こんばんは。

おきらくすり庵のうめこです。


今日は6月8日。

8日って師如来様の御縁日なんです。



縁日っていうと

お祭りのことだと思ってたんだけど

神様と深くご縁を結び

格別の利益を受けられる日のことなんですって。

知らなかったー。



わたしも薬剤師のはしくれなので(センター狙えよ

今日は久しぶりにおくすりの話を。



もしあなたが

「おくすりってなに?」って聞かれたら

なんと説明しますか?



病気になったら使うもの。

ケガをしたら使うもの。

病気にならないよう使うもの。


どれも正確ですね。



ある辞典によれば

--------------------------------------------------------------------

 【薬】くすり

病気や傷の治療のために、あるいは健康の保持・増進に効能があるものとして、飲んだり、塗ったり、注射したりするもの。医薬品。

--------------------------------------------------------------------

と、定められています。



このおきらくすり庵では
 
-------------------------------------------------------

おくすりとは使うと楽になるもの

-------------------------------------------------------

と、勝手に定めています。




このコロナ禍で

やっと浸透してきそうだな、と思っているのが

「体調がすぐれないときは休む」

という考え方です。



この考え方は目新しいものではなく

今までもずーーーっと言われてきたことです。

でも、受け入れられてこなかった。



でも、わたしも

「どうせ言ってもきかないでしょ」

半ばあきらめてて

言い続けてこなかったんですよね。




ほんの少し前は

「かぜでも絶対休めないあなたへ!」みたいな

かぜ薬のコマーシャルが

当たり前のように流されていたくらいですからね。



ちょっと落ち着いて考えてみてもらえますか?

かぜ薬を飲んで、会社に行っても

カラダは楽にならないですよね?

だって、ほんとに必要なのは休息なんですから。



会社を休むことで

文句を言われたくないとか

迷惑をかけたくないからと

薬を飲んで、

じぶんに無理させるなんてひどいと思いません?



じぶんでじぶんにそうさせてるから

気がつきにくいけど

同じことを会社が社員に

「薬飲んで、出社しろ!」なんて言ってたら

「うちの会社ブラックじゃん」って思うでしょう?




文句言われることや迷惑をかけることを

勝手に不安に思って、

嫌な思いすることを避けてるわけですよ。

そんな楽するためにおくすりを使わないでよー。




ゆっくり休息をとったり、栄養をとったりしながら

おくすりを使うことで

病気を手なずけるお手伝いをしてもらうんです、

楽になるために。




おくすりは味方なんですよ。

あなたのココロとカラダを守るための味方なんです。




おくすりは楽をするためにあるんじゃない。

楽になるためにある。



この『おくすりの定義』も

みなさんの新しい生活に浸透しますように。

ではまた。












せっかくの御縁日だから宣言しとこー。

おきらくすり庵オリジナルおくすり手帳を作るぞー。






石原さとみちゃん、可愛いなぁ。

一緒に働きたいです(笑