歯科医も仁術

たかが歯医者と言わないで!
広く深く熱い仕事のウラには色々あるんです。
巷に広まるおかしな日本語に敏感に反応しつつ
喜怒哀楽とりまぜて、じっくり考えて書いてます( ..)φ

歯科一般に関する知識・情報等は
➡ 日本歯科医師会HP へ


テーマ:
ここのブログにも
実際の(リアル)友人にも
同居の義母の介護生活が始まったことを隠さず書いているので
「おかあさま、いかが?」と声をかけてくれる人が増えました。
そんな時私は結構ありのままを話していますが、
本人の尊厳を傷つけないように、気を付けているつもり。

むかし痴呆と言われていた時は

「白痴の痴に阿呆の呆、、なんて侮蔑的な言葉だろう、、、」
、、、と、2003年当時連載してたエッセイに書いた記憶があります。
その少し後に
「認知症」という呼び名に変更されてから
その、侮蔑感は払拭されてきて
これは良いことだと思っています。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

さて我が家も圧迫骨折後入院で
筋力低下に加え
明らかに認知機能の低下がみられており
本当は検査と診断をしてもらうべく、
然るべき医療機関を受診しなければならない
のですけれど、
TVで認知症の高齢者や施設のことをやっているのを見ても
自分はそうだと思ってないので
「いやあねえ(嫌ね)、、、あんなふうになりたくない。」
、、、なんて言ってるものですから

なるべく本人の気持ちや状態に合わせた対応を心掛けなければ。

介護認定審査会に15年も出ていると
大概のことには驚かなくなっていますけれど
いざ我が家に現実として襲ってくると
いちいち「え~~~ガーン
、、、と、なります。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

玄関開けたら、、、(2分でご飯♬、、じゃないですよ)
ショック!血の海だった
目ひっくり返って大きなあざが出来ていた
叫びまるで殺人事件の現場みたいだった
、、、って、
身近な友人や患者さんと話していても
「そうそう!」
「うちもそうだったのよ。」
「それで救急車を呼んでね、、入院して、、」
「ご飯食べたのにまだだって言ってたり、、」
、、、取り繕ってうまく自己有利に導く言動
などなど、
同じ場面に遭遇してる人が
意外に沢山いらっしゃることがわかり

「ああ、うちだけじゃなかったんだ。」

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

そんなときでも、皆さん要介護状態や認知症の
特徴をよくわかっていて
客観的な考え方ができていて
本人を責めたりせずなんとか対処できている様子。

介護保険が始まってもうじき18年
介護認定審査会に多職種が関わっていることで
それぞれの専門職が集まって
情報や意見の交換ができるようになってから

地域連携,多職種連携、地域包括ケアなど色々な場面で
正しい情報が広く行きわたってきたことがわかります。

うちでも「そう来たか!」が今後も続くと思いますけど
まだ、寝たきりというわけではないし
優秀なケアマネ、ヘルパー、デイサービス施設のスタッフに
多方面で助けられています。

今後は「重度化予防」も、していかなくちゃ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Kirijinさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。