うどん山長 @恵比寿

和歌山で安政元年に創業し、鰹節や加工昆布、塩干魚類の


製造販売行っていた経験を踏まえ、出汁にこだわった


うどん屋さんのようです。(って書いてました。)


自らの資産を最大限に活用した飲食店ですね。


店は恵比寿にあります。



ランチの利用で、名物 山長うどん定食を注文しました。


つけ汁は温かいものと冷たいものを選べますが、


そもそもは冷たい汁から元祖と聞いて、迷わず冷たい汁を注文。


薬味は、きんぴらごほう、九条葱、ミョウガ、鰹節、湯葉で、


お好みでつけ汁に入れて食べます。


更に定食ということで、牛すじ煮込みご飯がつきます。



うどんは、「見た目に艶があって、太めで、腰があって」といった、


うどん屋さんではよくある感じ。


出汁は、こだわっているわりには、それほど大きな驚きはなく・・・。


でも、おいしんですよ、きっと。


ただ、「こんなもんだよな~」、というのが感想でした。



うどんもさることながら、総じて麺類(ラーメン、そば含む)って、経験値が


ものを言う食事だと思うのです。(もしかしたら麺類に限った話じゃないかもしれませんが)


色んなうどんを食べてみて、あるいは小さい頃から頻繁に食しているうどんの味や


だし汁の濃さ、風味みたいなものがベースにあって、それと比べて美味しいか、


はたまた美味しくないかの分かれ目な気がするんです。


私は札幌市出身なので、ラーメンといえば味噌。


なので味噌ラーメンは、自称’うるさ型’です。


ただ、その味噌ラーメンもそもそも自分の好みの味があって、


そこと比べて、「次も来るか」あるいは「もう来ないか」の


判断をします。なので、トンコツを初めて東京で食べたときは


その味がおいしいのかどうなのかが、判断つかなかったことを思い出します。


はじめて、口にしたときは、「へ~。こういう味なんだ~」でした。


そりゃそうですよね、比べるものがないんですから。



そう考えると、圧倒的に、そばやうどんは、その辺りの経験値が足りない気がしてます。


なので、私の感想は、うどん通からすると、まったくなってないのかもしれません。


ちなみに、定食についてた、牛すじ煮込みご飯おいしかったです。


うどん屋さんなのに、ゴメンナサイ。



ただこの店の良いところは、酒のつまみがそこそこあるので、


居酒屋的な利用ができることと、深夜(翌朝)4:00ラストオーダー


というところが、良いですね。