腎臓内科定期検診 2019.09.10 | 腎臓病と一緒に*急速進行性糸球体腎炎患者のブログ

腎臓病と一緒に*急速進行性糸球体腎炎患者のブログ

2008年(平成20年)6月に ANCA関連血管炎による急速進行性糸球体腎炎を発症しました。当時36歳でした。同じ病気でお悩みの方の参考になればいいなと闘病に関することを記録しています。

こんにちは。ANCA関連の急速進行性糸球体腎炎患者のリリーと申します。

2008年6月に発症し入院。腎生検→ステロイドパルス・エンドキサン内服により一時寛解

2019年3月に再燃し入院。再度腎生検→ステロイドパルスを受け退院しました。

このブログは、発症してから今日までの記録&ボヤキとして書いています。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。

 

ブログの更新が止まってました滝汗

せめて病気の記録だけは続けないとね!

 

ってことで、先月の結果(書いてなかった)と今日の結果を

 

先月→今月

 

クレアチニン

1.95→1.89

 

尿素窒素

23.8→24.6

 

TP/CRE

0.32→0.25

 

尿蛋白は+-、尿潜血も-と変わらず

 

ほぼ横ばいでホッとしましたデレデレ

 

実は、クレアチニンがなかなか下がらないこともあって

治療に専念しようと思って週2~3日働いていた事務のパートを先月で7月で辞めたのですが

色々と諸事情により、別のところでまた働かざるをえないことに・・・笑い泣き

 

お友達の旦那さんが社長の会社がちょうど事務職を募集していて、有難いことに採用してもらいました

が・・・その仕事が

 

 

半端なく難しい

1人事務の激務

 

水分を取るのも忘れ、トイレに行く暇もないほど・・・・

腎臓にとっても悪い滝汗

 

唯一の救いは、社員さんが皆さんフォローしてくださること。良い方ばかりです。

 

そんな感じだったので、悪化していないかヒヤヒヤだったのです。本当に横ばいでよかった。

 

それから、ひとつ心配だったのが血糖値

先月 213

と高値でした。

 

私「何かしないとダメですか?」

主治医「うーん。HbA1cを調べてからにしよう。今日採血した分で調べて、結果は後日ね」

 

3月の入院中、ステロイドパルスをやっている時以来の200越え。

ステロイドの副作用だとは思いますが、少しでも落としたくて

先月の検診から今日まで、できるだけ甘いものを控えて、運動もするようにしていました。

 

今日の検診では

HbA1c 6.0

血糖値 184

 

血糖値はまだ高めですが、HbA1cが基準値内だったので、薬などは新たに処方されることはなく

「ステロイドが減れば、下がるよ」

と言われ、ホッとしましたデレデレ

 

 

できるだけこの状態をキープしなければ・・・

仕事も頑張らなきゃなぁチーン