自信がつく魔法のシート | 神戸市垂水区の学習塾 自立学習館公式ブログ「合格の種」

神戸市垂水区の学習塾 自立学習館公式ブログ「合格の種」

神戸市垂水区潮見が丘と星が丘にある学習塾・自立学習館です。
個別指導と一斉指導の良いとこ取り


テーマ:

こんにちは、垂水区潮見台&星が丘の学習塾・自立学習館塾長の鳩島です。  

 

学校の定期テストの後、塾でこんな取り組みをしました。
「自信がつく魔法のシート」を使います。

(*シートのアイデアは佐田意識研究所のものです。)

「人と比べて落ち込むとき」と「人と比べて優越感に浸るとき」について各自に書くように言います。そして、書きやすいように、私自身の例を見せました。

 

落ち込むとき(負けた!落ち込むとき)
(塾長の例)

  • 自分の成績が相手より低かったとき
  • 相手が自分よりイケメンだったとき
  • 友人がお金持ちになっていたとき
  • 相手の心(気持ち)が自分より大きいとき
  • 成功している人をみたとき

 

 

優越感を感じるとき(勝った!と思うとき)
(塾長の例)

  • 自分の成績が相手より良かったとき
  • 相手が自分よりダサかったとき
  • 友人よりもお金に余裕があるとき。
  • 相手の心(気持ち)が自分より小さいとき
  • 苦労している人を見たとき

 

例を見て、そういうことを書けばいいのかと納得し、生徒たちも、自分のことを考えて書き進めていきます。

5分後、確認すると「落ち込むとき」にたくさん書いてあり、「優越感を感じるとき」には1つか2つという人がほとんどでした。ある生徒は「自分の中には、否定的な部分が多いなと書いてて思った」と話してくれました。
 

生徒たちの記入例です。

落ち込むとき(負けた!落ち込むとき)
(生徒記入分・一部抜粋)

  • テストの点が友だちより低いとき
  • 友人が好きな人にアピールするとき
  • 試合で負けたとき
  • 同じ練習量でも、他の人のほうが上達していると感じたとき
  • テスト・試合でおなかが痛くなったり、頭が真っ白になるとき
  • 背の高さを抜かされたとき
  • 自分よりかわいい子を見たとき

 

優越感を感じるとき(勝った!と思うとき)
(生徒記入分・一部抜粋)

 

  • テストの点数が友だちより高いとき
  • 自分より賢そうな人に勝ったとき
  • 試合で勝ったとき
  • 自分より背が低い人を見たとき
  • 人前で自分の意見を伝えられたとき

 

そして、次の作業に移ります。
今度は「過去の自分と比べて、出来るようになったこと」書くように言います。また同じように、塾長の例を見せます。
 

過去の自分と比べて、出来るようになったこと(塾長の例)

 

  • 塾の準備をする時間が短くなった
  • プリントつくりが上手くなった
  • パソコンの操作が早くなった
  • いろんな本を読むようになった
  • 自分のいろいろな気持ちに気付けるようになった
  • 気持ちの切り替えが早くなった
  • 感謝の気持ちを持てるようになった
  • 相手のこと(どこまで理解したかな)を考えながら、教えられるようになった

 

半年前や1年前と比べて、勉強・部活動・考え方(心)について出来るようになったなあ、成長したなあと思うことを書いてみてねと、アドバイスもします。

すると、多かった「人と比べて落ち込むとき」よりも更に多くの「出来ること・成長したこと」を全員が書けました。

 

過去の自分と比べて、出来るようになったこと
(生徒たちの例を一部抜粋)

 

  • 毎日勉強するようになった。
  • プリントをするのが速くなった。
  • 計算が速くなった。
  • 多くの漢字を書けるようになった。
  • 部活で上達した。
  • いっぱい発表ができるようになった。
  • 気持ちのコントロールがうまくなった。
  • 本を読んで面白いと思うようになった。
  • 前より不満を言わなくなった。
  • 親とケンカをしなくなった。
     

どう思った? と生徒たちに質問すると。
「できるようになったことがたくさんあって、びっくりした。」
「普段は意識してなかったけど、出来ることが増えていたことがわかった。」
等、自分たちの成長について再認識してくれました。

このことを1枚の用紙に書き込んだのですが、このシートが「自信がつく、魔法のシート」です。シートを完成させて、自分のいいところに意識が向きました。
(*「自信がつく、魔法のシート」の構成は佐田意識研究所のアイデアです)

人と比べるときは、「自分のイケてない面」に焦点があたりがちでしたが、過去の自分と比べるときには、「結構、自分って出来るようになってるんだな、やるな自分」と自分に対する評価(見方)が少し上がったようです。

成長しようとするときの基本的な姿勢は「他人と比べず、過去の自分と比べる」です。もちろん、他人と比べることのメリットもあります。よく出来ている人を見て、「自分もああなりたい」と憧れの対象にして、努力することなどはその例です。

しかし、多くの場合人と比べるときには、自分の至らない点が過度に目に付き、「あの人に比べて自分は・・・」と落ち込んだり、「どうして、あの人だけが・・・」と出来る人を妬んだりしてしまうことがあります。そういう思い(雑念)が心の中にあると、目の前のやるべきことになかなか集中できません。

物事に集中する為には、自分にダメだしをしたり、他人を嫉妬してしまうマイナスのエネルギーを心から取り除く必要があります。

 

そのためには、人と自分を比べるのではなく、今の自分と過去の自分を比べることが有効です。そして自分が成長したことを実感できれば、前向きな気持ちになれます。やる気も出てきます。

 

大きな進歩・成長を毎日見つけることはないですが、少しずつ成長しています。日々の進歩を認めるのが難しいとしても、1ヵ月前や1年前と比べると成長したところが必ず見つかります。

 

そこをしっかり共感して、褒めるのです。人は人、自分は自分なのです。まわりに惑わされずに、しっかり自分を見つめることなのです。

生徒たちが、小さな成長を授業後の感想として書いてくれるときがあります。
「塾に入ったころより、計算が速く出来るようになって、びっくりした」
「(なかなか合格できなった)英単語テストについに合格した。やったー」
等です。

こういう小さな成長に対して、良かったね、頑張った成果がでたね、としっかり共感し、励ますのが塾講師としての大事な仕事だと思っています。

 

このフィードバックが生徒の自信を育てていくのです。

生徒本人が気付いていなくても、こちらから「以前に比べると、○○がよく出来るになったね」「間違いが減ってきたね」と生徒の進歩を確認して認めるようにしています。

私自身の「気付き力」をさらに上げていき、自分や生徒たちの日々の成長をもっと発見していきたいと思っています。

 

そして、生徒たちの「自分の成長に気付ける力」を伸ばしていこうと考えています。勉強と同様に、心の成長も大切です。

塾を卒業した後も、ずっと成長し続けられる人。周りの意見に流されず、自分の考えをしっかり持って人生を充実させる人。そんな大人になるお手伝いを自立学習館でしていきます。

 

 

コース・料金はここから
教室地図はここから
お問合せはここから

 

☆お知らせ☆

自立学習館のLINE@を始めました。 ブログの更新のお知らせや、塾のお知らせだけでなく、 勉強に役立つ情報や悩みを解消する方法なども発信していきます。

 

塾生やそのご家族以外の方もお気軽にご登録ください。

 

下記の方法どちらかで友だち追加ができます。

 

1.QRコード読み取り

 LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択し 下のQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.友だちボタン

 スマホの方はこちらのボタンをタップしてください。

友だち追加

 

塾長くんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります