教室へ初めて来られる方へ

注意事項
※必ずお読みください。

初めての方は教室開始時間の10分前にお越しください。
 現在、輪っかタオルを使用しています。
人それぞれちょうどいい長さが違いますので、どれが合うかのチェックをしていただいています。

コンタクトレンズでは来ないでください。
 目を直接刺激することもあります。
 普段コンタクトを利用されている方も、メガネでお越しください。
 実技中はほとんど見えなくてもいいので、メガネを外して行っていただきます。

携帯電話は電源を切るかサイレントモードでお願いします。
 静かな空間で行います。メールや電話に気づくと誰からか、何の用?と考え始めます。
 携帯電話のバイブレーションも本人が特に気になりますので、おやめ下さい。

リラックスできる服装をご準備ください。
 体を動かしますが、どんどんリラックスしていきます。
 更衣スペースもありますので、できるだけ締め付けのない服装をご準備ください。
 靴下も脱いで行います。
 Gパン、ガードル、ストッキングなど不可とさせていただいています。

冬場は毛布もお持ちください。
 休憩時に寒さを感じると、せっかく緩んだ体が緊張してしまいます。

空腹でお越しください。
 食後は内臓が緊張しています。
 教室に来られる日は、終了までできるだけ固形物を抜き、
 内臓を休めてあげてください。
 
 

受けていただく際の心構え

自力整体のポイントは「いた気持ちい」「っはぁ~~」と感じることです。

コリや痛みの原因は、今まで無意識に頑張っていた部分。自力整体の間は「頑張らない」ように力をどんどん抜いていきましょう。

また、人と話していると感覚が鈍ります。目を閉じて自分の感覚を研ぎ澄まして行いましょう。


ゆっくり身体を揺すって、あくび・なみだ・よだれはどんどん出します。

副交感神経が活発になると自然と出てきます。気持ちがゆったりしてきた証拠♪

ナビゲーターもあくびをしています、周りを気にせずたくさん出しましょう。


細かいことは気にしません、今の自分が気持ちいいのはどれですか??

「気持ちいい」は人によって・時によって違います。今の自分が何を求めているのか、じっくり聞いてあげてください。


動きが違っても構いません。寝ちゃうのも大歓迎。

身体がほぐれるまでの刺激は人によって違うもの。気になる部分があればいくらでも刺激してください。リラックスしすぎて眠くなったらそのまま休憩してもらってもOK。


質問はあとで

初めての時は特によくわからないことが多いと思いますが、深く考えずにやってみましょう。

人に答えを求めてしまいがちですが、身体が答えを教えてくれます。自分流にアレンジしてあっても大丈夫。

どうしてもわからない時は、終わってからご質問ください。