誹謗中傷のはなし。

テーマ:


















このおもて、という立場を目指すものには
必ずといっていいほどついてくる
誹謗中傷。
いわゆるアンチ、とか言われるやつです





最近この言葉をよく
目にするようになったし
誹謗中傷とかに対して
意見とか言ったら
誹謗中傷受けそうだけど、笑
意見してみようかなあと思いまして



ほんとうは
表に立つ人間が
この問題に対して言及することは
あまり良くないことかもしれないけど
別にしちゃいけないことでは
ないだろうし、
いい機会だから一度くらい、ね






人間って人それぞれ価値観が違う生き物だし
だからこそ今世界が成り立ってると思ってる


いろんな意見の取り方捉え方、
感じ方考え方がある世界で
全ての人間が同じことを思うって
きっとないと思う





例えば、かわいい、1つとっても
私は今まで見た中で1番顔が整っていて且つ
黄金比率だと思っていて
1番かわいいと思うのは橋本環奈さんなんだけど

友達にそれを言ったら
『えー、私は環奈ちゃんのことをかわいいと思えないし思った事ない』
といっていたの



私はこれまでにないくらい
橋本環奈さんの事を
かわいいと思っていたし
かわいいと思う人が
大勢いる彼女ですら
全ての人間からはかわいいと思われてはいないし
かわいくないと思う人もいる。



1000人に1人の逸材と呼ばれた人だって
万人にはそう思われていないということです




つまり、どんな人にも少なからず
誹謗中傷やアンチはあるんです。




その上で私たちは
一方的に自分という存在を知ってもらう
表という立場を選んだわけです
決して誹謗中傷や悪い評価をもらうために
表という立場を選んだわけではないですが
自分の知らない人に自分という存在を知ってもらう以上
その人の評価や誹謗中傷っていうのは
ついて回るものです
これは仕方ない。
なぜならば、先程の橋本環奈さんの例のように
人間が様々違った意見を持っているから。




だからこそ
表に立つ人間は、
そのリスクも背負った上で
立たなければならないと思っているので
ある程度の誹謗中傷は耐えられなければならないと思っています。

私たちは人に評価されて成り立つお仕事なので













ただ、
だからといって、
耐えなければならない=誹謗中傷していい
にはならないと思っています





私たち表に立つ人も人間です。
感情があり、心があり、痛みも感じます。



私たちの心も生きてます。
私たちは自分が商品です。
商品だけど モノ、ではありません生きてるんです。




だからそりゃあ執拗に言われれば
当たり前に傷つきます



このオモテという世界には
繊細な心を持っているからこそ
できることもたくさんあって、
全員が鋼の心や精神を
持ち合わせてるわけではありません





 それだけはわかって欲しい








誹謗中傷って結局は
その人の考えや気持ち、だと思っていて
投げたら終わりなんですよ
だから配信とかした時に
誹謗中傷してくる方は時々います。
でも、反応に困る
これは純粋に。
それを投げてきて私にどうして欲しいのか
そこがわからない

でもきっと、どんな反応をしても
相手には悪く写ってしまうんだろうし
きっと相手の中にも正解なんてなくて
そもそもどうして欲しいとかもなく
言ってることが多半数だと思うんです




だから反論しても
なにかを返しても、
なにも生まれないから
アンチや誹謗中傷にはなにも返さないんです
基本。


事実が異なる時だけ物申しますが。








つまり、何が言いたいかって
一方的に誰かに知られる立場である
私たちはたしかにある程度の
誹謗中傷には耐えられた方が
得だし、その方がいいと私は思う。

それに
一方的に誰かに知られる立場っていうのは
必ず印象や影響を与えてしまうし
その結果、良くも悪くも評価がついてしまうものなのだから、
知られれば知られるほど誹謗中傷を受けるリスクが必然的に高くなってしまうのは
仕方がないしそれを分かった上でいなければならないとは思う。

私たちのあり方というのは
そうなのではないかと私は思うし
私はそう教えてもらったこともある。




だからといって
評価をする立場の人が
執拗に攻撃をしたりとか
誹謗中傷をいいまくっていいことには
ならないよってこと


ある程度、の事なら
その人の意見、として
私たち側も受け止めるべきだし
思ったことをいうのは自由だから
良いとか悪いとかではなく
仕方がないと思う。


でもそれも
みんなして集中的に言ったりだとか
程度を越えて言うのは
それは『意見』ではなくなってしまって
『攻撃』に変わってしまうから
私たちにも耐えられる限度はあるし
人間で、心は生きてるから

執拗に言うのは『ある種』の暴言だし
違うんじゃないかなあと、
少なくとも私はそう思います。


どちら側の肯定も否定もいいも悪いもしてないし
そう言うことが言いたいんじゃないから
それだけは先に。






ただ、私みたいにある程度
耐えられる人ばかりの世界になれれば、
誹謗中傷で何かをやめたり失ったりする人が
すくなるなるとは思うけど、
事実、そういう人ばかりじゃないから

嫌な人のことなんてそこまで考えたくは
ないだろうけど、
その事実だけは知ってほしいな。







間違いも過ちも犯すことは
私たちだって人間だから
そりゃあるよ仕方ない
そうならないように気をつけてはいても
そうなってしまう時だってある

表の世界にいる人も完璧じゃないから。










だいぶながくなっちゃったね。笑
16日から書き始めてたみたいで
誹謗中傷のニュースがで始めた頃から
書いてたみたい。
途中、これを載せようか迷ったけど
載せますね


少しでも多くの人に見てもらえたら嬉しいです
読んでくれてありがとう




アイドルぽい服。🐰






ぽ。🧚🏻‍♀️