走食美男子


ワタリウム美術館の所蔵作品で「ハートビート」をテーマに、

「時代のハートビート」「時代のポエム」「無限のリズム」

の3章で構成された展覧会。


ナム・ジュン・パイクやヨーゼフ・ボイスなど

実際に美術館で作品を制作しているシーンを映像で

目の当たりにしながらドキドキしつつ、この美術館の

歴史とスケールの大きさを感じられる。

最も興味を持ったのは、4階「無限のリズム」の展示スペースを

ほぼ占拠していたソル・ルウィット。

以前、MOMAやDia Beaconで見たソルの作品で度肝を抜かされた。

シンプルな幾何学形の図案で精緻に構成すると、

これほどまでにリズミカルなのかと。

そんなコンセプチュアル・アートは、なかなか日本では興行的にも

受け入れがたいだろうな~、と日本での再会をなかば諦めていただけに

すごくうれしかった。


Sol Lewitt: Artist’s Books/Giorgio Maffei

¥3,496
Amazon.co.jp



「ハートビート展 時代にキスして」
会場: ワタリウム美術館
スケジュール: 2011年01月22日 ~ 2011年04月17日
住所: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-7-6
電話: 03-3402-3001 ファックス: 03-3405-7714