マドリード映画祭レポート(1) | 映画『じんじん』公式ブログ

映画『じんじん』公式ブログ

「絵本の里」北海道剣淵町を舞台に人の優しさと親子の絆を描く、
映画『じんじん』2013年春〜全国で上映中!撮影記録や映画の最新情報をお届けしている公式ブログです。

絵本を真ん中に、人の心の優しさと
親子の絆を描く『じんじん』は、
国内外の映画祭で高い評価を受けています。

まずは、昨年の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」。
ここでは、約150の洋画、邦画のなかから
観客の投票によって決まる「ファンタランド大賞」
(観客の選ぶ「良かった映画No.1」)
そして「人物賞」(大地康雄さん=最優秀俳優賞!)に
選ばれました。

また、国内の映画祭では2014年2月「さぬき映画祭」
2013年12月の「函館港イルミナシオン映画祭」でも上映されました。

そして、2013年11月には、「インド国際映画祭」で上映!
「Cinema Of The World」部門に正式招待された『じんじん』
山田大樹監督がインド・ゴアに招待され、
超満員の会場でインドの観客に熱狂的な支持をいただきました。

そして、今年5月には、
スペイン・マドリードの映画祭
「 13th Imagineindia Film Festival Madrid」の
Best Filmと Best Actor にエントリーされ、
スタッフが(自腹で!?)行ってきました。
そのメンバーのひとり、道北日報社
五十嵐直人記者が、映画のロケレポートにつづき
楽しいレポートを書いてくださったので、
これから紹介していきます。
掲載がたいへん遅くなりましてごめんなさい。
どうぞこれから、お楽しみに!

☆写真はクリック(タップ)で拡大表示されます。

                

剣淵町を舞台とした映画「じんじん」。
そのスタート前から地元紙の記者として、
製作現場の多くを見ることができた。
前述のロケ日記でも書いたが、まぁ、野次馬根性ということも多々ある。

2014年、春。
配給プロデューサーのN氏から一本の電話が入る。

N「五十嵐君、マドリード行こう」
「は?」

「じんじん」の始まりから見ていたひとりとしては海外での反応を見てみたいという思いもあったが、海外は一度も行ったことのないわたくし。なんとなく「海外行くのってなんかビビる病」にかかっていたわたくし。返事にはかなり躊躇しました。
ええ、しましたとも。

思えば2年前の松島ロケ。松島だけの取材のつもりが高いロケ弁の罠に引っかかり、足利まで足を運んだ。
今回も乗りかかった船というか、毒を食らわば皿までというか、マドリード行きを決意した。


N「もちろん実費で」

還暦を迎えた母へ親孝行のつもりで予定していた内容が一部変更になってしまった。ごめんよ母さん。

旅の道連れには剣淵町の清水副町長
ガイドブックを購入するなど準備に余念がない副町長。

初めての海外旅行。同行もいることだし、あえてスペインの前情報はほとんど入れずにしてみた。
そんなこんなでマドリード行きはあっという間に、出発のその日となった。

清水副町長とともに新千歳空港に到着、プリズムのNさん、Oさんとの合流待ち。

国際線カウンターに向かう途中、マイレージカードの勧誘に引っかかる清水副町長。
お姉さんの説明を律儀に聞く副町長。カード持っているのに話を聞く副町長。


「あれ?清水さんって結構チョロい人?」


これは変な物売りとかに引っかからないよう見張っていなくてはと思った。

2人と合流して成田空港、山田監督とも合流して
まずはドバイに。
ドバイ到着まで11時間、
ずっと座っているのはさすがに疲れた。

ドバイの空港についたのはドバイ時間午前3時。
オイルマネーの国の空港はちょっとすごかった。
インフォメーションが変形して空を飛びそうだった。


ドバイ空港にはさまざまな国の人達が飛行機を待っていた。
初めての外国の雰囲気にちょっとうろたえる。
トイレがTOTO、inax。さすが日本製。でもちょっと便座が高い。あ、足の長さね。なるほどね。
下手くそな英語を駆使しながらコーヒーをユーロで購入。お釣りがドバイの通貨。
なんか変な感じ。


ドバイで待ち時間が4時間。マドリードに向けて出発。
そして9時間のフライト。やっとこ見えてきたスペインの大地は赤く、乾燥している感じ。
それでもスペインにやってきたのだった。



(第2回へつづく!)

        

絵本を真ん中に、人の心をつなげる映画『じんじん』。

応援団員になっていただける方は、
polan-info@cinema-tohoku.co.jp
に、メールの件名を
『じんじん』応援団員 申し込み
としていただき、
下記の事項を書いてお申し込みください。

お名前・ふりがな / ご紹介する際の肩書き
ご住所 〒 / Tel / Fax /E-mail
メッセージがありましたらお書き添えください。

※頂いたお名前と肩書きをHPなどのWEBサイトに掲載します。
WEBでは肩書きの団体名などにリンクを貼らせていただきます。
個人情報には細心の注意をはらい、
本件以外では一切使用いたしません。

メッセージは、ホームページ上でご紹介することがあります。

本文中に「じんじんブログから応募」とお書き添えください。

映画『じんじん』公式ホームページ http://www.jinjin-movie.com

映画『じんじん』公式ブログ http://ameblo.jp/jinjin-movie/
『じんじん』公式twitter http://www.twitter.com/jinjin_movie/
『じんじん』公式Facebook http://www.facebook.com/jinjinmovie
絵本の里・剣淵町ホームページ http://www.town.kembuchi.hokkaido.jp/index.htm
剣淵町・映画『じんじん』盛り上げ隊!ブログ http://vir2.eolas.co.jp/jinjin/


※当ブログおよび上記『じんじん』各公式サイトで使用している
写真の無断転載を禁じます。(スチール写真:今津秀邦)
(映画『じんじん』を紹介、PRしていただける場合は、

上記いずれかのサイトへリンクを貼っていただきますようお願いします)