自分に負けるな | セラピストスキルアップ実践会 宮森のブログ

セラピストスキルアップ実践会 宮森のブログ

セラピストスキルアップ実践会<TS実践会>認定講師の宮森大地です。実践会で得られたものや、日々の臨床で培ってきたものをお伝えできたらと思います。動画も毎日ではないですが配信しています。よろしくお願いいたします。


テーマ:

---【PR】---

【5月五十肩セミナー】

まもなく定員になります 
 https://nakamura-koutarou.1andingpage.com/?page_id=4257 

-----------
 

セラピストスキルアップ実践会認定講師の宮森大地です。
本日もブログにお越しいただき、本当にありがとうございます。


この記事は5月13日(日)の大阪で頭蓋セミナーを終えた新幹線車内で書いております。
少々、興奮状態で暑苦しい文章になると思われますが、ご了承ください。


さて、本日は「自分に負けるな」というお話。
今回、大阪では4月に内臓編、5月に頭蓋編と2か月にわたり応用コースを初開催しました。

初開催でしたので、ほとんどの受講生さんがはじめて学ぶ内容でした。
とくに頭蓋編は理論的な背景やタッチなど、要求されるレベルが少々高めのようで、感覚をつかむのに四苦八苦されている方も見受けられました。


セミナー中、「むずかしいです」と何度言われたことでしょうか。
この言葉には、講師として伝え方の問題もあり、猛省する部分もあります。
ただ、この言葉の中には少なからず、ご自身の知識不足があることを忘れてはなりません。
相互張力膜と言われて、しっかり硬膜の解剖学的なイメージが思い浮かぶ方は少なかったでしょう。
まずは学んだことの内容、その理論的背景にある解剖学や生理学、運動学の知識の反復した確認は必須でしょう。
正に基礎の反復がものをいうと思います。


それでも、ある人はそれを継続でき、ある人は途中であきらめていくのです。


普段だったら、あきらめていく人たちに叱咤激励をします。
「習ったことやお金や時間がもったいない」
「習ったことで救える人を見捨てるようなものだ」

こんな風に責め立てることもできるでしょう。
ただ、本日はそれをしません。
なぜなら、あきらめていく人たちの気持ちがわかるからです。


習ったところで、治療家はひとりです。
臨床では誰もアドバイスをくれません。
練習だって、周りに同志がいなければひとりでやるしかありません。
常にそういった孤独と闘いながら、知識を積み重ね、技術を磨き、臨床経験から学んでいくしかないんです。
あきらめていっても、仕方ないと思います。


でもね、セミナーの最後の最後にお伝えしました。
このメルマガを読んでくれているあなただって、すぐには自転車に乗れなかったでしょう?
乗りたくて練習を始めて、当然何度も転んで痛い思いもした。
それでもあきらめずに練習して、感覚をつかんで乗れるようになったはず。


人は誰しもが、何かを成し遂げる才能を持っているんです。
だから、自分に負けないでください。



仲間に言葉をかけてもらうのもいいでしょう。
誰かに慰めてもらうのもいいでしょう。
それでエンジンをかけ直して、前を向けるのであれば。


でもね、1番励ましてくれるのは、頑張っていた過去の自分だと思います。
今つらくても乗り越えていきましょう。
この経験が、いつかくるかもしれない不安で苦しい時に、今の自分が未来の自分を励ましてくれるから。


明日のために、がんばっていきましょう。
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。


セラピストスキルアップ実践会はセミナーを毎月開催!
セミナー情報は以下からチェック!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://goo.gl/pHJngS

 

 

セラピストスキルアップ実践会代表や認定講師のブログ更新情報はコチラから↓

 

 

 


☆宮森個人のLINE@はコチラ↓☆
友だち追加


セラピストスキルアップ実践会認定講師
宮森大地


jissenkai-miyamoriさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス