jinjingのブログ

jinjingのブログ

Genius おりいしますみ です(*´ω`*)
脳障害改善のためのトレーニングをお手伝いしています。
http://trackfield1990.wixsite.com/jinjing


テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、ケンケンの卒業式がありました。

 

幼稚園を経験していない賢治にとって、そして私達家族にとって、

 

初めての「卒業」です。

 

小学校を卒業とは言っても、中学生になっても同じ敷地内どころか

 

同じ校舎(高等部まである支援学校です)だし、学校行事に行けば

 

お世話になった先生達にも会えるので、私としてはあまり寂しさもなく。

 

ただただ、「6年間、ほんとに頑張ったね!!」って気持ちだけ。

 

パパから「卒業式、絶対泣くやろ?」と言われても、「いやいや、

 

絶対泣かんよ。泣けるところが全く想像できん(笑)」

 

と笑い飛ばしていた私です。

 

が、体育館に賢治が入場してきただけで、なんか少し泣いてしまいました(笑)

 

感動なんですかね、なんか「おぉぉ・・・」って涙が(笑)

 

 

 

 

 

 

卒業証書の授与では、立派に受け取ることができました!!

この日のために、当日の式服を着て、何度も練習を重ねてきた子ども達です。

こういう大勢の人達がいるイベントや行事では、いつもじっとできなかった賢治が、

ここまで成長することができました。

 

 

 

教室で担任の先生達と。

どの先生も、いつも優しくて温かい方々でした。

一人一人のペースに合わせて指導、フォローして下さり、感謝しかないです。

 

 

 

最後は、全校生徒と先生達で花道を作ってもらいお見送り。

長い距離でしたが、最初から最後まで、皆からの大きな拍手と

「おめでとう」の言葉に、その日一番の感動をもらいました。

 

 

 

夜は、ケーキでお祝い。

6年間頑張ったので、ロウソクは6本で。

 

 

 

その日の夜は、ものすごく大きな月の輪っか(げつうん?)ができていました。

こんなにも大きな月の輪っかを見たのは初めて。

写真だとなんか大したことないですが、めっちゃくちゃ大きかったです。

「6年間、よく頑張ったね」って、ケンケンを褒めてもらっている気がしました。

そして、これからのケンケンの未来も、こんなふうに照らしてもらっている

ように思えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校の6年間。

 

私にとっては、長い長い6年間でした。

 

今までの人生で経験したことがないほど、壮絶で過酷な時期も経験しました。

 

どうすればいいのか分からず、途方に暮れたこと。

 

自分の限界を感じることもできず、頑張り続けていたこと。

 

母親として情けないことを考えては、自己嫌悪になっていたこと。

 

あまりのショックで、その場に立っていられなかったこと。

 

あまりの辛さに、涙さえも出なかったこと。

 

 

 

楽しかったこと、嬉しかったことも本当はたくさんあるのに、思い出されるのは

 

辛かったことやしんどかったことばかりで。

 

でも、別にネガティブな感情ではないんです。

 

「あぁ、いろいろあったなぁ」「賢治も私達も、よく頑張ってきたよなぁ」って、

 

自分たちが乗り越えて、その度に手に入れてきたものを誇らしく思いながら

 

大変だった過去を振り返ってる感じです。

 

そしてまた3年後、こうしている現在のことも、「あぁ、あの頃はまだ大変だったよなぁ」

 

って振り返る気がします(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ケンケン、お疲れ様。

 

たくさんの試練をありがとう。

 

たくさんの失敗をありがとう。

 

たくさんの反省をありがとう。

 

たくさんの幸せをありがとう。

 

私をお母さんに選んでくれて、本当に本当にありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ