こんにちは


印象スタイリスト  hakkaku  石松利栄です



「あまり着ない服ってどんな服ですか?」



その答えに多いのが



色もの

柄もの

身体にフィットしたもの



この3つは何年経っても変わらない



今はワイドシルエットが多いから

3つ目はしかたないけどね



ほかの2つはなぜか?



「選べない」んだそう



◆似合うかわからないから選べない

◆長く着れないから(着れないと思う)選べない

◆コーディネートがわからないから選べない



骨格タイプでは

「似合う柄」というものがあって



いつものように注釈しておくと

この「似合う柄」は一応というか基本です

なんの工夫やアレンジをしなくても

それを着るだけで「見映えする」というものを

「似合う」と考えた場合、ということ



例えば花柄に限定すると

ストレートタイプは大きめの華やかなもの




ウェーブタイプは小花柄





ナチュラルタイプは形や大きさが不規則なもの




これらがよく似合う



私はこの「似合う柄」は

理にかなってると思ってるけど

着てもらって説明したところで伝わりにくいの



これもやっぱりなぜか?



見たことがない自分を見ても

それが似合ってるのかわからない



お客様の言葉を借りると


正解かどうかわからないから

選んでいいのかどうか…



大丈夫!



自分のスタイルに

正解も不正解もないですから



似合うから着るんじゃなくて

あなたが「いい」と思う外見になればいい



これがあなたに似合うからって勧めるものも

イヤならイヤで

好きじゃないならそれでいいんです



ただ何度かプッシュはしますよ(笑)

だって

「似合う=ステキ」

なんだから



そうそう



最後の

「見慣れてきたらこれがいい気がしてきた」

も大事なポイントです



いくつになってもなりたい外見はできるけど

できるだけ早く

できるだけ長く

自分らしい自分でいたいですよね






****Instagram****
仕事も!遊びも!ぜんぶ!
ってカンジのインスタです(笑)
よかったら見てください
Instagram

 




website ⇒ www.hakkaku-styling.jp

mail ⇒ info@hakkaku-styling.jp

メニューはこちら ⇒ service

お申込みはこちら ⇒ contact