次世代補聴器実践会のブログ

次世代補聴器実践会のブログ

「次世代補聴器実践会」とは、主に補聴器メーカー出身の経歴を持つ補聴器専門店のオーナーで結成された「有志の会」です。
常に情報交換・共有することでお互い切磋琢磨し、難聴者の「きこえのQOL(生活の質)」向上を目指しています。


テーマ:

広島市佐伯区の補聴器専門店「あんしん補聴器」の水兼でございます。

現在ブログを書いているのがGW明け初日で、

前々日から雨が降り続いていて、梅雨の到来を感じています。

 

 

この時期から夏にかけて湿度が高くなり、

補聴器を乾燥させるケアが必要になってきます。

補聴器にはシリカゲルが入った乾燥ケースが付属していますので

しっかり使用していただければと思います。

 

 

さて、先日の営業中のことですが、

改めて聴こえの低下はハンディキャップになるなと

感じたエピソードがありますので、お話ししたいと思います。

 

お客様の息子さんから、母の補聴器の電池が切れたので

買いたいと電話でご依頼がありました。

ちょうど同じ方向に便があったので、閉店後こちらから電池を持参してご自宅まで伺うことにしました。

 

 

ご自宅にはお客様(当然補聴器を付けていない)しかいらっしゃらなくて、

開いた玄関からはテレビの音が聴こえるのですが、

チャイムを押しても、玄関から大きめの声で呼びかけても一向に出てこられません。

 

 

 

勝手にご自宅に入るのも無礼ですから、

先ずは、お庭に回らせていただくことにしました。

 

お庭から家中を拝見すると

案の定、お客様は中でテレビを見ていらっしゃいました。

手を振ってみたり、ガラス戸をノックしたりと

全力で存在アピールしましたが

テレビに集中しているお客様には気づいていただけませんでした。

 

 

 

最終的に玄関からお邪魔することになったのですが、

これだけ聴こえないと、

近所で火事などがあって、町内放送や警報がなったり、

ご近所の方に声をかけてもらっても、

すぐに気づくことができず、

避難が遅れてしまう危険が高いと感じました。

 

 

目にはマブタがありますが、

耳にはミミブタはなく、常に開放されています。

 

あくまでわたくしの推測ですが、

人は身の危険を察知するために

常に音を聴くことができるように進化して来たのではないかと思います。

 

みなさんも経験されたことがあるかと思いますが、

道路の真ん中を自転車で走行しているお年寄りに車で近づいても、

なかなか気づいてもらえないことがあります。

おそらく聴力低下によって、

車のエンジン音が聴こえず、察知してもらえてないのです。

 

補聴器の相談を受ける中でも、

自働車だけでなく、自転車が来ることを察知できず

危ない経験をしたという話をよく耳にします。

 

 

難聴となると、

まず、会話やテレビ、電話などの聴こえの問題に感心が行きがちですが、

危険を察知する聴こえの問題にも

より関心を向けてもよいのではないかと思っています。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

ご参考になれば幸いです。

次回は、

神戸市垂水区の補聴器専門店

「新多聞補聴器センター」の細見さんの担当になります。

どうぞお楽しみに!

 

 

【次世代補聴器実践会】

加盟店のホームページもお立ち寄りください!

あんしん補聴器(広島県)

伊丹補聴器センター(兵庫県)

鹿児島中央補聴器(鹿児島県)

かすが補聴器専門店(福岡県)

さくら補聴器 夙川店(兵庫県)

The 補聴器専門店 中村(大阪府)

新多聞補聴器センター(兵庫県)

宝塚補聴器センター(兵庫県)

はじめて補聴器(大阪府)

福山きこえ補聴器(広島県)

らくらく補聴器(大阪府)

※五十音順

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。