便秘解消で人生をもっと楽しく生きる

便秘解消で人生をもっと楽しく生きる

腸は私たちの命を支える場所。
便秘解消は健康への近道です。
 
美肌効果・ダイエット・免疫アップなど
便秘解消で人生がもっと楽しくなります。

NEW !
テーマ:

こんにちは、
現役看護師の清水敦子です。



生理前になると便秘になる方がいます。

なぜ、このタイミングで便秘になるのでしょうか?


それは、[女性ホルモン]が関係しています。


生理前に女性ホルモンの一つ[黄体ホルモン]の分泌が一時的に増えて、
腸の動きを鈍らせてしまうのです。


また、生理前に

イライラする、
気分が落ち込む、
お腹が痛い

などといったメンタル的な落ち込みや、
身体の不快感を感じる方も多いです。


これも、ストレスでホルモンバランスが崩れたために起こります。


ストレスの影響は気持ちだけではない。
心と体は繋がっていて、
心が不安定だと体も腸も不安定になります。

生理中だけでなく、
日頃からストレスを溜めすぎない生活を心がけたいですね。


寒さからのストレスを和らげるために、
毎晩、湯船に浸かるのも効果的です。

ぬるめのお風呂に浸かることで副交感神経が優位になり、
身体と脳がリラックスします。

お気に入りの入浴剤を入れるのもオススメです。



私は湯船に浸かる時、
「幸せだ〜〜〜🎵」
と声に出して言うようにしています。

声に出すことで、
耳からも幸せをインプットでき、よりリラックスできるのでは?
と思っています(笑)


まだ、寒さが続きます。
体を温めて心も腸もにリラックスしてくださいね





愛猫の福ちゃんもリラックスのお手伝い🎵


最後まで読みいただき、ありがとうございました♡


NEW !
テーマ:
こんにちは、
現役看護師の清水敦子です。


日曜日は我が家の二匹のにゃんこ、
黒猫の福ちゃんアメショーのポッちゃんの話題をお伝えしています♡


ぽっちゃんはヨーグルトが大好きです。

最初は私がヨーグルトの包みをペリッと開けると飛んできておねだりしていたのが、
今やヨーグルトのカップを見るだけで飛んできます。
識別してるのかなぁ?





おねだりする時の表情がとっても愛らしいです♡




ほんの少し食べさせるのですが、
福ちゃんはヨーグルトには全然興味がないので、独り占めです🎵


福ちゃんはカレーが食べたいみたい。

旦那さんが食べている姿(カレーの方かな?)をじーっと見つめています。






食べたいなぁ。





さすがにカレーは刺激が強すぎてあげるわけにはいきませんでした( ̄▽ ̄;)



猫にも好みや性格があります。

何年一緒にいても時々新しい発見がある。


猫との生活はとっても穏やかで、刺激的で、楽しいです.。.:*☆








今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました♡



テーマ:
こんにちは、
現役看護師の清水敦子です。


今日は猛烈な勢いで断捨離をしてました。


目で見える情報量が多いと頭の中がごちゃごちゃになり、
まとまらなくなります。

よく目に付くところほど、スッキリ片付けておきたい。


リビングは家族全員のものが置いてあり、
勝手に全部を片付けるわけにはいきません。

ママの城と言えば、キッチンです。


食器棚の引き出しや床下収納など誇りと共に使われていない食器がたくさんあります。







お恥ずかしいですが、これが我が家のリアルな食器棚の引き出し😅


いつか使うかも、
そう思って何年も置いたままの食器がどっちゃり。
使う時なんて一生やって来ないなぁ。

思い切って処分です。


1時間後にはスッキリ片付いた、
気持ちのいい食器棚になりました。






頭の中のごちゃごちゃはストレスになります。

 
何度もお伝えしていますが、
ストレスは便秘のもと。

自律神経がコントロールできず、
朝の動きが鈍くなります。


それでなくても女性は、
日頃のお勤め、
育児や人間関係、
多くのストレスを抱えています。


できることならストレスは最小にしたい!

というのが
私たち女性の共通の想いではないでしょうか


物を片付ける。すっきりさせるという行為は、
ストレス解消になります。


かかる費用は、ゴミ袋代だけ。
めっちゃ、ローコスト🎵


すっきり片付いた部屋の中で過ごすと、
自然と気持ちがリラックスします。
リラックスは腸の動きを活発にしてくれます。

便秘解消🎵


お部屋のいらない物と一緒に、
腸の中の要らない物もスッキリ出してしまいましょう♡



最後までお読みいただき、ありがとうございました♡



テーマ:
こんにちは、
現役看護師の清水敦子です。


腸に良いこととして、グルテンフリーをしました。
現在もゆるりと続けています。

小麦製品を食べるのを控えることで
腸が綺麗になってきたせいか、
たまに食べるパンやパスタに腸が過敏に反応していることを実感します。

「体に合わないものが入ってきたから出さなきゃ。」
という良い方の反応です🎵


体に悪いことはすぐに定着するのに、
体に良いことはなかなか定着しにくいのは
なぜでしょうねぇ😅



腸に良いことを伝えるために、私自身の体を使ってできる限り体感するようにしています。


先日挑戦したこと。

プチファスティング、


腸に食べ物が停滞している時間が長くなると、腸の動きが弱くなり、
それが元で便秘になる。


腸を休ませる時間を取る。
デトックスをする。
という意味で、
ファスティングは有効だと考えられています。


ただ、仕事をしている人にとって、食べないという行為はとても難しく感じます。

仕事に集中するためのエネルギーが不足して、
頭や体力が続かないといった不安もあります。


私は週3回、8時半から5時まで看護師として働いています。

そんなお仕事ウーマンの私でも果たしてうまくできるのか、
便秘解消の効果が得られるのか
挑戦してみました。


今回は24時間食べない断食ではなく、
プチファスティングとして朝と昼を抜く、という方法を取りました。

期間は1週間。

1日一食生活はたして便秘への効果はあったのでしょうか。






私が感じた体感を先にお伝えします。


//

便秘の人には向いていない。

\\


私は3日以上、お通じが出ませんでした。


便は食べたもののカスで出来ています。
食べた物のカスが大腸を移動する間にひとつの塊となり、便としてS状結腸あたりに蓄えられます。
ある一定の量が溜まると便意として身体に信号を送り、排泄するのです。


食べるものが少ないと、便の量も減ります。

普段から水分補給の苦手な方は、さらに出にくくなるかもしれない。


お通じの回数が減るのは、予想した通りの結果といえるかもしれません。



このほか、さまざまな体感がありましたが、
少しずつご紹介していきたいと思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

テーマ:
こんにちは、
現役看護師の清水敦子です。


健康のお悩みや考え方を聞くために、
大阪へ行くことが増えました。

巷はまさにバレンタイン一色、
ケーキ屋さんやチョコレート売り場などたくさんの女性が占めています。


幸せオーラで溢れていますね♡


たくさんの女性と話すうち、思うことがあります。



「女性って本当に頑張りすぎているなぁ。」



主婦として、母として、お仕事ウーマンとして、
多くの役割を果たし、
その分多くの責任を背負っている。


それを当たり前レベルとしてやっているのです。

当たり前レベルとすることを求められているのかもしれません。


たくさんの責任を背負って自分もいっぱいいっぱいで、
誰かに頼りたいのに、頼れる人がいない。
全てを自分ひとりでしなければいけない。


そんな女性がとても多いのではないでしょうか。


頑張り過ぎています。
自分のことを後回しにしすぎています。


もっともっと自分を甘やかしてもいい。
もっともっと自分の体を慈しんで欲しい。


使う体力は男性の方が多いかもしれません。
けれど、
多くの役割を担う女性は、
その役割の数だけストレスを感じていると思うのです。


もっと休む時間を作りましょう。


☆せんべいかじりながらテレビ見たっていいじゃない。
☆旦那に黙ってこっそりと美味しいランチを食べに行ったっていいじゃない。
☆ちょっと高い買い物をして、昔から持ってたわよと言ったっていいじゃない。
☆エステやマッサージ、自分ひとりだけ受けたっていいんじゃない。




リラックスできるところへ行って、自分の体とストレスを解放してあげてください。

頑張りすぎて倒れてしまったら、
頑張っている意味がなくなってしまう。


幸せにしてあげたい。と思う人がいるのなら、
まずは自分で自分の体をいたわってあげてくださいね。




大切な人の体を支えるのは私でありたい。


そう感じる日々です。



自分の体を慈しむ。
お姫様のように扱う。
そんなメニューを作っていきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス