転換 | “仁塾物語”

“仁塾物語”

ファミリーによる、備忘録のような、応援歌のような、叫びのような…


テーマ:

西條です


8月最後の日になりましたね。
朝晩は涼しい時期ですが、今日は台風一過もあって日差しの強い青空です。
熱中症には気を付けてくださいね。

ところで、今日は「二百十日」という日なのだそうです。



これは雑節のひとつで、立春から数えて210日目ということです。
台風の多い日、もしくは風の強い日といわれているそうですが、台風は過ぎちゃいましたね(笑)

雑節というのは季節の移り変わりを掴むために設けられた暦日です。
実際の季節というものは徐々に変わっていくもので、ある日を境にガラッと変わるわけではありません。
でもこういった暦日を、自分の意識を変えるきっかけにできるといいですね。

人間は、「今こうだから、これからもこうだろう」という考えをしがちです。
しかしもっと広い視点でみると、実際は目まぐるしく変化しているもの。
変化に置いて行かれないように、意識を切り替えていかなければなりませんね。
そのためにも、何か転換日を設けて、きっかけをつくるのかもしれません。

さて、転換といえば、9月から仁塾も変わります。

まず中3生の受験対策講座が始まります。
まだ「受験生」という自覚ができていないなと感じている人は、
これをきっかけに、本気の受験勉強に切り替えていきましょう。

また、小学生の初級英語もはじまります。
中学から新しく始まる英語の授業ですが、中学から始めたのではなかなか身に付きにくいのが現状です。
小学生のうちから英語の基礎をこつこつ勉強して、中学に入ってから差をつけましょう。


お申込はこちら

仁塾さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります