お熱いのがお好き?

お熱いのがお好き?

元つかこうへい劇団、幸薄顔女優 木村村夏子のBlogです!
人生、ポジティブに楽しく過ごしていても、幸が薄そうと言われてしまいますが・・・。
Blogでは、毎日の嬉しい!楽しい!大好き!を綴ります。

キャッチボールをしました。
ほんの少し身体を動かしただけなのに、心がすぅっと軽くなりました。

つかこうへい先生の本にもキャッチボール屋さんが登場します。
『井戸のある町』の続編『あるキャッチボール屋さんの悲劇』
とても面白くて大好きな本の一つです。
1球30円とかでボールを投げてもらってそれを受けるという仕事です。
1球1球投げられるたびに、
「ナイスボール」とか「お客さん昔、甲子園行ったでしょう。
「いい球投げますね」と誉めるのです。
誉められた方はなんだか嬉しくて、
「よし、明日も頑張って生きていこう」って気になるんです。
明日になれば、また会社で辛いことがあるかもしれない。

家庭で面白くないこともあるかもしれない。
でも、そのキャッチボールしている間は全てを忘れて楽しめる。
きっとお客さんはボールだけでなく、
心をキャッチボールしているのだと思います。
私はそんなキャッチボール屋のような女優になりたい。

テーマ:
ジオシティーズのサイトが
来年の3月に閉鎖されるので、
ホームページを新しくしました。
「JINライム」はリニューアルします!

https://konatsukimura.wixsite.com/natsukok

パソコン版とモバイル版をちょっと変えてみました。
これから更新していきますので、
木村夏子ともども、
みなさま、どうぞ宜しくお願い致します!






テーマ:
出ました!
みをつくし料理帖シリーズ最新刊。


登場人物たちのその後の物語。
ずっとずっと待ち侘びてました。
久しぶりにつる家に帰って来た感覚です。

澪ちゃんのいないつる家。
だけど、あぁ、つる家だぁと。
美緒一家とご寮さんの話が知りたかったですが、
野江&又次の過去、小松原さまのその後が収録されていて、
そして、いつもながらのおいしそうな料理の数々。
これで最後だなんて寂しすぎます。

巻末の高田郁先生の
「この特別巻ののちは、みなさまのお心の中を、澪たちの住まいとさせてくださいませ」
という素敵な心を胸に、この「みをつくし」は、ずっとずっと心に残る物語になることでしょう。
高田郁先生、お疲れさまでした。
素敵な話をありがとうございました。


『八朔の雪』からもう何度も読み返しては涙し、つる家の料理を再現しては読み返すを繰り返してます。

そして、
私は、「菊乃(しのぶ)」をやりたいんです❗️



テーマ:

ネットで見かけて、可愛かったブーケサラダ。

試しに作ってみました。 




パフェの容器がなかったので、普通のグラスに。

キャベツの量が足りなかったのと、フリルレタスを敷き忘れたので、豪華さが足りない、、、。


一番下はマッシュポテトなのですが、

上のキャベツにかかったドレッシングと調和して、美味。

だけど、二度と同じ味は出せない。


手間はかかりますが簡単なので、

ちょっと気分を変えたい時などオススメです!


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス