぎる。
5.患者さんが分からず屋である。

あくまで例ですが、こんなことが考えられると思います。
他にもいろいろありますが…5は例外ですよね(スパイみたいな人でない限り)。
本日の本題は、この中では3と4のお話です。


ところで、これをお読みになっているあなたは患者さんのお体の状態をどれだけ把握してから施術をしているでしょうか?
細かい評価の話は省きますが、操体法を使うにあたって中村の理論をヒントにすると、患者さんのお体が「インナーマッスルが収縮できる状態であること」が最低限の前提になります。
では、インナーマッスルが収縮できない状態であったら…結果が伴うか、あやしい空気になってきましたね。


では、インナーマッスルが収縮できない状態とは?
例えば…
1.筋萎縮が著しい場合
2.神経系の麻痺がある場合
3.アウターマッスルが優位で全身がガチガチの場合
4.コリができて筋の伸び縮みがでなくなっている場合

などが考えられますね。


それぞれ対応が異なってきますが、私が臨床でおおく遭遇するのが4です。
筋の一部がコリ(硬結)となった場合、その部位で筋はそれ以上伸びることも縮むこともできなくなります。
それで筋収縮を促しても収縮は非効率的ですし、ストレッチを行っても非効率的です。
また、コリができれば筋の感覚器としての機能も低下し、感覚が悪くなります。
感覚は操体法で唯一の手掛かりとなるものですから、このコリを改善しないことには事は始まらないのです。



そこで、私は触診でこのコリを見つけたら、まずリリースをします。
痛みは伴いますが、これで筋をゆるめていきます。
ゆるめた後に操体法のテクニックを通すと、不思議なくらいに結果が出ます。



さて、話は冒頭に戻ります。
本日のタイトルは「操体法は効果がない治療法だった」でした。
正確には「操体法は“コリがあったらゆるめないと”効果がない治療法だった」です。
(修正したタイトルも語弊がありますが、とりあえず本日はこれでいきます)


体をゆるめる方法はいくつかありますが、本日お話したコリ=トリガーポイントの治療と操体法を組み合わせたセミナーが7月1日に開催されます。
(詳細はこちら⇒http://bit.ly/2soo7xn
講師は当会きっての理論派&実力派の坂出公平です。
当日は私も参加する予定です(普通に勉強しに行きます)。


✔操体法を習ったけど結果がイマイチだった…
✔操体法の効果が感じられなかった…
✔新しい治療法を知って、今の物に+1したい

そんな方はぜひ、いらしてください↓
【操体進化論×トリガーポイントセミナーhttp://bit.ly/2soo7xn

(読みやすい本もたくさんあります)

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それでは、また明日。


セラピストスキルアップ実践会はセミナーを毎月開催!
セミナー情報は以下からチェック!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://goo.gl/pHJngS

 

 

セラピストスキルアップ実践会代表や認定講師のブログ更新情報はコチラから↓

 

 

 


☆宮森個人のLINE@はコチラ↓☆
友だち追加


セラピストスキルアップ実践会認定講師
宮森大地


jissenkai-miyamoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。